今、半分空の上にいるから

『硬式野球部を造ってみたら』からタイトル変更しました。
作者の許可なく作品を複製、転載、使用する事を禁止します。

降下する死体 解決編その1 〜ミステリー記念館で休憩中です。〜

2016-10-01 09:57:35 | ミステリー記念館で休憩中です。(完結)
いよいよ解決編です。
未読の方はその1〜5を先にご覧下さい。
(^_^)

「この写真の男、名古屋ヘリコプターの社長兼パイロットの高橋統五です。」
柱が写真を指差した。

「先ほどの警部の話にも、このクラブの事は出たけど、まさか高橋が蔵山ハングライダークラブの会員だったとは…。」
本宮も驚いた様子で続けた。
「高橋、確か日曜日は仕事は…。」

「休みと聞いています。」
柱が答えた。

「えっ?じゃあ日曜日に蔵山へハングライダーをしに行った可能性があるんですか?」
茶臼山が驚いて言った。

「でも蔵山でずっとハングライダーを続けていたなら、被害者の死亡時間のアリバイがあるのでは?」
と挙母。

「屋根の上の足跡から考えると共犯者はいるだろう。」
本宮が言った。

ざわざわと部屋中がざわめく捜査課に、石巻警部が入って来ました。

「警部!」
本宮が今までの経緯を説明した。

「……パイロットが怪しいのは分かるけど、取り敢えずは事故もしくは殺害現場の特定と、遺棄した方法の特定が先だな。」
石巻警部が言った。

「遺棄した方法なら分かります。」
茶臼山が言った。
「俺と挙母先輩がクレーンを使って遺体を降ろした時の、逆をやれば良い訳です。」

ソファーの上に柱が横たわった。
「柱先輩が被害者役です。」
茶臼山が説明した。

「自動車とぶつかって亡くなった被害者を犯人は車に積みました。
そして朝まで保管、翌朝ヘリコプター積み込む前に遺体を梱包します。
成人男性とは言え、一人では大変ですからね。
共犯者はいるでしょう。

挙母先輩、すみませんが手伝って下さい。
柱先輩をこの死体袋に入れます。」

「おい!死体袋って!」
柱が慌てて抗議した。

「検証用に新品を借りてきたので大丈夫です!」

「そういう問題じゃ…。」

「挙母先輩持ち上げますよ。」
柱の言い分は無視して、二人は床に広げた死体袋の上に柱を置き、梱包を始めた。

「ファスナーは顔の所は開けますね。」
と茶臼山。

「お前後で殴る。」
と柱。

「うるせーとファスナー全部閉めるぞ。」
と挙母。

「梱包が済んだらヘリに積み込みます。」
二人は柱の入った袋を持ち上げ、ソファーに置いた。

「ベルトで固定し、ヘリから降ろせるように、降下用のロープを取り付けます。今は荷造り用のビニールテープを代用します。
そしてヘリから降り、梯子や用具を持って白羽海岸駐車場に向かいます。」

二人はソファーから離れた。

「ヘリには運転手の他にもう一人乗ります。」
矢作と豊が役を引き受けました。

白羽海岸公園駐車場上空で死体袋を降ろし、屋根の上で受け取ります。
屋根の上で降下用のロープを外すとヘリは立ち去ります。

屋根の二人は梱包を解きます。
死体のみ残し、後は全て車に積んで立ち去ります。
以上です。」

「やれやれ助かった。」
やっと柱の梱包が解かれました。

「理屈では分かるけど、上空でそれだけ安定させてホバリングしたり、足場の悪い屋根の上で死体袋を受け取るなんて大変な技術がいる。」
と石巻警部。

「自衛隊のレンジャー部隊やレスキュー隊の特殊任務とかの仕事ですね。」
と本宮。

「あー、その点は大丈夫ですよ。」
と柱。
「これ、名古屋ヘリコプターのパンフレットです。
豊原営業所でもらいました。
ほら、社員の経歴、社長の高橋他アメリカや諸外国で特殊訓練の経験あり、元自衛隊員もいます。
まあ大げさに経歴を盛っている可能性もありますが。」

「海難救助や軍事訓練に比べれば容易いでしょう。
ただ元々そんな本格的な専門家は会社にいない可能性もありますがね。」
と茶臼山。

「ヘリコプターで遺体を降下させた可能性は、後日改めて正確に検証しよう。
皆聞いてくれ。
明後日応援も含め全員で蔵山を捜索する事が決定した。」
と石巻警部。

「はい!」


明後日。
「おーい、あったぞー!ここだ!」

声の方向に石巻警部と本宮部長刑事が進むと、ガードレール下の林の中で、被害者のものと思われるショルダーバッグ、香典返しの袋がバラバラの方向で見つかった。

「カバンがここにあると言う事は…。」
本宮がガードレールの横の道路に目を凝らすと、血痕の様な染みが地面に広がっており、道路の隅には車のヘッドライトのプラスチックのカバーの様な破片があった。

「事故もしくは殺害現場はここだ。」

続きます。☆彡
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 降下する死体 その5 〜ミス... | トップ | 降下する死体 解決編その2 ... »

コメントを投稿

ミステリー記念館で休憩中です。(完結)」カテゴリの最新記事