*方丈の里*

時の流れに 身を委ね・・
日々徒然に 想いをつづる

姉妹サイト;”方丈の流れにのりて一句詠み”


まだ虚言!!蓮舫の二重国籍釈明に更にウソが?「法務省に国籍法違反には当たらないって言われた」→法務大臣「違反」

2016-10-18 18:27:09 | 政治
蓮舫代表の二重国籍釈明に更にウソが?「法務省に国籍法違反には当たらないって言われた」→法務大臣「違反」
redmist.ri-i@yahoo.co.jp

蓮舫氏、台湾籍説明が二転三転 幹事長「一貫性欠ける」
朝日新聞デジタル 10月17日(月)19時18分配信
蓮舫氏、台湾籍説明が二転三転 幹事長「一貫性欠ける」
民進党の執行役員会に臨む蓮舫代表=17日午後、国会内、岩下毅撮影
 民進党の蓮舫代表が自らの台湾籍をめぐる説明を二転三転させている。
野田佳彦幹事長は17日の記者会見で「一貫性に欠ける印象を与え、(蓮舫氏)自身を含めて反省している」と述べた。
 蓮舫氏は9月の代表選中、「(日本)国籍選択の宣言をしたことで、私は日本人になっている」と明言していた。しかし、今月16日、宣言した日付を記者団に問われると、「10月7日です」と語った。9月の時点では宣言していなかったことが明らかになった。
 蓮舫氏は戸籍法に基づく手続きについても説明を変えている。手続きは(1)外国国籍の喪失を届ける(2)日本国籍の選択宣言を届ける――の2通りがある。
 蓮舫氏は今月13日の会見では、(1)にのっとって「適正な手続きをしている」と繰り返した。だが、金田勝年法相が14日の会見で、(1)に関し「台湾当局発行の国籍喪失許可証が添付された外国国籍喪失届は受理していない」と発言。蓮舫氏は翌15日、(1)について「不受理とされた。受け付けてくれなかった」とし、(2)にのっとって「選択宣言をした」と説明を変えた。


鳩山由紀夫氏、蓮舫氏の“二重国籍”問題に「その場の思いつきのように…」
ポッポ苦言発言
 「気になっているのは国籍がどうだという以前に、その問題でいろいろと、事実ではないことを、割と平然とおっしゃっていることを…、その、つじつま合わせみたいな感じでおっしゃっていたことが事実じゃなかったのが、ぞろぞろ出てきてしまったということが、やはり本人の信頼性を失わせてしまっているのではないかと思います」
 「国籍の問題で、台湾籍も残ったというんでしたっけ。謝罪されましたけども、そのときにはもう党員、サポーターの投票は締め切られていて、間に合っていない可能性が高いんですよね。ですから、そのことが…(苦笑)。…意図的にされたのか、されていないのか分かりませんけども…。投票というもののあり方も、郵便ですからね。何日か遅れてしまうので。果たしてそういうことで、党員、サポーターの票につながらない可能性がありますよね。些末な話かもしれませんが。私はやっぱり、当然日本国籍を持っておれば、国会議員になれるわけですから、国会議員になって代表になる資格はあると思いますし、彼女は彼女なりの魅力があると思いますが、問い詰められたら、その場の思いつきのように、後で事実はないと判明するようなことはおっしゃらない方がよかったと思いますね」


普通の常識を持って人間ならば レン呆が嘘に嘘を重ねて、国民を欺き続けているのは、最早隠し果せるものではない。
マスゴミ応援団の一角 アカヒも遂にレン呆追撃に狼煙を上げたのかな?
国籍取得にしても 今までいってきたことがすべて嘘っぱち!
そんな奴を 国民はこのまま 野放しにはしやしない。
この女を担いでいる罠巣も 同じ穴の狢!
少しは良識が有る人間が 党内に存在するのであれば、レン呆に苦言を呈し、人間としての矜持を諭す人間が現われてみょさそうなもの!
そういう人間が 見当たらないという事が、罠巣党の異常さを如実に現している。
レン呆だけの問題で無く 己の政治生命をも脅かしているということに、思いを至らす事も出来ない阿呆揃い。
非常識女の首を刎ねることも出来ないクズ集団!!
レン呆共々 消えるしか無いよな!!



「感謝」
お読み頂きました印しに“ポチ”お願い!

人気ブログランキングへ

励みになります!こちらもご協力を・・・!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 阿呆か!ボート、韓国開催も... | トップ | 10月18日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL