硬式野球部を造ってみたら

作者の許可なく作品を複製、転載、使用する事を禁止します。

薄荷キャンディーと関ジャム

2017-06-11 17:11:44 | ブログ小説
前後の脈絡なく、突然思い出しましたが、森永ダースのチョコミント味のイメージで、KinKi Kidsの『薄荷キャンディー』の事を以前ツイートしましたね。
w(°O°)w

過去ツイを公式のプロフィールで遡れないので、すっかり忘れてました。

緑色と言うかミント色は、私的には『薄荷キャンディー』のイメージはありますね。

薄荷飴は無色の半透明なのが好きですが。

そう言うわけで(?)テンプレートを「ミント」に変えます。

テンプレートは気まぐれにてきとーに変えます。
^ー^)/

ちなみに前々回のブログ『その時代の音楽』の、最近見た音楽番組とは『関ジャム』の事です。

この日(6/11)放送のジャムセッション曲は『MARIONETTE』でした。

氷室京介さんやBO0WYの皆さんは、名古屋のローカル音楽番組『5時SATマガジン』のボーリング企画に、マイボール持参で参加されたのが衝撃的でした。

リアルタイムの時の放送は見ていなくて、総集編を見たのですが。

氷室さんはBO0WYの当時、かなり恐いイメージでしたね。

Twitterで検索するとボーリングのツイート結構ありました。

ギタリスト特集だから、今回は布袋寅泰さんリスペクトかな?

当時アマチュアバンドのほとんどがBO0WYの真似をしていて、どこかしらで色々な演奏のBO0WYを聞きました。

バンド演奏に無縁な私が聞いたぐらいなので、日本全国で、かなりの数のバンドに演奏された曲ではないでしょうか。

このブログと放送が同じ日だったので、『関ジャム』の感想を併せて書き、タイトルに“関ジャム”を足しました。

あと、『MARIONETTE』の“No,No とてもいられないぜ”と言う歌詞を聞いて、
(やはりロックは「ぜ」だな)
と、前々回(5/28)を思い出しました。

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 著作権が非親告罪になると | トップ | 薄荷キャンディーの話 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。