硬式野球部を造ってみたら

作者の許可なく作品を複製、転載、使用する事を禁止します。

話の登場人物について

2016-10-15 12:30:53 | ブログ小説
「登場人物にモデルはいるのか」という話をします。

ここまで色々な話を書いていますが、登場人物達は、話の流れからその場で考えた創作か、自分が知っている何か一つのエピソードから、全体像まで膨らませて考える事が多いです。

『殺人は眠り続ける。』も話を考えた当初は、イラストしか見た事なかったですからね。

その話も途中から違う方向へ行ってしまいましたが。

何故この場所で?この人物何だろう?と思われたら、話を考えたのが最近ではなく、かなり前で、しかも話よりもさらに古い、リアルで知っているエピソードが元になっている事が多いです。

丸っきり創作の時は、『殺人は眠り続ける。』の鹿児島みたいにかなり適当に、何となく決めてます。

鹿児島(と言うより九州)、未だに行った事ありません。テヘ

人物の名前決めはその瞬間のライブ感(byブリーチ)第一で、現実社会との整合性や、後での説明は不可能ですが、私の場合、極端に地名に偏ってますね。
(^_^;)

『今半分空にいるから』は、その土地に多い有りがちな名前にしようかと思っていましたが、この作品もあまり名字にはない地名などにしてしまうかも知れません。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 物語を文章で考えた。 | トップ | 『殺人は眠り続ける』訂正し... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。