化学系エンジニアの独り言

時の話題や記事の備忘録

NHK大河ドラマのどうでもいいこと

2017-08-05 | 社会
どうでもいいことです。

NHK大河ドラマは最初の2-3回を見て面白そうならばその一年を見続けるようになっています。
ここ数年は隔年で見ています。なぜかは分かりませんが。

今年の直虎も見ています。脚本がそれほど面白いわけではありませんが、生まれ育った静岡県が舞台であること、井伊家のことを何も知らないので、歴史小説を読むように見ています。

どうでもいいことはこの毎年の大河ドラマの最初の音楽のことです。
その他のドラマに比べて異常に最初の音楽が長い。この音楽を楽しみにして聞いている人がどれだけ入るのでしょうか?
早く本編を開始してといつも思いながら、音楽の間にトイレに行ったりタバコを吸ったりしています。

NHK交響楽団にお仕事をしてもらうためのこのような大層な曲を流しているのでしょうか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 成人式 | トップ | 箱根駅伝予選会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL