思いつき日記
思ったことをかいてみよ
 



日本のサービスは過剰だ、といわれることがあります。ヨーロッパに生活している人のブログなどを見ると、接客サービスで店員さんを無愛想だ、と感じることがままあるようです。
 それは逆に言うと、日本の接客がサービスが多い、ということでもあります。そしてそれが普通だと思ってしまっています。

例えば、電気屋さんに新しい家電設置を頼むと、たまたま見つけたむき出しのコードがあると、ぱぱっと修理してくれたり、贈り物なのでラッピングを頼むと、リボンをつけてくれたりといったちょっとした付加サービスが当たり前のように存在していました。

日系ビジネスのコラムに
遙 洋子の「男の勘違い、女のすれ違い」
というのがあります。今日、更新があって、読んだのですが、その内容はというと、つぎのようなもの。曰く、
上記のような付加的サービスが無くなった、それだけじゃなく、普通のサービスさえままならなくなってしまった。顧客の要求をきちんと聞いてくれていない。これが時代なのだろうか。こういう時代であれば、出世は簡単。顧客の要望をしっかり聞き、顧客の立場に立ってよいサービスを心がければ評価されるだろう。
といったもの。

さて、ここで私は気になりました。
接客サービスの矢面にいるのは果たして正社員だろうか? ということです。
電気製品についてのアフターサービスの窓口はコールセンターと呼ばれ、その対顧客の最前線たるスタッフは契約社員とか派遣社員といった非正社員です。
電気工事で実際に各家庭まで出向くのはこれまた派遣社員です。
老舗と呼ばれるようなお店でも店員はアルバイトであったり、派遣社員であったりです。
こういった、対人サービスの最前線にいる人たちは、非正社員であることが結構多いでしょう。
非正社員にとって、「評価され」「出世する」というのは何でしょうか?
「カリスマ店員」とまで言われるようになれば待遇だって変わるかもしれません。しかし正社員とは比べ物にならない低賃金で、評価などされようも無い、というのが現実です。
評価されないのに、顧客が満足し、再び店に足を運んでくれるようなサービスをして何になるというのでしょうか?

今までは、正社員としての店員であり、店の評判がよくなれば売り上げが上がり、自分の評価が上がり、出世する、ということが期待できました。そういったモチベーションがあるため、サービス料として店に直接支払っていて問題ありませんでした。

これからはどうでしょう?

サービス料は店の収入になるでしょうけど、それは直接サービスしてくれた店員さんに還元しません。

ではどうするべきか?

そこでチップ文化です。
チップは対人のサービスをしてくれた店員さんに直接報酬を与えることが出来ます。
今の日本では同一労働同一報酬が実現されていません。
店員さんに対する対人サービスの報酬は、チップによって顧客足る私たちが直接サービスの評価をすることで店員さんのモチベーションが上がるようになります。

チップ文化は「サービス料」として一律に店に支払う方法により日本では廃れましたが、これから非正社員による対人サービスが多くなってくる場合、チップによるサービス評価のほうが公正ではないかと思います。

また、それを下支えするような仕組みが必要になるのではないかと思われます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




去年のリーマンショック以来、就職氷河期となっています。
約20年前のバブル崩壊後と同じように就職先が決まらず年を越すような大学4年生が多くなりそうです。
バブル後の時には無かったと思うのですが、今年は就職の決まらない大学生が活動を起こしました。

就活に不満、学生がデモ 札幌中心部で

人数的には少ないのですが、こうして社会にアピールするというのはいいことです。日本の就職の異常さというところで、新卒偏重があります。新卒の大学生は本当なら卒業のために卒業論文に力をいれ、実験や書類整理で忙しいはずです。ところが新卒偏重のため、卒業論文に割ける時間が減り、大学での勉強の意味が半減しています。
理想的にはいつでも就職活動して、新卒も中途も同じようにしてもらいたいです。
大学4年生は、第一に卒業研究と論文作成であり、卒業が決まってから就職活動に勤しめるような社会になるべきです。

このデモが何を目的としているのかは良く分からない部分もありますが、今の日本の情勢が非常に悪いのは間違いないのですから、当事者たる4年生が活動を起こしたことはいいことでしょう。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




事業仕分けとか政府のデフレ発表とか、株価の低迷とか、不景気な話が多いと思うこのごろですが、面白い視点でコラムを書いているChikirinさんのブログ。

国より先に潰れるもの

国が潰れる、と言うのはどういうことなのでしょうか?
財政破綻した夕張市にしても夕張市はのこっています。潰れているというのが夕張市そのものがなくなることであるなら、まだ夕張市は破綻していません。
財政的には地方財政再建促進特別措置法を使い、再建しようと活動しています。
夕張市と言う土地は残っているし、そこに住民がいる以上、そこにコミュニティは残り続けるでしょう。夕張市が他の市に統合されるということはあるかもしれませんが。

それでは国家としてはどうでしょう。国家とは何かというと次の条件を満たすものといえます。つまり、
1.土地
2.国民
3.政府
4.外交窓口

日本が本当に潰れるとするなら、そこは別の国家が取って代わることになります。
日本史や世界史を見れば分かるように、国家においても発生と消滅があります。今の日本は徳川幕府が大政奉還し、天皇に政権が移り、明治政府が樹立して成立しました。上記でいうなら政府と外交窓口が変化したというものです。その後、第2次世界大戦で敗北して、新しく憲法を制定し政府が作りかえられました。そう考えると、日本は国家成立からたかだか65年です。国際的に見ても、それまでは「大日本帝国」であり、「日本国」に変わったのは1946年7月6日です。
財政にしても、国内で流通している通貨は政府が発行している単なる紙切れと金属の塊にすぎません。それらは政府の信用により、通貨として流通できているものです。流通している貨幣の製造年を見ると、すべて昭和20年より新しいです。10円玉なら昭和26年が最古ですし。それ以前の貨幣は通貨としては流通せず、古銭として収集家の間での取引となります。
日本の財政が悪いといっても、お金の話であれば、政府はまずデノミを行うとか貨幣の切り替え(円を廃止し、新しい貨幣を発行する。さらに円立ての借金は無効とするなど)を行うなどで再建を図るでしょう。

財政の悪化とともに表れるのが治安の悪化です。

本当に日本が潰れるとしたら、そこに至る道筋の中には内戦状態というのがあるでしょう。日本が潰れるならその後の政府を樹立してやろう、という人たちが出てきておかしくありません。あるいは日本の中に独立国家のようなグループを作り、政府をやっつけてしまう、ということも。

日本の中に新たな独立国家を作る、というのは荒唐無稽ですが、考えると面白いかもしれませんね。

歴史を見れば、数十年とか百数十年で国家がなくなることはよくあることです。国家があろうが無かろうが、そこに土地があり、人が住んでいることはなくならないのですから。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ギガジンさんの記事ですけど、

水の中なのに川があるユカタン半島の幻想的な水中洞窟

ロシア語ナノで意味が分かりませんが写真はとにかくきれいです。
私はダイビングの資格がありませんが、こういう写真を見るとダイビングの資格をとって、一度行って見たい、と思います。

水の中に川がある、というのは密度の違いですね。水が澄んでいるのも循環が無く、不純物が底にたまって上澄みだけになっているからじゃないかと思います。

密度が違うために色が違ってみてるのは、海流などでも分かります。ナイル川は白ナイルと青ナイルがあって、合流地点では境界が分かると言いますね。

私も喜望峰にいったとき、インド洋側と大西洋側で色合いが違っていたのを見て感動したものです。

物理的な特性は別にしても、この写真はすばらしい。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




グレゴリオ聖歌選集

サンパウロ

このアイテムの詳細を見る


先日、久しぶりに古本屋に入って物色していたら、この本を見つけました。グレゴリア聖歌は楽譜が残っていますが、今の楽譜と違って、4線です。ネウマ譜と呼ばれるこの時代の楽譜は、ファクシミリ版が残っていますが、いかんせん、高価です。数年前からグレゴリオ聖歌が見直され、歌いたいとか思ってもなかなか入手しかねるものでした。本書はそういった状況を改善し、素人声楽愛好家にとっての福音となるものです。
本書ではネウマ譜の読み方、ラテン語の読み方の指南もしており、さらには良く歌われる15曲のCDまで付いてきます。これが古本屋で見つかる、と言うのは僥倖でした。
編者の十枝正子氏は、エリザベト音楽大学の教授であり、同大学の有志による聖歌隊を指揮しています。
グレゴリオ聖歌だと男声のイメージが強いですが、当然ながら修道院でも歌われていたはずで、そこでは女声によって聖歌が歌われていたことでしょう。
本CDの演奏も素晴らしいものです。楽譜とともにCDを聞けばどう発音するのか、楽譜の読み方はどうするのかといった事のいい勉強になります。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ナショナルジオグラフィックは美しい写真が「売り」ですが、その中身は少々表現が大げさに過ぎます。しかしその記事の中には気になる事実が含まれています。

木星の衛星エウロパに魚が生息?

地球外での有機化学反応を行うような生命体の確認もまだ出来ていないのに、脊椎動物というかなり高等な生物の存在を口に出すのはまさに大言壮語と言う感じです。しかし、エウロパは氷の世界であり、厚い氷の下に、海があり、大量の水が存在することは確実です。

しかしエウロパの調査はまだまだ足りない状況ですから、監査衛星を送り込んで、エウロパの調査を続ける必要があるでしょう。さらに、地球の深海の調査が必要です。エウロパの海は太陽光の届かない地球の深海と似たような状況だろうと思われるからです。
特に、南極のボストーク湖はエウロパの環境に近いと考えられます。
エウロパの氷の下に広大な海があるとしても、直接そこに観測機を送り込むことはまだまだ技術が無いでしょう。それよりも先に、ボストーク湖を探索する方が実りが多い。

エウロパのような氷の衛星や惑星というのはごくありふれたものだと思います。
ただし、液体の水となると表面ではなく、地下深くということになるでしょう。

海洋探査については日本は世界のリーダーですから、深海調査をどんどん進めてもらいたいですね。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




初期の売れ行きが快調といわれているWindows7ですが、私もアップグレードしてWindows7 Home Premiumにしました。夜中にDVDを入れてアップグレードを開始してそのまま放っておき、朝に確認してプロダクトキーを入力したら再起動し、自分のログインパスワードを入れたらおしまい。
簡単でした。

まだ使い始めたばっかりですが、IE8は速く感じますね。段階的に表示じゃなく、ぱっ、と表示するせいかもしれませんが。

あと、新しいゲームも増えています。Vistaではロシアンスクエアが面白かったですけど今回は何が面白いでしょうか。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先日、NASAは探査機を月面に落として、衝突により吹き上がる塵や石やその他のものものを光の反射によって成分を分析する実験を行いましたが、その結果のニュースです。

NASA、衝突実験で確認 月に水存在

日が当たる場所は非常に熱くなるので水は蒸発しますが、クレータの中の日の当たらない場所では氷が残っていることがわかったのです。

私は、化合物として存在するのかな、と思っていましたが、今回の実験結果で氷が存在すること、しかも結構大量に存在していることが分かりました。

これで月面基地を作るときに、月面上で燃料を供給できる見込みが出来ました。
すばらしいことです。

これで新しく月面基地SF小説が作られるかな。期待して待ってようっと。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




12月4日に、AHソフトウェアから発売ということです。

今まではインターネット社とクリプトン社が出していましたが、新しい販売会社が入ってきました。しかも3キャラ同時です。

ボカロ先生 氷山キヨテル

ボカロ小学生 歌愛ユキ

SF-A2 開発コード miki

キヨテルはキャラ設定として日曜日にロックバンドをしているそうですが、名前は演歌を歌わせたくなる名前ですね。得意音域はC2-G3と狭いし、男性の低音としてはもう少ししたまで得意になって欲しいとこです(F1が欲しい)。
とはいえ、声楽であればバスはE2が最低音というのが普通なので、これはこれで使い勝手はいいかもしれません。しかしミキの得意音域がE2-G4と言う広い領域で、しかも低音がE2と言うのは魅力的です。私の持っているルカは得意音域がD3-D5ですが、それよりオクターブ近く低音が広いです。小学生のユキちゃんは童謡を歌わせたらよさそうです。

AHソフトウェアは同時に、読み上げソフトも発売するようです。
VOICEROID 月読アイ
VOICEROID 月読ショウタ

読み上げソフトはマイクロソフトから出ていて、英語は結構自然ですが、日本語はイントネーションがちょっと聞き辛い(ロボ声ですね)です。
サンプルを聞いてみましたが、無調整でこれはなかなか聞きやすいです。キャラが押さないので今後の展開が気になりますが・・・。
ちまたの「ゆっくりしていってね!」のキャラのしゃべりに似てるようですが・・・
しばらくしたら、このアイちゃんの声で歌わせるのが出てきそうです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




このところ、最寄の駅から家までの道の途中、道路工事をしています。

何のための工事か良く分かりません。

良く、3月には道路工事が増えると言ったことを聞きますが、道路工事はどうやって決めてるんでしょうか。無駄な工事が多いと思いますけど。

道路工事のうち、計画的な補修工事があると思うのですが、その計画というのがどうやって決めているのか、ということです。地下工事とか穴が空いてしまったなどの理由なら分かりますが、別に穴も空いていないし、また電話線を地下に埋めるとかの理由も無いのに、年度計画である区間を補修工事しよう、と言うのがあって、それにしたがって補修工事をしているのではないでしょうか。

今の日本で、計画的な補修工事は必要ないのではないでしょうか。
あるいは予算を立てても、補修予定次期直前に、道路調査をして補修が必要かどうかを判断し、緊急性が無ければ補修工事は中止する、という無駄な予算を使わないようにすることが必要でしょう。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ