思いつき日記
思ったことをかいてみよ
 



私の家では、インターネットへの接続をCATVで行っている。
ケーブルテレビからルータ経由で家にあるそれぞれのPCに接続する。
セキュリティを高めるため、特定のポートだけを開けて、特殊なポート経由では接続できなくなっている。
この設定をしたのが先月で、その後、ネットワークゲームができなくなった。
なんでもサーバに繋がらない、というようなメッセージ。サイトには繋がっているので、JAVAの設定か、クッキーか、履歴か、といろいろ試すが全くダメで、ゲームサイトのFAQを見ても分からない。質問してもクッキーとか履歴のクリアとかJAVAの設定とか既に行ったことを回答された。
ふとしたところから、ルータを使っているとゲームができない、という情報があり、ゲームサイトに直接、どこかポートを使っているのか聞いて、そのポートを開放したらやっとゲームができるようになった。
開いたポート番号が悪意あるクラッカーにばれると、攻撃をうけるので、ゲームサイトとしてはどのポートを使っているか、というのは公開しないのであろう。
とはいえ、ゲームサイトのサービスであるゲームができなくなるのだから、FAQなどで知らせるべきかと思う。
公開はしないが、ゲームができない場合のよくある理由(履歴の問題とか)ではない場合には、直接、サポートセンターへメールするように、との記述ぐらいをして欲しい。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「ブロードキャスター」9月末で打ち切り(日刊スポーツ) - goo ニュース

昨日もブロードキャスターを見た。そのときにブロードキャスターが9月でおしまい、という情報もネットに流れていたが、goo!のトレンドランキングに入るぐらいに皆さんの興味があることだったらしい。

私も土曜日の夜にブロードキャスターはよく見ているが、ブロードキャスターが良い、というわけではなくて、ニュース番組が見当たらなかっただけ。
終了の原因が司会の福留さんのギャラが高すぎる、ということらしいけど、実際のところ、どれだけなんだろう? 番組制作費の中でどれだけの割合を出演料につかっているのか?

後番組はバラエティを軸に考えているみたいだけど、それでいいのかねぇ。
バラエティという枠でニュース報道をするようなことになるのかも。
ニュースだと「やらせ」は弾劾されるが、バラエティなら「やらせ」の許容範囲がひろがりそうだから、作るほうはやりやすいかも。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




原油高でイカ釣り漁船が出港していない。
今、テレビ(ブロードキャスター)で魚についてやっていた。
近海の魚を食べなくなって、マグロや鮭などの取り扱いやすい魚に消費傾向が写っているとか。
野菜もそうだけど、遠洋漁業の魚は冷凍して日本に来るので、季節感がない。
旬を感じるのは花だけになるのだろうか。

食で季節を感じることは大事な感受性だと思うんだが。

生シラス食べたい・・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




女優でLOHASに凝っている高樹沙耶がボランティアを募集した。
なんでも、オープンするカフェの建物の建築の一部部分のお手伝いだそうだ。
女優の高樹沙耶(44)が、千葉県南房総市にカフェ「風流」をオープンさせると自身のブログで報告し、同時にカフェに使用する建物の“わら積みと土塗り”の作業ボランティアを募集している。
http://news.ameba.jp/weblog/2008/06/15064.html

■場 所: 千葉県南房総市白浜町

■交 通: JR内房線館山駅よりバス25分
      館山道富浦インターから車で約30分

■日 程: 2008年 7月5日(土)~ 7月26日(土)
      *参加人数、作業能率、天候次第で上記日程が
短縮されたり、延長されたりする可能性があります。

■費 用: 交通費・宿泊などの経費は、大変恐縮ですが
自己負担でお願いいたします。
       昼食のみ、こちらで用意させていただきます。
       近辺には宿泊施設があります。
       また、テントを張れる敷地があります。

■服 装: 動きやすく汚れても構わない服装でお願いします。
http://ameblo.jp/smile-saya/entry-10109207478.html

これを受けて、ブログが炎上した。
曰く、ただ働きを募集するとは何事だ、何様のつもりだ、ということ。

まぁ、この告示ではそうとられても仕方ない。
なんでも、特殊な工法を使うそうで、環境にやさしい作りかただから、経験したい人や興味のある人に来てもらって、勉強して欲しい、というのがもとの募集理由らしい。ただ働き労働者が欲しい、というのも大きな理由かもしれないですが。

文章は難しいですね。私もこの告知ではなんとも自分勝手な物言いだ、と思ったものです。ボランティアというものは自発的な行動ですから、ただ働きとは違うのですが(ボランティアの本意からいうと、金銭をもらっても自発的ならボランティアです)、この行動が営利業務(カフェ経営)のためになっているので、巷の怒りをかったのでしょう。

LOHASを実践している(美人)女優として、テレビ的には使われているひとだから、この件(カフェのオープン)についてもテレビ番組化するかもね。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




日雇い派遣のグッドウィルが廃業を正式発表した。

グッドウィル、4千人解雇へ 廃業を正式発表

日雇い派遣で何とか生活している人たちがどうなるか、2009年問題もあるので、このあたりでなにかしらの大規模な抗議行動が出てくるような気がする。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




火星に氷「やっぱりあった」 NASAなど、写真分析で

火星探査機フェニックスは火星の極地方で火星地表の分析活動をしているが、今回の発見は今後の開発に弾みをつけそうだ。
フェニックスからの写真で、白く光る塊が消えたので、蒸発したものだと思われる。記事ではドライアイスの可能性はない、としているが、気圧とか気温とかによってはドライアイスの可能性も捨ててはいけないと思うんだけど。
それでも氷の可能性は高いだろう。有機体の発見もあるんじゃないかと期待が膨らむ。
まぁ、火星の火山活動が全くなくなってしまったのか、まだ内部に活動するマグマを保有する火山が残っているのかの調査が必要だろうなあ。オリンポス山も240万年ほど前に噴火した形跡があるそうだから、内部ではまだ活動中かもしれない。
活動していると熱源となるから、いろいろな化学反応があるだろう。
生物ももちろん興味があるが、鉱物としても面白いものがあるんじゃないだろうか。
次の火星探査計画は、火山近くを調査して欲しい。

6/24 追加
火星でドライアイスはありふれているため(特に極地方では)、私と同じ疑問はみんな持っている。そういった質問に対して答えがあった。
「火星で氷を発見」:読者の様々な疑問とその回答

ドライアイスではなさそうです。ますます氷の可能性が大きいです。
氷だとすると、固体の水が火星では結構ありふれたものなのでしょう。
残念なのはそれが昇華であろう、ということ。つまりドライアイスが固体から液体を経ず直接気体になるように、氷も水の状態を経ずに水蒸気になってしまったであろう、ということ。
十分な圧力がある地下のそれなりの深さでないと、液体の水としては存在していない可能性が高そう。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




マンガ制作は家内制手工業である。
家内制手工業はウィキペディアによると温存されている例として、伝統工芸品を扱う産業がでている。
いうなれば、機械化できないもの、人の手によってしか創られないものは、家内制手工業として残っている。マンガもそういったものだ。

雷句誠氏の小学館訴訟問題で表に出てきた出版社とマンガ家との関係の問題は、やはり中間にエージェントなり事務所なりのワンクッション置くことが必要なのかなぁ、とたけくまメモを読んで思う。

たけくまメモからのリンクで、マンガ界にエージェント制は馴染むのか?
というBLOGがあり、なるほどなぁと思うのが、「組合」だ。
日本の組合は企業内組合が多かったが、職業別組合がもっと作られていいはずで、マンガ家のための組合もあって良い。
アメリカでは職業別組合が広まっているようだが、日本ではまだまだのようだ。

マンガ家のための組合は、マンガ家だけではなく、コンテンツ作成関連の人たちを擁するものになればいいのではないか?と思う。

今後マンガは紙媒体への出版だけではなく、インターネットのコンテンツとしても配信されていく。いくつかのマンガは既にインターネットのサイトのコンテンツの一部として連載されているではないか。
インターネットというメディアを考えると、ビジネスモデルからの考え方の転換が必要になると思う。
基本的にインターネット上のコンテンツは無料(広告収入によるビジネスモデルで、視聴者は広告をみることでコンテンツを見ることが可能になる)だが、気に入ったコンテンツ製作者(=マンガ家含む)への投資を行うようにすればいい。
人気コンテンツの製作者は非公開のページがあり、有料で視聴可能にするとか。
こうしたコンテンツの作成と、ネットで公開する仕組みをつくることで、各視聴者とコンテンツ提供サイトとコンテンツ製作者の間を取り持つ仕事が発生し、エージェントが活躍できるのではないか?

マンガ市場は衰退しているらしい。
現状の市場規模ではエージェントの活躍は難しいのだろう、しかしマンガ提供の市場を開拓することで解決するのではないか?




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




毎日新聞英語版の記事が批判を浴びている。
それは「変態ニュース」であって、日本の恥部を海外に晒しているからである。
記事そのものを見たわけではないのだが、次のサイトでいろいろ説明がある。

毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる まとめ@wiki

痛いニュース
「日本の母親、息子の勉強前に性処理」「日本の女子高生、食物でセックス依存症に」…毎日新聞、“変態ニュース”を5年に渡り世界発信→批判受け削除

毎日新聞英語版サイト 「変態ニュース」を世界発信

はじめ、ハックされて変態ニュースが表示されるようになったのかと思ったら、本当に毎日新聞が配信していたのね。それも5年間。
これこそ唖然とする。という表現がふさわしい。

しかし、記事自体は公開されてしまったのだから、すべての記事に対して、裏づけを取って「捏造でした」との配信をするべきでは。
多分、記者も編集部もタブロイドのような位置づけの記事だという認識だったのではないか?
しかし毎日新聞は業界大手の真面目な(?)新聞社のはずで、このようなゴシップ記事を世界に向けて配信するのは会社の信用を貶める。
しかも記事は「日本人は~」という日本人イメージをも貶める。

ここしばらくはこのニュースがネットを賑わすだろうなぁ。





コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




私のFC2ブログのほうで書評を書いた。
FC2のほうが書評にはいいかな。
gooでも有料サービスにしたら変わるだろうけど、FC2は無料。ブログパーツでいろいろできるしね。
gooの無料ブログパーツでは制限があるから。

自分で買った本についての感想なので、献本ではありません。

だいたい、献本された本に対して書評などできるのか疑問だ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日はトラヴェルソのレッスンに行ってきた。
仕事帰りに寄ったため、いつも見ている報道ステーションは見られずじまい。
まぁ、そんなに見たくて見ているものでもないけど。

レッスンは8月のYourStage(島村楽器ミュージックサロン・ミュージックスクールのメンバーによる発表会。サントリーホール中ホールで行う)に向けてのもの。
この間の発表ではその一部を演奏したが、ほかのヴァリエーションもあるので、それを含めてレッスンしていただいた。
いつものレッスンで言われていて耳が痛いのと先生に申し訳ないのだけど、レッスン中に言われたこと(タンギングをはっきりとか、息のもれる音を無くせ、とか)がその場ではまぁまぁよくなるのだけど、それがなかなか身につかない。
身につかないから何度も先生に言わせてしまう。反省。
特に気をつけないといけないのは音程と音質。
F#の音が低すぎ、Cの音が低い、D#の音が低い。
息漏れの低減。息を吹き込みすぎず、雑音を出さないようにする。

後は本番では暗譜を目指す。
楽譜があると安心とか、どこを見たらいいか、という問題が解決するけど、暗譜にしたほうが集中力が上がるんじゃないかな。
本番で緊張しすぎて失敗する可能性も上がるだろうから諸刃の剣かもしれないが、今まで楽譜があっても失敗しているし、同じだろう。

それに折角の舞台で譜面台しか目にしていないのも寂しいじゃないか。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ