*方丈の里*

時の流れに 身を委ね・・
日々徒然に 想いをつづる

姉妹サイト;”方丈の流れにのりて一句詠み”


『対案路線』はどこにいった!?~普天間基地問題でさっそく馬脚あらわす脱法ハーフ

2016-09-18 10:02:32 | 政治

 民進党の蓮舫代表は17日午前の読売テレビ番組で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画を進める安倍晋三政権の対応を批判した。
 蓮舫氏は、政府が平成29年度予算の概算要求で、沖縄振興費を今年度当初予算比で140億円減の3210億円としたことなどに関し「あまりにも乱暴なやり方だ」と指摘。
 党代表選の論戦で辺野古への移設計画に賛成する立場を示している蓮舫氏だが、「目標、目的以前にその途中経過は到底、賛成できない」と批判した。「今の政権の沖縄への手法はあまりにも県民の声に寄り添っていないやり方だ」とも強調した。ただ、党運営の基本方針として掲げてきた対案の提示はなかった。


 [反対だけの無責任野党ではなく、政権に対して責任ある対案を掲げて、失った民進党への信頼を取り戻していく]
代表の決意表明で、そう言ってなかった?・・脱法ハーフェは??
『バリバリの保守』として、どのようなやり方が・・、責任ある具体的な『対案』を示さなきゃ、従来の腐れミンスと何ら変らない。
 政権のやり方を対案を示さず、ただ批判するだけの、所詮は嘘吐きレン呆・・面目躍如。
トラストミーの鳩ポッポ・創業家の 亡霊は生きて居ると言う事。
責任ある政党として失った民進党への信頼を取り戻していく??
出来もしない事を いけシャアシャアと、ほざける鉄面皮に脱帽!!



「感謝」
お読み頂きました印しに“ポチ”お願い!

人気ブログランキングへ

励みになります!こちらもご協力を・・・!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村



『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それで終わる話じゃ無いでし... | トップ | 9月18日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL