*方丈の里*

時の流れに 身を委ね・・
日々徒然に 想いをつづる

姉妹サイト;”方丈の流れにのりて一句詠み”


レン呆アウト!! 金田勝年法相、参院予算委で二重国籍は「義務や対応、衝突の恐れ」

2016-10-12 10:40:39 | 政治

民進党・蓮舫代表が『一般市民を公然と恫喝する』恐怖の事件が発生。二樹国籍問題の隠蔽に必死


金田勝年法相は11日の参院予算委員会で、二重国籍者について「各国から課せられる義務や求められる対応が衝突する恐れなどがある。極めて高度な国益に関する判断をする者にとってはなおさらだ」と述べ、二重国籍の解消を定めた国籍法の意義を強調した。
日本のこころを大切にする党の和田政宗参院議員の質問に答えた。
 和田氏は「国会議員になろうとする者は気をつけなければならない。外交上の問題も生じるかもしれない」と述べ、二重国籍者の国会議員立候補の制限を求めた。民進党の蓮舫代表らのいわゆる「二重国籍」問題が念頭にあるとみられる。
 一方、法務省の小川秀樹民事局長は「外国の国籍を離脱し外国国籍喪失届がされた場合は、戸籍に外国国籍喪失の届け出がされた旨などが記載される。日本の国籍を選択し国籍選択届がされた場合には戸籍に戸籍の選択がされた旨が記載される」と説明した。これを受け、和田氏は「国籍選択は、戸籍の該当部分を公開すれば容易に結論が得られる」と述べた。
 国籍法では、二重国籍の人は22歳までに日本国籍か外国籍かを選ぶ必要がある。日本を選択する場合は、国籍法16条により外国籍を離脱しなければならないとされている。外国籍の離脱証明もしくは外国籍の放棄を宣言する書類の提出などが求められるが、努力義務にとどめられている。


自民政権も何となく 腰の引けた感のある国会議員の二重国籍問題に、法相として踏み込んだ言及をしたことは重いものがある。
国民の生命と安全を担う立場の人間が、国家に忠誠を誓わずして、国民の生命を護れる筈も無い。
ましてや どこぞの真っ赤なお国の工作員擬きと見做されているような人間が、日本のトップに座るようなことになれば、日本はその時点で地球上から消え去る運命。
日本国民は そこまで阿呆じゃないから、必ずそういった輩には鉄槌を下すと期待を抱いている。
売国罠巣政権に 強烈な鉄槌を下したように・・
又々 その売国政党が、頭をもたげようと蠢きだした!
今この時期に その芽を摘み取らなければ、益々国民の政治離れに拍車がかかることは必定。
野党第一党の代表に選ばれたレン呆が その疑惑を持たれながら、未だに国籍離脱の戸籍謄本を開示しないのか?
己に 疚しいところがあるから、国民の疑惑に応えない・・至極当たり前なことに応じない人間に、政治を託す愚は断じて犯してはならない!!
それにしてもNHK支持率調査・・なぜ 国民の大きな関心事・・レン呆の二重国籍問題をスルーするのか!
支持率調査なんてものは 当てには出来ないという典型例!!



「感謝」
お読み頂きました印しに“ポチ”お願い!

人気ブログランキングへ

励みになります!こちらもご協力を・・・!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村










『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 散文詞; ちぎれ雲 | トップ |  偏狭左翼の恫喝に屈したから... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL