ポトポト

ご近所お散歩写真ブログ

おしらせ

新しいブログはじめました。地元の歴史民俗&雑記などをとりあつかってます。よかったらこちらもよろしくおねがいしますー
志太めぐり道草録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

昨日の夕焼け @ 瀬戸川

2016年07月10日 | 空模様

2016年7月9日の夕焼け @ 瀬戸川河口近く。雲がなんかダイナミックな広がり方していてすごかったです。

夕焼け @ 瀬戸川 夕焼け @ 瀬戸川 夕焼け @ 瀬戸川
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

藤枝の藤の花

2016年05月05日 | 植物

先週くらいに見に行った藤枝市の蓮華寺池公園とその周辺の藤の花。

藤枝市生涯学習センターの藤 蓮華寺池公園、藤の里広場 蓮華寺池公園の白藤と鯉のぼり

今年の藤の花はゴールデンウィーク入ったときにはすでに大半が盛りを過ぎていて、房が長いタイプの白藤だけがなんとか見ごろでした。桜はずいぶん遅れたのに、藤はちょっと早かったうえにあっという間に終わってしまいました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鯉のぼり @ 蓮華寺池公園

2016年05月05日 | 風景

毎年恒例、藤枝市の蓮華寺池公園の鯉のぼり。風の強い日だったので元気に泳ぐ姿が見られました。

蓮華寺池公園の鯉のぼり 鯉のぼりと白藤 鯉のぼりと高草山
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クロハネシロヒゲナガ

2016年05月04日 | 動物

小さくてキラキラした虫が紫蘭にとまっていました。クロハネシロヒゲナガ(黒羽白鬚長)という蛾のメスのようです。

クロハネシロヒゲナガ on 紫蘭 クロハネシロヒゲナガ on 紫蘭

ヒゲナガガ科の仲間は触角が非常に長いことから「ヒゲナガ」という名前がついています。クロハネシロヒゲナガの場合、メスの触角は上の写真のようにまぁ長いかな程度ですが、オスのほうは一目瞭然とんでもなく長い体長の3倍ほどもある白い糸のような触角を持っているそうです。そんな長物を頭にくっつけていったいどうやって飛ぶのか、見てみたいですねー。

メスの短めな触角も、よく見るとおもしろいつくりをしています。先端の半分ほどはオスと同じく白い糸のような触角ですが、残りの根本に近い部分は黒い毛が生えていて少し太くなっています。オスの触角も根本付近は黒いのですが、メスのように太くはなりません。メスの触角はパッと見、黒い触角の先っぽに糸を引っかけてしまったかのようでもあり、先端の毛が抜けちゃったの!?という感じでもあり、なぜこのような構造になっているのか不思議です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ショウジョウバカマの花のあと

2016年05月04日 | 植物

先月初めごろ桜を見に藤枝市の金比羅山まで出向いたら、斜面にこれまで見たことのない茎の長い茶緑色の花がたくさん咲いていた。

ショウジョウバカマの花のあと ショウジョウバカマの花のあと

なんだこれ?と思ったら、なんとショウジョウバカマの花の咲いたあとなんだそうだ。たしかに、よく見たらめしべの根本を実らしきものが囲んでいる。

ショウジョウバカマといったらここではソメイヨシノよりも少し早い時期に紫色のふさふさした花を咲かせるが(こんなの→ショウジョウバカマ - Wikipedia)、そのころの茎丈は花を含めてもせいぜい10cmほどで、それがまさか花の終わった後にこんなににょろにょろ伸びるとは思わなかった。長いものでは25cmちかくあった。茶緑色の花びらに見えるものは間違いなく元花びら(花被片)なんだそうだが、咲き始めのころとはまったく様子が違う。まるっきり別の植物のようで衝撃を受けた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加