霜菓子工房*別館

霜幽の日常の出来事やイベントレポを書き込む場所。
霜菓子工房の雑記置き場です

Kalafina Arena LIVE 2016 at 日本武道館行ってきました。

2016-09-18 14:33:43 | イベントレポ


久しぶりにライブへ行って参りました。久しぶりって言っても2カ月ぶりか。
待ちに待ったKalafinaのアリーナライブ! 会場は武道館!

初日はお休みを取って行ってきました。

初日の座席はアリーナA3の13列目ということでかなり近かったです。
ステージはかなり高くて壮大でしたね。どういう演出がなされるのかわくわくしてました。

開演と同時に照明の光が強くなる。
普通暗転するはずなのに、はて?と思っているとKeikoさんが登壇。着物姿とは珍しい。
挨拶かなーって思ったら「アレルヤ」を歌い始める。まだWakanaさんもHikaruさんも出てこない。
どういうこと?思いながら聴いているとフレーズが終わり暗転。そして、照明が点くとそこにはWakanaさんとHikaruさんがいて
再び「アレルヤ」が始まる。アカペラでのスタートって新しい!そこから櫻田さんのピアノが聴こえてきました。
今までとは違う演出ってこれのことだったんだ。

そこから「believe」歌い出しと同時に火花が散り、演奏陣が登場。まず爆発音でびっくりした。そしてステージの全貌がわかり、演奏陣がかなり高い場所にいることに驚き。
完全にKalafinaと演奏陣で区切られているステージでした。
それにしても「believe」は聴く度に好きになる。ライブで毎回聴きたいわ。

そして「星の謡」中央のスクリーンの映像がモノクロになり、かっこよさが際立ちました。時代劇みたいだった。
三人の舞とHikaruさんの目力!

一度MCが入り、今回のライブのコンセプトは「音楽の旅」ということを話す。すぐに曲が始まり「storia」「胸の行方」「ring your bell」と続く。
「storia」は赤木さんのフルートの音色が素敵でした。「ring your bell」は前半だけアコースティック。
「ring your bell」のWakanaさんの高音は本当に凄いわ。
MCでもどんどんエネルギーが湧いてくるって話しておられました。Hikaruさんは熱気が伝わってくると言ってました。
F♯まで音が上がるのでF♯ネックレスでも作ろうかなと話しておられました。個人プロデュースグッズに期待ですね!

「夏の朝」でしっとりすると「追憶」で沈み、そこから「red moon」「Magia [quattro]」「to the beginning」
畳み掛ける感じのセトリ。2年前のフォーラム公演を思い出しました。「red moon」の背景、間奏のコーラスが好きです。

「blaze」新曲です。初めて聴いた時から思っていたけど、ライブ映えする曲ですね。Hikaruさんの力強い歌い方素敵です。
「destination unknown」「identify」「signal」「音楽」
後半戦熱かったです。立ってステージを見ていました。ちょっとした振付も一緒になってやりました。
「音楽」はやっぱり盛り上がる。今回は趣向が変わっていてサビの部分をみんなで歌いました。
三声の後ろで響くオバヲさんのコンガの音も心地良かった。
でも、いきなりだったからびっくりした。Kalafinaのイメージからはかけ離れていたので。
恒例の是永さんと今野さんのパフォーマンスもかっこよかった。あれを聴きたいがために、家では原曲ではなくライブ音源の方ばかり聴いてしまいます。
あのバージョンの「音楽」スタジオでの再録とかあったらいいのに…。

最後の曲は「in to the world」新曲です。発売が待ち遠しい。

一旦出演者が退場するとアンコールの拍手が鳴り響く。
スタッフさんたちが何やら慌ただしく動いており、何があったんだろうって思っていたらステージに演奏陣が登場。
オバヲさんのパフォーマンスを見ながら手拍子。ステージに集中しているといきなり後ろから歓声が上がり、何だろうって振り返ると、
そこにはKalafinaがっ!
仮設ステージからの「in your eyes」
私の前をHikaruさんが駆けていきました。至近距離で見ることができて、この席当たって良かったって本当に思った。
「One Light」後半、三人でステージを練り歩くのが好きです。ラストサビ入る前の三人が腕を掲げるシーンとかかっこいい!

2度目の武道館。各自考えていることがあり、いろいろと話し合って決めたことをKeikoさんが話していました。
ラストの「光の旋律」と「symphonia」はKalafinaを知るきっかけになったツールとなるジャンルから1曲ずつという意味を込めたそうです。

最後はスタンディングオベーションで終了。Hikaruさんがステージセットのレゴブロックにコメントを書き、それが最後にスクリーンに映されました。

続いて2日目の話。
2日目は会社の先輩、同僚、後輩と4人で行きました。席は1階席の南東だったのでステージと同じ目線だったのでちょうどよかった。
「星の謡」→「花束」「君の銀の庭」 「光の旋律」→「ひかりふる」 「symphonia」→「未来」
に変わっていました。
2日目はアコーディオンが加わったので「君の銀の庭」が栄えました。セトリ的にまど☆マギ色強かったですね。
「未来」は普段エンディングで流れていてなかなか歌うことのない曲だったから聴けて満足。アコースティック除けば3年前のME以来ですね。
「音楽」は3人で入り方間違えて苦笑いしていたのが可愛らしかった。いつも完璧だからこういう間違いもあるんだって何だか和みました。
その後のMCではKeikoさんがもう一度リベンジしたい!とまた武道館公演を実現すると宣言。楽しみに待ちます。

Hikaruさんのグッズ紹介のコーナーは両日とも輝いておりました。
初日は個人プロデュースグッズで、2日目はパンフレットでした。
これでもかっ!ってくらい熱い宣伝。今までで一番長かったとKeikoさんもおっしゃってました。

最後はセットに3人で「ありがとう」のメッセージを書き終了、かと思いきや再びステージに現れてくれました。
何も考えてないけど、とりあえず櫻田さんを呼んでKeikoさんが曲を相談。
初めての武道館の最期が「sprinter」だったので、と言うことで本当のラストは「sprinter」
君に会いたい、君が恋しい、君に会いたい、君が愛しいの部分は会場全員で歌いました。いやー、合唱が多かったね。
割れんばかりの拍手でアリーナライブは終演しました。


何だか新しいことだらけで新鮮なライブでした。前回のツアーとはまた違った楽しさがあった。
若干3人の表情に疲れが見受けられたように感じましたが、それを感じさせないステージだったと思います。
いつもホールで聴いているから、聴こえ方も若干違って聴こえましたが、これがアリーナなんだなーって思った。
12月の冬のコンサートも楽しみですね。次はホールだから♪







花輪もいろんな方から来てましたね。Kalafinaの人脈ってどうなっているんだろうって思う方からも来ていておもしろかった。

やっぱり音楽は刺激になります。ライブはもっと刺激を与えてくれます。
素敵な時間、できました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 考えているだけじゃ始まらな... | トップ | 歌姫庭園11 行ってきました。... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

イベントレポ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。