霜菓子工房*別館

霜幽の日常の出来事やイベントレポを書き込む場所。
霜菓子工房の雑記置き場です

空想委員会 デフォルメの青写真 リリースワンマンツアー『青写真の現像室』行ってきました!

2017-08-05 12:11:39 | イベントレポ
蒸し暑い夏の日が続きます。そんな中、真夏を楽しみである一つ、空想員会のライブへ行ってきました。
「青写真の現像室」ツアーの東京公演、中野サンプラザです。
この場所に来るのも慣れた方です。

今回グッズは買おうか迷ったけど、今回は見送り。Tシャツは展示品を見てかなり悩んだんですけど、月々の出費を考えて次回まで検討。
会場入り口には今までの宣材写真やツアー中に撮った写真が貼ってありました。








こんなに宣材写真あったんだー。私が知っているのはほんの少しだ。こうやって過去の写真を振り返るのって面白いですね。
各会場の写真もみんな楽しそうに写っていて、これからこの楽しい空間に入れるんだって気持ちで、わくわくに拍車が掛かりました^▽^

そんな中、目を惹いたのがこちら



書き初め。バリヤバいとのことなので、それを目の当たりにしようと思います。

座席。私は前から11列目の席でした。HP先行の力!

待つこと数十分、いよいよ開演。
会場が暗転し、4人が登場すると、一気に会場に熱気が宿る。
1曲目、「通行人「R」」から始まりました。
続いて真夏だけど「マフラー少女」
意外でした。季節が夏だからてっきり夏色の強いセットリストになると思っていたので。
好きな曲なので組み込まれていて満足です。
「解の恋式」は生で聴いて一気に好きになりました。こんなに盛り上がる曲だったんだ!って感じでした。手拍子が上手くできなくて残念。次回リベンジ!
「ロマンス・トランス」も今回のライブでやってほしかった楽曲なので聴けて嬉しかった。めちゃくちゃ踊った。
曲の間奏の時に佐々木さんが「写真撮るぞー!」ってステージから降りてきてファンと写真撮っていたのが印象的。今回はホールのライブだから、てっきりステージから降りてこないと思っていたので。
近くを駆け抜けていきました。私も写真撮られたかった。
他にも「純愛、故に性悪説」「色恋狂詩曲」「スタートシグナル」「キラーチューンキラー」「劇的夏革命」など、アルバムメインに他のシングルやアルバムの曲もたくさん演奏してくれました。

中でも空想委員会を好きになるきっかけとなった「八方塞がり美人」が始まった時はテンションの上昇率が異常でした。前回は聴けなかったし、今回も恐らく組まれてないだろうって思っていたら、あったんです!
何となく人付き合いに疲れていた時、心に響く歌詞でした。私は曲の中に出てくるような美人ではないけれど、わかるなーって思った。
お目当ての「恋とは贅沢品」もしっかり聴けました。本当に生きる事に手一杯だと恋する暇などない。しようって気持ちになってないからというのもありますが。

MCでは佐々木さんがB’zの応募券をくださいって募集を掛けたらプレゼントBOXの中に大量の応募券があった話で三浦さんが「職権乱用だよね」って話がありました。
佐々木さんは冗談で言ったけど、本当に来てびっくりしていたそうで。会場の皆さんに御礼を言ってました。当たるといいなー。

後、誰が一番結婚しそうって話では会場のファンに訊くというシーンがありました。
佐々木さん、岡田さん、三浦さん、テディさんの順でした。テディさんに至っては既に結婚していると思っていた人が大半でしたけど。
私は岡田さんに拍手をしましたよ。
その後、三浦委員長によるメンバーのPRを実施。
岡田さんは家を持っているので、後は嫁をもらうだけ。
佐々木さんはチャらく見えて実は優しい。
テディさんは社長だから先立つものを持っています。
そして、三浦さん本人は「私三浦は安売りをしません。こうしてライブをコツコツこなして皆様の評価を上げていきます」と真面目なコメント。まさかの展開でした。

前回は大歌の改新ツアーだったので、対バンという形式だったのですが、今回は単独公演。
間髪入れずに次々と始まる曲たちに、私はテンションを休める余地なし。前回とは違った雰囲気で会場の空気に飲まれておりました。
空想委員会のライブは本当に安全で楽しい。私の中では貴重で、行きやすいライブです。
再び秋にツアーが開催。東京公演も決定して楽しみで仕方ありません。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 性懲りもなく | トップ | 身体動かして、汗と一緒に悪... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

イベントレポ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。