霜菓子工房*別館

霜幽の日常の出来事やイベントレポを書き込む場所。
霜菓子工房の雑記置き場です

『All for One』 ~ダルタニアンと太陽王~ 観てきました。

2017-09-11 21:42:29 | イベントレポ
9月の最初の日曜日。
友人と一緒に宝塚月組公演、『All for One』を観てきました。
宝塚劇場へ来るスパンがこんなに短くなるとは思わなかった。約一ヶ月ぶりです。



衣装が素敵で面白そうだなーって思って申し込みました。

劇の内容は三銃士の物語に脚色がなされ、コメディチックな部分も盛りだくさんでした。
教会の懺悔が1週間先まで予約いっぱいってどういう状況だよ…。そんなネタもありました。
最初の挨拶で紹介されていましたね。
今回はショーがなく、芝居一本だったので内容がいつもより濃かったです。
元の物語を私は知らないので、王様が実は女性だったことに驚き、その事実を知ってしまった時のダルタニアンや周りの貴族のリアクションがおもしろかったです。
壁ドンがあるとは思わなかったです。しかも、そのネタを最後まで伸ばす流れも良い。
ダルタニアンの場合は壁ドン一発成功。
ベルナルドは→壁がない→柱ではダメ→最終的にダルタニアンが壁だった。

途中、王のことを女性と知らない者たちがダルタニアンとルイ14世が同性愛者という見方になる場所は笑いを堪えずにはいられなかった。

そして何と言ってもモンパンシェ公爵夫人のキャラが濃くて好きでした。結婚適齢期を過ぎた年上のお姉さまってポジションでしょうか。
王の秘密を知り、牢屋に入れられるも、助けられて出てきたら剣を持って牢屋に誘ったフィリップだったかな? を返り討ちにする勇ましさ。
最後は自らの手で報復する姿が美しかったです。それ以外はイロモノポジションでしたが、それも含めて好き。

後半の場内での活劇も扱った。主要人物総出演での戦いは熱かった。こんなのアニメやドラマ、画面越しでしか観たことない世界を実際に目の前で観ているという感動がありました。

上手く語れない部分もありますが、今回の舞台はブルーレイを買いたいという気持ちまで高まっています。それくらい良かった。

友人も満足していたので、また誘いたいと思います。

今年の舞台鑑賞もこれが最後かな。行きすぎるとお金がね^^;
宝塚はまだ観たことない演目が多いので、これからも劇場へ足を運びたいです。チケットの入手が困難ではありますが。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奥華子コンサートツアー2017 ... | トップ | angela全力☆Live!2017 東京公... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

イベントレポ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。