霜菓子工房*別館

霜幽の日常の出来事やイベントレポを書き込む場所。
霜菓子工房の雑記置き場です

ハードルはその時その時に上がったり下がったり

2015-11-22 20:49:13 | 雑記
肌寒い季節になってきましたね。
ココアやカフェオレを飲むことが多くなってきました。

今日は久しぶりに残業でして、同僚と会話しながら仕事していたんですけど
アラサ―になって、周りの結婚ラッシュが続く中独り身で、この先どうしようかーなんて先の見えない会話をしていました。
同僚が結婚しちゃったら私は遊べる友達がいなくなってしまうよ…。極論だけどさ。まあ、まだ先の話だから大丈夫っしょってことで
年末に同僚の家で鍋パーティーしようって突発的に決めました。できるといいなー。

それで、家に帰ってきて
エアコン点けて、座椅子に座り、毛布を掛けてまとめ買いした「アラサ―ちゃん」読みながら思ったこと。

幸せだなーって。

残業中の会話の件は一体なんだったのかって思うくらいの変わりよう。やっぱり私って単純だわ。
こうやってパソコンしながら、ココア、カフェオレを飲むのも幸せだと思う。
温まる=幸せに繋がっているのかもしれない。

そう考えると冬って幸せになれる機会が多いのかななんてぶっとんだ考えになってしまいます。

はぁー、でも一人でいることが多いから、人と交流しようって思ってます。
後輩ちゃんに飲み会が定期的に開かれているから今度どうですか?って誘われたから行ってみようと思います。
偏った会話しかできない私に、手を差し伸べてくれる後輩ちゃんは本当に優しいです。私も変わっていけたらいいな。
既にいろいろ変わりつつあるけど、恐らく来年あたりの今はどうなっているのやら。
とりあえず、布団に潜って幸せって言ってるのは確かだと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆかりんのファンクラブイベントに行った話

2015-11-22 08:22:23 | イベントレポ
もう先月の話で記憶がうやむやになりつつあるイベントの話です。

先月の31日、田村ゆかりさんのファンクラブイベントのため、パシフィコ横浜へ行ってきました。結構距離あったねー。
ファンクラブの継続を半ばノリで行い、Tシャツを買って会場へ。

イベント内容は
「Pleasure treasure」
「Little Wish ~First Step~」
「恋するラズベリー」
「あのね Love me Do」
歌唱後、コーナーへ続きました。ライブパートのバックダンサーに段ボールがいました。しかも、立ち位置のテープを
自分で剥がして帰るという…。ファンクラブイベントってフリーダムです。

司会は鷲崎さんでした。ハロウィンということでマントを羽織っての登場。しかも二日間寝てないとか多忙すぎる。
大阪公演の方は横浜公演に参加できない仕様にしたため、サブアカウントを持っている人がいないか探すゆかりん。
すごく疑ってました。

・身体測定と称して立ち幅跳び、ハンドボール投げだったかな、後は握力測定を実行。

ゆかりんの立ち幅跳び、5mでパジェロというビックな景品が登場!
いろいろと試してみたけれど、結果は3mのペンギンのぬいぐるみでした。でも、姫はとてもお気に入りのようでした。

ハンドボール投げは本人以外にも助っ人でいろんな人が投げました。振付担当のNATSUKA先生がハンドボール部所属だったということで
勢いのある投げっぷりを披露。かっこよかった!それに対して期待されていた鷲崎さんはあまり飛ばずに会場から冷ややかな視線が。
期待の裏切りとは恐ろしいもので。

握力測定では測定器でなく、実際に果物を潰してみるというものでした。もちろん潰した果物はスタッフがミキサーでドリンクにしておいしくいただきました。
ただ、シュークリームが入っているせいか液体というより固着物のような感じになってしまい、コップを傾けても落ちてこなかったです。

続くコーナーは芸術の秋と言うことで時間内に動物をたくさん描いていくと言うコーナーでした。
しかし、象は顎の下から鼻が生えていたり、きりんの首がなかったりと会場がざわつくレベルのイラストが続出して面白かったです。画伯だ。

そして、ゲームコーナー。
メロプリのスタッフが作ったマリオメーカーのステージをクリアするというものです。
ステージの真ん中にゲーム機、そして背中を向いてプレイするゆかりんの光景は新鮮でした。
苦戦したものの、見事にゆかりんはステージをクリアしました。おめでとう!

最後、だったかな。旅行の秋ということでもしもアラスカでゆかりんがライブをすることになったらということで鞄に荷物を詰めるというもの。
法被やサイリュームは大事だが、テントを入れるっておもしろい。物販はテントを張って並べということだろうか。
後、現地のペンギンと戯れるためにペンギンのぬいぐるみをたくさん入れたり、一番使わない荷物だと言われても譲れないゆかりん。

そんなコーナーのほかにも、脈絡なくいきなり天井からティッシュが降ってきてそれをキャッチしたら特典映像が見られる遊びもありました。
ティッシュが落ちてきたら「ティッシュ!」と叫んで指差すってなかなかないですよね。フリーダム。

特典映像は英語禁止BBQ、ダンサーの段ボール作り、ゲームセンターといろいろありました。
みんなかなりの頻度で英語を言ってポイント稼いでいました。アウトとつられて言ってしまったりとか面白かった。

最後にキングレコードの長田さんが英語禁止でBDの告知をしなさいと二人に強要されてバーチャルデートを架空逢引と変換、会場は爆笑でした。
なんでしょうね、英語だと普通の言葉なのに、日本語にすると危ない響きになります。

終始ゆるーい感じで脱力して見ていました。ファンクラブイベントって初めて行きましたが、いろんなコーナーがあって楽しかったです。
特に告知はなかったけど、今週辺りにBD発売のニコ生とかやるからそこで何かありそうな予感。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『映画Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!!』 舞台挨拶行ってきました。

2015-11-08 12:05:59 | イベントレポ


プリキュアの映画を観に行ってきました。

今回舞台挨拶があると知り、前売り券を買ったにも関わらず申し込んでしまいました。
初めて訪れた新宿バルト9。大きい劇場です。

そして



ロビーに映画のドレスが飾ってあった。素敵過ぎる―><

映画の感想

・キュアフローラといたずらかがみ

キュアフローラの動きをいたずらな、あれはお化け? が真似する御話。
ムキになってキュアフローラがうっかり髪飾りを落として悲しむけど、お化けが髪飾りの代わりになってくれるという
温かい物語。フローラだけかと思ったら、他の三人も出てきました。ちっちゃいプリキュア可愛いかったです。
あれはフィギュアで出てほしいとか思った。

・パンプキン王国の宝物

OP見てたらプリン食べたくなりました。お菓子食べながら女の子がはしゃいでいる姿はきらきらしてる。
みなみ、きらら、トワ、ゆいが普通サイズのデザートプリンを食べるのに対して、はるかがでっかいプリンをものすごい速さで食べるのが凄いと思った。

パンプキン王国でのプリンセス選抜では各キャラの魅力がしっかり出てました。きららちゃんの衣装はかなりセクシーだったかも。
トワちゃんの感の鋭さがかっこよすぎた。
ウォープの顔の歪み具合が悍ましかった。惨忍なキャラなだけに相まってはいたけど。
妖精たちが自らの力を団結してゼツボーグになってしまった仲間を解放していくシーンでかなり涙腺が大変なことになりました。
最後のパンプルル姫と王様、王女様のシーンは我慢してたけど涙が止まらなかった。
お金や宝石を全て投げ捨てて愛する娘に向かって走る両親の姿が、お金では手に入れることのできないモノが一番そばにあるって実感できる
感動的なシーンでした。「宝物はパンプルル姫」このシーンはもう一度見たいね。
EDのELTの曲の効果もあって涙が溢れる溢れる。

・プリキュアとレフィのワンダーナイト!

パンプルル姫からもらった人形がきっかけで別の世界に飛ぶプリキュアたち。
全てCGで物語が進むのは新鮮でしたね。
レフィのステージも可愛かった。
最後はレフィの力で封印を解放し夜しかない世界から元の世界を取り戻しました。
夜しかない世界っていうのも面白そうだけど光がないのは嫌だね。

最初は三本立てってどうなのかなーって思っていたけど、どれもきれいにまとまっていて素敵な作品でした。
前売り券あるからもう一回観に行ってきます。

舞台挨拶では
嶋村さん、浅野さん、山村さん、沢城さんの四人が壇上し、それぞれ映画やプリキュアに対しての想いを話してくれました。

嶋村さんは母に「あなたの声が入っていないキュアフローラといたずら鏡が一番好き」と言われて複雑だったそうです。
ただ、心の声で出演していますと最後にコメント。

浅野さんは父親が通っている美容院のお子さんと仲良くなった報告。

山村さんは池袋を通った時に大々的に告知がしてあり、感慨深かったと。

沢城さんは血が出るアニメが多かったからこのような子どもと一緒に見られるアニメに出演できて嬉しかったとコメント。

来年の抱負は嶋村さんがグライダーで空を飛ぶ。浅野さんが投資。山村さんが、すいません忘れました。声優関連で頑張りたいだったかと…。
そして、沢城さんが空を飛ぶのと投資と嶋村さん、浅野さんに乗っかる意見でした。

後、ロビーにあったドレスはアニメで起こす前に作ったものだそうで、鷲尾さん曰く「プリキュアにあのドレスを着せてみたかった」からだとか。

挨拶の途中で出てきた映画のワンシーンを再現する巨大なプリンに出演者の四人も驚いていました。
アニメのようには揺れなくて浅野さんが思いっきりスプーンで叩いていたのが面白かった。
噛むと音がするプリンは初めてという浅野さんのコメントも笑いが起きました。
もくもくとプリンを食べる四人の姿は何だかシュールだった。

プリキュアには関わった方を楽しませたいという想いがたくさん詰まっているので今後も頑張っていきたいという綺麗な言葉
を最後に四人は退場しました。

四人とも綺麗でドレス姿も素敵でした。
プリキュアでの舞台挨拶は初めてでしたが、楽しかったです。演じている方の声を直接聴ける機会ってそうそうないので貴重な体験でした。
充実した時間を過ごすことができました。



御昼は映画の影響でドーナツになりました。本当はプリンだけどね(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ARIA The AVVENIRE 舞台挨拶に行ってきた話

2015-11-06 21:24:26 | イベントレポ
もう一ヶ月前になりますね。
ARIA The AVVENIREの舞台挨拶に行ってきました。
きっかけは友達から舞台挨拶があるから行こうって誘われたのが始まりです。
先着順だから無理じゃないかなと諦め気味だったのですが、友達は見事チケットを取ってきました。凄い。

ARIAの映画は観に行こうと思っていたのでベストタイミングでした。

映画館でパンフレットを購入して劇場内へ。
本編に入ると、昔テレビで見た風景が映し出されて早速泣いてしまいました。癒しですね。
本編三話も楽しく観ました。
アリシアさんの誕生日を祝う晃さんとアテナさんの描写とか見ていて絆の深さを感じました。
新キャラの三人も可愛かったね。もうちょっと掘り下げてほしかったからスピンオフとかやってほしいね。きびしいか……。

それぞれ別の道へ進んだみんなが後輩ちゃんの企画で一堂に集まるシーンとか感慨深かった。原作でもこういうの度々あったから
見ていて温かかった。

上映後に葉月さん、大原さん、西村さん、そして佐藤監督の四人が壇上して楽しいトークを繰り広げてくださいました。
佐藤監督のアイちゃんのモノマネには会場が笑いに包まれました。ここもほっこりポイント。
各自ARIAへの想いを語り、今回の映画に関しての話もいろいろと聴けました。
葉月さんは待っている最中、EDが流れたら涙腺が緩みそうになったそうです。何回見ても涙が出そうになるとか。
それだけ思い入れの強い作品なんだなってことが伝わってきました。
大原さんは泣き虫合戦を晃役の皆川さんと繰り広げていたとか。皆川さんが涙脆いのは初めて知った。
西村さんは私の中ではキュアビューティの印象が強いのですが、今回はARIA社長です。
ARIA社長の鳴き声を生で聴けてにこにこしてしまいました。
西村さんも実際に劇場に足を運んで見て来たそうで、涙が止まらなかったそうです。
隣の人とか気付いたのかが気になります。
何だかね。葉月さん、大原さんもきらきらしていたんだけど、西村さんが一番きらきらして見えた。
理由はわからないけど。
佐藤監督も映画制作に関していろいろと苦労したそうで、映画に込めた思いをSNS等で伝えてもらえると
本当に嬉しいとコメントしていました。佐藤監督がいなかったらARIAの劇場版もなかったんだろうなって
想うと感謝の二文字しかありません。素敵な映画を制作してくださり、ありがとうございます。

終始、夢のような空間で幸せいっぱいでした。
初めて舞台挨拶を観たのですが、とても楽しかった。
最後に、
イライラしたらARIAを観ろって言葉が一番印象に残っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加