思いつき日記
思ったことをかいてみよ
 



テニス=全米オープン男子、錦織が強豪フェレル破って4回戦へ(トムソンロイター) - goo ニュース

錦織選手は、テニス留学してそのままプロになった。ウィキペディアでは通信高校に在学中ということらしい。日本のテニス史に残る名プレイヤーになるだろうけど、スポーツだけでなく学業にも励んでもらいたい。なんといってもテニスは紳士のスポーツですから。
松岡修三が彼をグランドスラムの可能性がある、と言わしめた実力がだんだんと身になっているようです。怪我が心配ですが。
テニスプレイヤーはまだまだヨーロッパやアメリカが優勢で、アジア人のプレイヤーではなかなか上位に食い込む人は少ないようです。
これから20台にかけて、どんどん強くなるでしょうから、ニュースで取り上げることも増えるでしょう。
グランドスラムは難しくても、キャリア・グランドスラムは実現性が高いんじゃないかな。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




残業とは、通常1日の就業時間である8時間を越した時間を働くことで、残業したら雇用主は残業代を支払わなければならない。
通常の残業代は25%増しだけど、それ以外にも条件がそろうと割増率がある。
ここを参考にすると、
深夜労働   25%
休日労働   35%
休日+時間外 35%
時間外+深夜 50%
休日+深夜  60%
以上の割り増し賃金を支払わなければならない。
来年からはさらに割り増しのパターンが増えそうだ。
<賃金割増率>50%に 月60時間超の時間外労働

月60時間超の時間外労働をする人って、休日出勤もするし、休日の深夜をやったりすることもあるだろう。そうすると上の60%に加えて、50%の割り増しで110%の割り増しになるのだろう。
雇用主(および監督者)が従業員にこんな量の仕事をさせてはいけませんね。

今でもきちんと残業代を支払わない企業もあるようなので、こういう法律を作ることも大事ですが、労働基準法を守らない企業を監督する労働基準監督署の強化を重視して欲しいです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




gooのブログは、無料でもできますが、有料にすると、使用できるサービスが増えます。アクセス解析とか、記事のバックアップとか。
アフィリエイトでちまちまですが収入になりそうなので、gooの有料サービス(ブログアドバンス)にしました。
それで分かったのは、「自分銀行」について書いた記事
自分銀行ってやばくない?
の閲覧者数が多いこと。書いて1ヶ月たっているけど、まだまだじぶん銀行さんは勧誘営業しているようですね。
0120995090 の電話番号からかかってくるのはじぶん銀行の勧誘ですよ。

検索でたどり着いた、というコメントも頂いています。私も検索してみたらそれなりに上位に私のブログがあるようです。
実際に電話に出てはいないけど、じぶん銀行らしい、という記事がトップなのですが、私の場合、
とりました。自分でこの番号にもかけました。
この番号(0120-995-090)はauじぶん銀行の勧誘です。
じぶん銀行は、この電話番号で電話していることを公表するべきです。
やっていること(電話のなかで、「090-****-****の電話でよろしいでしょうか?」と聞くのは怪しすぎです。この番号が本当にじぶん銀行なのかどうか受け取った側は判断できません。)は、悪徳業者の勧誘とかわらないです。
誠実な会社であるなら、「この番号(電話番号リスト)でauキャリアのお客様に電話をおかけすることがございます。」というのはトップページに記述するべきでしょう。




コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




携帯で名著読み放題 ソフトバンク「タダ本」サービス(朝日新聞) - goo ニュース

著作権の切れた小説を有志の方が電子ファイルに落とし、ネットからダウンロードして読むことができるサービスがある。青空文庫だ。
私は携帯電話から電子書籍パピレスの携帯サイトから無料ダウンロード可能な小説を取り込んで電車内などで読んでいる。携帯で読むにはビューワを使う必要があるが、使い勝手はなかなか良い。
蔵書数も約2000とあったから、同じサービスじゃないかな。
ニュース記事の中からリンクをたどり、ソフトバンクの広報のページを読むと、

ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、社長:孫 正義)は、2008年9月1日(月)より、電子書籍を情報料無料※で楽しめる「タダ本」の提供を開始します。

「タダ本」は、電子書籍販売サイトを運営する株式会社パピレス(本社:東京都豊島区、社長:天谷 幹夫)との業務提携により実現した、電子書籍のポータルサイトです。夏目 漱石や宮沢 賢治など2,000作品以上の名作や投稿小説、また、各電子書籍販売サイト運営会社が提供する有料電子書籍のサンプル版を、それぞれ情報料無料※でお楽しみいただけます。

とあるから、同じサービスですね。わざわざ月額315円を支払わなくても直接パピレスに行って、ビューワをダウンロードし、読みたい無料の小説をダウンロードすれば読めるんじゃないでしょうか。私の携帯はauだからソフトバンクの携帯のことは分かりませんが、ソフトバンク携帯の人はパピレスのサービスに直接行ってみてはいかが?

- 広告 -
 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




日本は地震大国であるから、あまり高いビルを建築できなかった。バブルの頃からか建築技術が上がったので高いビルもできるようになった。しかし世界をみると高いビルは本当に高い。
森ビル「上海ヒルズ」お披露目 高さ492メートル、中国一
六本木ヒルズとか横浜ランドマークタワーは高いけど、300メートルに届かない。

このニュースの上海ヒルズは500メートル弱で、ヒル(丘)というより山に近い。
これも十分高いけど、今建築中のドバイにあるブルジュ・ドバイはさらにすごい。
予定では818メートルの高さになるらしい。
そのブルジュ・ドバイから写した写真と記事がgigazineにある。

ここも。
YouTubeには動画もある。


この高さだと、本当に山。山より勾配が急なので条件が違うけど、まさに雲を突く高さ。 観光に行きたくなるなぁ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「治安悪化の認識甘かった」=ペシャワール会の中村代表-タイ

昨日の夜は、アフガニスタンで拉致された伊藤和也さんが開放された、という間違った情報が流れたが、現実は最悪の結果になってしまった。
伊藤さんが参加していたNGOのペシャワール会は政府の援助を受けず、現地で非常に良い関係を築いていた。

治安が悪い、といっても結局は人と人であり、現地でよい関係を築いている場合、一般の旅行者と違って、治安は相対的に悪くはなくなる。

ところがそういった認識もアフガニスタンでは甘かったようだ。ペシャワール会の中村代表の発言として記事では
「犯人が村人に追われて逃げる途中、(伊藤さんは)撃たれて死亡したようだ。単なる強盗、身代金目当てで、政治的なものではないと思う。われわれの治安悪化に対する認識が甘かった。伊藤君をここまで(現地に)滞在させたわたしが悪い」
としている。
 実際、中村氏の発言どおり、身代金目当ての犯行だと思う。村の人々には伊藤さんを襲う必要もなく、むしろ伊藤さんを守る方だ。
今回の犯罪者は村と関係ないか、村から離れている山賊の類であろう。
山賊であっても、襲う外国人は金持ちの外国人であるのが普通だ。それでも伊藤さんを襲った、ということは非常に治安が悪化している。外国人だけでなく、現地の人も襲われるような治安の悪さだ。

テレビのニュース(報道ステーション)で中村氏は「伊藤さんの意思を受け継ぎ、プロジェクトは続ける」と発言していたが、それも危うい状況になったといえる。

しかし現地での援助活動が治安の維持の一助になっているはずで(生活が安定すると治安がよくなる)、できればプロジェクトは続けて欲しい。

責任のある発言はできないので、単なる希望でしかないが。
伊藤さんにはつつしんで哀悼の意を表します。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




日本一売れている経済誌、週刊ダイヤモンドを出しているダイヤモンド社が運営しているダイヤモンド・オンラインの記事。

資源の宝庫 アフリカ争奪戦

8月2日に始まったシリーズものだけど、ちょっと期待してみようかな。
8月26日の今日は

米TIME誌も「世界一クール」と絶賛!
アフリカで売れまくる住友化学の“蚊帳”


私がザンビアで生活しているときも、蚊帳には世話になった。10年も前なので、この記事で書かれているような住友化学製かどうかは分からないけど。
日本の企業もアフリカで事業をはじめて欲しい。できれば参加したいとも思う。
この住友化学の理念がいい。

住友化学では、蚊帳事業はもっぱら「社会貢献が目的」(米倉弘昌社長)と考えている。~略~ 住友化学では「いったん上がった利益は学校建設などの形で、再度地域に還元することにしている」(米倉社長)という。

NHKスペシャルで、インドの現地法人「ヒンドゥスタン・ユニリーバ」社の社員が「ユニリーバのせっけんを使いましょう」といっていたのとは違うようだ。

- 広告 -




コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




企業の就業規則によくある項目が、副業を認めない、というのがある。
ただし、労働基準法からいうと、副業は認められるし、判例として副業を理由に解雇された従業員が訴訟を起こしたものがあり、勝訴している。この間読んだ「どこまでやったらクビになるか」のなかでも副業についての章があり、その業務に支障がなければ副業を理由にクビにはできないことが書かれている。
今日気になったニュースは、これ。
「昼は市役所勤務、夜は清掃アルバイト」市川市職員を処分
市川市の職員が、退社後あるいは土日にアルバイトをして年間100万に達するような金額の副収入を得ていたもの。生活費用に少しでも収入を増やしたかったと41歳の主任は語っているらしい。
記事によると、この主任は欠勤もなく、市職員として問題なく就業していたらしい。
先の労働基準法に当てはまるならば、何も問題がないようだが、残念ながら公務員には当てはまらない。公務員には公務員法があって、無断での副業を禁止している。感情的には副業してもいいじゃないか、と思うけど、無断で、というのがダメ。しかし上司の許可があれば公務員でも副業できる。生活が苦しくて副業したい、ということならば上司も認めるだろうと思う。
言及10分の1を6ヶ月ということだから半年はちょっと生活が苦しいだろうけど、副業を認めてもらって、公務員の仕事も清掃業も頑張ってもらいたい。
または他のより収入のいい仕事に転職するかかなぁ。

- 広告 -




最新機種を格安で購入するなら!【ダイワンテレコム】



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「娘がシートベルトを嫌がるので付けずにいたら飛行機から降ろされた。日本は知的障害への理解が足りない」…障害者支援施設長 障害者に対する理解が不足しているのは確かにそうだろうと思うが、この見解は違うと思う。
以下、毎日JPからの引用


 --知的障害のある人を取り巻く環境は変わりましたか。

 ◆まだまだ厳しいです。先日、羽田空港から飛行機に乗った時、娘がシートベルトを付けるのを嫌がりました。私が上から抑えていたので問題はないと思うのですが、しっかり締めずに声を出していたこともあってか「シートベルトをしていない人を乗せることはできない」と、降ろされました。別の便に乗って帰りました。

こういう発言が出るのは、それだけ飛行機の安全性を信頼しているからといえるが、エアポケットにはいったりすると、一気に百メートル以上落下することもある。シートベルトをつけていなかった乗客が天井に頭をぶつけて怪我をした、というのもある。飛行機の最も危ない上昇と下降のときにシートベルトを締めないのは非常に危ないのだ。そこでシートベルトを締めない乗客がいると、機長は他の乗客の安全のため、シートベルトを締めない乗客を降りてもらうようにすることもある。それは障害者かどうか、というのとは関係ない。このことが分からなかったのだろうか。
 もしかすると、障害者支援をしている人たちは、障害者の立場としてのものの見方しかできなくなっているのかもしれない。一部の人だとは思うけど。でもその一部の人が障害者支援施設の施設長をしているというのは、どうしたものか。施設長ともなると体外的な折衝が必要な地位にいるだろうから、健常者の視点を理解しつつ、どうやって障害者の利便性を向上させるか、という視点で活動しないと、なかなか前に進まないと思う。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ネットカフェ難民に生活費、職業訓練条件に月15万円融資へ(読売新聞) - goo ニュース

ネットカフェ難民と言っているが、実質は住所不定の低収入の人たちである。に対して、職業訓練を受けさせ、その間の生活支援として月額15万円を貸し付ける、というもの。年収150万以下だと返済免除ということなので、実質的には全額免除になるだろう。
このネットカフェ難民は路上生活者と違って自立支援のための特別措置法の対象外になっていて、対策が求められていた、という。

この職業訓練は最長6ヶ月、というから、一人当たり90万円が支給されるわけだ。最低3ヶ月だから45万。平均すると70万ぐらいか。厚労省では数百人の利用を想定しているそうで、予算としては約1億円。

職業訓練を卒業したとして就職できるか、というと疑問がのこるが、就職のチャンスになることは確かだろう。もし10%でもうまく就職できるのなら1億は全然高くない。公共職業訓練の就職率は10%どころか50%を越しているようです。
ここを参照しました。

一部のブログでは、我々の税金をどぶに捨てるようなものだ、的な発言がありますが、私は賛成。こういう手法も必要で、構造的な変革をするよりも即効性があり、今、補助が必要な人に対しては有効だと思う。効率もいいだろう。

当然だけど、仕事をしていても生活保護と同程度や生活保護以下の生活になっているようなワーキングプアの問題についても対策をしなければいけない。
ただこちらは構造的な問題なので、非常にたくさんの予算が必要で、数百億とか兆にいくようなもの。同列に論じてはいけない。

手取り13万でこの支給額より低いぞ、不公平だ、というような発言もあるようだけど、家がなく、社会保険もないネットカフ難民の人たちが社会復帰するためには、一時的に住居と生活の心配がなくなるような「ため」が必要なので、不公平と感じられてもこの金額は必要なことでしょう。
同じ人には1年に1回だけとか、1度受給したら、2回目以降は条件が厳しくなるような条件は必要だとは思うけど、そんなに酷い政策ではないと思う。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ