*方丈の里*

時の流れに 身を委ね・・
日々徒然に 想いをつづる

姉妹サイト;”方丈の流れにのりて一句詠み”


どうする沖縄県民は?沖縄県が損害賠償対応を検討 辺野古訴訟敗訴を受け

2016-10-14 09:56:44 | 政治

 国は訴訟の中で埋め立て工事のために1293億円分の契約を交わし、うち約577億円を支払ったことを明らかにした。承認取り消しで「577億円は無駄金となり、国民がその負担を背負う」とも主張した。
 翁長氏には承認を無効化するにあたり、取り消しと撤回の2つの選択肢から取り消しを選んだ。取り消しは前知事の承認が違法と判断した上での措置だが、撤回はその後の政治判断で承認の効力を失わせるもので、より損害賠償を求められるリスクが高い。最高裁で敗訴が確定した場合、翁長氏は撤回に踏み切る考えを示唆しているが、「賠償責任はさらに強まる」(県幹部)と指摘される。
*記事全般;沖縄県が損害賠償対応を検討 辺野古訴訟敗訴を受け


売国奴翁長を知事として 担いだ責任は、当然の事ながら沖縄県民。
翁長が 沖縄を代表して国を相手にした訴訟で有ることは明らか。
その行動は 翁長に言わせると、「沖縄の民意」・・
だとすると その判決に敗訴して付随して発生する、損害賠償は、当然の事ながら、沖縄県民が負担することは自明でしょう!
なんで シナの傀儡の翁長の暴挙のツケを、国民が尻ぬぐいをしなけりゃ為らない?
そんな理不尽は御免被る!
シナ工作員と知りながら 知事に選んだのは沖縄県民。
まさに 一蓮托生と言う論理づけに なるのではございませんの?
沖縄県民の皆さんには お気の毒ですが・・
翁長の 暴挙を阻止できなかった。
その代償を 翁長と共に負うことは必然の成り行き。
沖縄の 偏狭反対運動を垣間見ていると、日本国民だとはとてもじゃないが思えない。
さて・・如何しますか・・・沖縄県民諸君!



「感謝」
お読み頂きました印しに“ポチ”お願い!

人気ブログランキングへ

励みになります!こちらもご協力を・・・!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 散文詞; 鹿威し | トップ | GOOD JOB!!ユネス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL