My Favorite

信越線住民の好きなもの~フリッチャイ、鉄道・・・

群響521回定期

2016-09-18 22:27:51 | 演奏会
○ラヴェル クープランの墓
○サン・サーンス 交響曲第3番「オルガン付き」
○フォーレ レクイエム
 森麻季(S)、森雅史(B)、大友直人/群馬交響楽団・合唱団

3曲とも素晴らしい演奏でした。
オルガン付き交響曲、1楽章、2楽章の一部では、高い集中力を維持して統制の取れた素晴らしい演奏でした。一方、1楽章の2部では、優しい音楽に満ち溢れていました。
そして終楽章に相当する2楽章の2部、高い集中力に加え、壮大さも加わり、最後のティンパニの連打は、強烈でした。
レクイエムは、澄んだ、そして敬虔な演奏でした。
(群馬音楽センター)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日のEL碓氷 | トップ | 駅ねこ?!その310 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (バルビ)
2016-09-18 22:57:26
 とても良い公演でした。サンサーンスのオルガンの音は、本当は有名ホールの備え付けのオルガンのような、もっと壮大な音の方が良いのでしょうけれど、群響の演奏の佳さがそれをカバーしていたような感じさえ受けました。
 フォーレの清澄さにも打たれました。 
オルガン (信越線住民)
2016-09-19 19:54:29
確かにそのとおりですネ。
新しくできる「高崎芸術文センター」には、設置されるのでしょうか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む