化学系エンジニアの独り言

時の話題や記事の備忘録

箱根駅伝予選会

2017-10-14 | スポーツ
正月に行われる箱根駅伝は近年マスコミで益々大きく取り上げられています。 ついには本戦だけでなく予選会もTV放送されていました。 多くの注目は本戦に出場できる上位10校になるのですが、それ以外に興味ある点がありました。

本戦と同様にサッポロビールが後援しています。アサヒ、キリン、サントリーにも負けている札幌ビールがこの人気競技のメインスポンサーとなっているのに驚き。

東京大学に妙に速い選手がいる。そもそも5,000mを16分30秒以内あるいは10,000mを34分以内の記録を持ツ10人以上の選手を揃えているのが大したもんだ。チームとしてもそこそこの成績だった。

東大大学院というチームも参加している。大学生の大会に大学院生がでていいの?
思わず関東学生陸上競技連盟の規約を確認しました。

第7条 本連盟に加盟できる大学等の資格は、学校教育法、同法施行細則の設置基準によって設
置された大学院、大学、短期大学及び高等専門学校(第 4・5 学年)とする。
ただし、特別の理由により代表委員総会で認められた大学等は、この限りではない。

2. 本連盟への加盟は、各大学等から男女別1団体に限る。

3. 大学院は同系列の大学から切り離して別個に加盟するものとする。

ということで大学院生は大学(学部)とは別に加盟するので別チームとなり、東大、東大大学院の2チームが出場してもおかしくないわけです。大学院生に登録資格を与えるのは学生スポーツでは珍しいと思います。

ちなみに連盟規約の競技者資格は在籍期間とあるので、留年した学生は5年、6年間でも登録できます。
但し、箱根駅伝の出場は4回までとなっているので、有力選手がわざと留年して5年になって出場しようとした時、5回目の出場であれば出られない事になります。

先日の6大学野球で東大が勝ち点を上げたことといい、文武両道を実践している彼らに拍手です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NHK大河ドラマのどうでもいいこと

2017-08-05 | 社会
どうでもいいことです。

NHK大河ドラマは最初の2-3回を見て面白そうならばその一年を見続けるようになっています。
ここ数年は隔年で見ています。なぜかは分かりませんが。

今年の直虎も見ています。脚本がそれほど面白いわけではありませんが、生まれ育った静岡県が舞台であること、井伊家のことを何も知らないので、歴史小説を読むように見ています。

どうでもいいことはこの毎年の大河ドラマの最初の音楽のことです。
その他のドラマに比べて異常に最初の音楽が長い。この音楽を楽しみにして聞いている人がどれだけ入るのでしょうか?
早く本編を開始してといつも思いながら、音楽の間にトイレに行ったりタバコを吸ったりしています。

NHK交響楽団にお仕事をしてもらうためのこのような大層な曲を流しているのでしょうか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

成人式

2017-01-09 | 社会
今日は成人式です。 かつては1月15日となっていましたが、2000年からハッピーマンデー方式で1月の第二月曜日に祝日が変わっているので今年は1月9日です。

我が家の子供たちは数年前に成人式は終わっているのですが、新成人の方にはお祝い申し上げます。
大人と子供の境目は20歳に限らず、いろいろな節目があると思いますが、兎に角大人の仲間入りですから、これから頑張って欲しいものです。

私が育った田舎では17歳の祝いという風習が有りました。これはその家の長男の17歳の誕生日を祝うもので、特別な儀式をしたわけではありませんが、近所に赤飯を配ってお祝いするものでした。長男のみですから近所の同級生でも次男以降はしていませんでした。

どうして17歳なのか、長男のみなのかはよく分かりませんが、おそらく元服の名残ではないかと思います。

今は参政権が18歳以上となりましたから、今後飲酒、喫煙もそのうち18歳になるかもしれません。そうなると高校生でも誕生日の早い人は酒、タバコOKになるので、高校教育現場ではややこしいことになりますね。学園祭の打ち上げに堂々とお酒が飲める。この辺りは校則でNGにするのでしょう。

残念ながら私自身は成人式に参加したことが有りません。実家から大学のある街に住民票を移動するタイミングが悪かったのか、実家のある街からも大学のある街からも成人式の招待状が来ませんでした。二十歳の成人の日は大学のある街にいましたから、成人式に行っても知らない人ばかりでつまらなかったと思うのですが、それでも何か一つ損した気がしていました。

最近は中高一貫の学校が成人を迎える卒業生を招待して成人式をやるといいます。確かに地元から少し離れた学校に通っていた人は地元自治体の主催する成人式にでても友だちがいないのでつまらないでしょうね。世の中の趨勢に合わせていろいろな行事も変わっていくものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍・プーチン会談

2016-11-26 | 社会
12月に安倍首相とプーチン大統領の会談が山口で予定されています。
もちろん議題は北方領土問題と経済協力に関するものです。両国首脳は今国内では大きな支持を得ていますので、このような強いリーダーの時しか、領土問題は解決できないと言われています。

東洋経済オンラインに鈴木宗男氏の記事が載っていましたので論点を要約してみました。

1945年8月9日:ソ連の対日参戦
 一方的にソ連が不可侵条約を破って参戦したと言われることもありますが、「日独伊3国同盟」で、ナチスドイツによって3000万人の犠牲者が出たというのが、ソ連の言い分です。

1945年9月2日:日本が無条件降伏

1951年:サンフランシスコ講和条約
 千島列島と南樺太を放棄。千島列島には歯舞・色丹は含まれない。
 ソ連はこの講和条約にサインしていないので、国後・択捉も日本は放棄していないという主張が後年なされる。

1956年10月:日ソ共同宣言
 平和条約は結ばす、領土問題には触れず。

1960年:グロムイコ書簡、「外国の軍隊が駐留する国には領土を渡さない」

1991年4月:海部-ゴルバチョフ会談、北方領土問題を話し合いで解決する。

1998年:川奈会談、4島の北で国境線を確定するが当面はロシアによる施政権を認める、という日本の提案をロシアは拒否。

2001年3月25日:プーチン、日ソ共同宣言を交渉の出発点とする。

2016年5月:ソチ会談、安倍首相から新しいアプローチとして8つの経済協力を打ち出す。

鈴木氏の主張は、2島返還で平和条約を結び経済交流を進めていく中で、残りの2島の課題を継続的に協議していくというもの。

戦争で失った領土は戦争でしか取り返せないという議論もある仲、話し合いと経済協力で領土問題を解きほぐしていくのは正道と思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JR北海道が半分の路線を廃止

2016-11-19 | 社会
JR北海道の列車や駅には大谷選手の大きなポスターが張ってあり、北海道新幹線に乗って東北を旅しよう、というキャンペーンが展開されています。 今年の大谷選手、ファイターズの活躍は素晴らしいものが有りました。 頑張って欲しいものです。

しかし、JR北海道の経営は誕生以来苦しい状況が続いています。

鉄道収入はざっと700億円ですが、その費用は1100億円かかっており、この時点で400億の赤字です。関連事業で数十億の利益は出ていますが、毎年経営安定基金と称して300億を遥かに超える補助金をもらって何とか収支トントンにするというものです。

こんな状況をJR北海道誕生以来30年も続けてきているわけで、このままでいいわけが有りません。

肌感覚として、函館-札幌、札幌-旭川、札幌-帯広の路線以外はほとんど赤字と思います。

何も赤字は現在のJR北海道だけの責任では有りません。民営化時に大きな路線を引き継がざるを得なかったのですから。

広い道内を全て鉄道でカバーするのはそもそも非効率なわけで、飛行機とレンタカーを主体に移動をするほうが効率的です。また、ローカル路線はバスで代替するのが得策です。

人口減少と札幌への人口集中を考えたとき、やはり赤字路線の廃止はやむを得ない選択と思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

個人番号カード

2016-11-13 | 社会
個人番号カードを受け取りに行きました。

申込みはWebでできるのですが、本人確認のため受取に市役所までいかなければなりません。

隔週で土曜日午前中なら受取可能ということで、これもWebで順番予約が必要でした。

1)顔写真付きなので公的身分証名になる。
->運転免許があるので特に有難いわけではない。

2)住民票がコンビニで取れる。
市が発行しているカードが有り今でのモールにある自動発行機で受け取れるので、あんまり有難いわけではない。

3)有効期限は10年。更新時には手数料1,000円がかかる。
->更新しないだろう。

4)暗証番号を5年度に変更しなければならない。変更時は市役所に本人が行く必要あり。
任意の時期に変更可能だが、これも本人が市役所に行く必要あり。

ということで、個人番号カードを持っているメリットは今は無い、と感じた次第。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

乗用車の自動運転

2016-11-12 | 社会
自動車会社のみならずIT産業も参加して、自動運転がブームになっています。

高速道路のような整然とした道でないと機能しないとか、まだまだ安全面が万全でないとの指摘もあります。
車庫入れは完璧に自動運転に頼って良い、といった評価も有ります。

まだ未完の技術ではあることを認めた上で、どんどん実用車に搭載して欲しいと思います。
というのは、昨今の高齢者が引き起こす悲惨な交通事故を防げるのではないか、と思うからです。
完全ではないが、運転補助機能はあるのですから、アクセルの踏み間違いでの急発進などが防げる、不幸にもぶつかったとしてもその前にブレーキが作動するので被害は確実に軽減されるんじゃないでしょうか!

高齢者の免許更新時には特別な身体能力測定をしているのですから、この際高齢者は自動運転機能付きの自動車しか乗れない規制を作ったら如何でしょうか。 不幸な事故が減るんじゃないか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカ大統領選挙

2016-11-10 | 社会
皆様もそうでしょうが、私も昨日は仕事しながらネットの開票速報を見ながらハラハラしていました。そして最後はなぜだか分かりませんが、意気消沈していました。

起きてほしくないことは起きない、と思いこむのは禁物。選挙は水物で開けてみなければわからない、その通りです。

「アメリカ国民は何を考えているのか!」と言った同僚もいましたが、思い返せば数年前に我々も民主党を選んだ経験があります。とにかく現状を変えたい、という思いを持ったアメリカ人が多かったということでしょうか。

マスコミも評論家も事前にトランプ大統領を予想した人はいなかったのではないでしょうか。私の周囲では一人だけ、2月頃にトランプを泡沫候補と片付けるのは間違い、この先どうなるかわからない、と言った人がいました。

妊娠中絶を避難して全女性を敵に回し、メキシコ国境に壁をメキシコの金で作らせるといってヒスパニックを敵に回す。これでは選挙に勝てるわけがない、と皆んな思ったのでしょう。しかし、ヒラリーを嫌う女性は多く、全女性を敵に回したと言うのは間違いだったのですね。

産経新聞の一面にありましたが、日本から米軍を引き上げるならば、普天間の問題は一気に解決。TPPを批准しないのも結構、もともと後から入ってきたんじゃないか。別にトランプ大統領でも日本は平気だよ、ということです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イチローそしてオリンピック

2016-08-11 | スポーツ
イチロウ選手、3000本安打おめでとう御座います。 ホントにすごいことです。

後2本からしばし時間がかかりましたが、さすがのイチロー選手もプレッシャーを感じていたということと思います。
チーム全員、さらには敵地でのスタンディングオベーションと、彼が誰からも好かれていることを表しています。
インタビューの中で、自分自身の達成感もあるが、周囲の人が喜んでくれているのが一番嬉しい、と発言していました。

思い出すのは、メジャー移籍後数々の記録を打ち立てていたマリナーズ時代は、個人の記録優先と言った風にチームから見られていた、との報道を目にしたことが有ります。本人はそんな気はなかったんでしょうが、当時のマリナーズのチームはそういうチームだったのでしょう。
WBCに参加して2本が優勝した時のイチロー選手の弾けるような言動を覚えています。彼は何よりもチーム第一に野球をやってきたんだと思う。
それだからこそ、今のマーリンズというチームを、チームメートと野球ができることを楽しんでいるように思います。

ところでオリンピックが始まって、日本の選手は大活躍です。 沢山の選手がメダルを獲得しています。 その中でも団体競技、チームでのメダル獲得は大変意義あるものだと思います。(個人競技を否定するものではもちろん有りません)
見ている方も例えば体操団体の金メダル獲得はやはり感動モノです。アテネの時の「伸身の新月面が描く放物線は栄光への架け橋だ。」という名実況を思い出させます。

学生時代に、個人で複数のメダルを獲得できる種目と団体で一つしかメダルを獲得できない種目を一緒くたにして、国別メダル数を比較するのはおかしいのではないか?と思いました。サッカーのメダルは11個とカウントすべきではないか。
その当時の教授はそれならば100mとマラソンの選手が同じ金メダル1個でよいのか? んーなんとも言えない。

でもやっぱりチームジャパンが活躍してくれるのは嬉しいものです。選手の皆さん、引き続き頑張ってください。勝負は時の運も有ります。モテる力の全てを出してくれることを期待しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特急列車にビジネス客専用車両を!

2016-07-25 | 社会
出張で時々JR在来線の特急を利用します。
在来線特急には喫煙ブースがないのが残念です。 たばこ税の暫定税率で旧国鉄の借金を返しているのですから、喫煙者のことも考えてくれて良いと思うのですが。

それとは別に残念なのが、出張で乗った車両に中年、老年のおばさんグループが乗っている時です。このてのおばさんは目的地に着くまでずーと喋りっぱなしです。 世の中に怖いものがありませんから自然と声も大きくなります。
一人で書類に目を通したり、メールをチェックしたりするのですが、何とも迷惑この上ありません。 車内での携帯電話での会話をやめて言いますが、それ以上にこの手のグループは迷惑です。

JRさん、是非ビジネス客専用車両を設定して、この手のおばさんに遭遇しないようにしてください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加