*方丈の里*

時の流れに 身を委ね・・
日々徒然に 想いをつづる

姉妹サイト;”方丈の流れにのりて一句詠み”


詫びて済む話??寂聴、死刑巡る発言を謝罪 「お心を傷つけた方々には、心底お詫びします」

2016-10-14 18:38:07 | こころ

作家の瀬戸内寂聴さんが、死刑廃止を巡る日弁連のシンポジウムで「殺したがるバカどもと戦ってください」とメッセージを寄せ、犯罪被害者支援の関係者から批判が出たことについて、14日付の朝日新聞の朝刊に掲載された自らのエッセーの中で「お心を傷つけた方々には、心底お詫びします」と謝罪した。
 寂聴さんは「今も世界の趨勢に遅れ、死刑制度をつづけている我が国の政府に対して、人権擁護の立場から発した意見であった」とし、「これまでも私は文学者としても出家者としても被害者のために論じ、行動してきている」と釈明。
 その上で「誤解を招く言葉を94歳にもなった作家で出家者の身で、口にする大バカ者こそ、さっさと死ねばいい」ともつづっている。


仏に仕える身で有りながら 己の言葉が どれ程に俗世いる人間に影響を与えるかも理解出来ないような人間が、人様を説法する資格は無いでしょう・・寂聴婆チャン!
然もデスよ 俗世の一番汚れきった政治の世界に首を突っ込んで、左巻き思想を振りまくなんて、得度した人間じゃ無い似非坊主。
お釈迦様も きっとお怒りのことだと思いますが・・
「出家者の身で、口にする大バカ者こそ、さっさと死ねばいい」
あっ!さよか?
誰も お止めは致しません・・お好きにどうぞ!!
南無阿弥陀仏・・チ~~ン



「感謝」
お読み頂きました印しに“ポチ”お願い!

人気ブログランキングへ

励みになります!こちらもご協力を・・・!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 語るに落ちた! 蓮舫;日本... | トップ | 10月14日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL