My Favorite

信越線住民の好きなもの~フリッチャイ、鉄道・・・

今日聞いた曲

2016-09-19 21:18:12 | 他の音楽
ドヴォルジャーク 交響曲第7番 C.デイビス/ロンドン交響楽団 2001年3月(ライヴ)

ドヴォルジャークの7番については、私なりのこだわり、チェックポイントがいつくかあります。
1楽章の展開部、第2主題を弦が奏しているとき、ティンパニやトランペットがきざむリズムを強調しているか、同じく2楽章の中間の盛り上がるところでもティンパニなどのリズムの強調、そして終楽章の最初に盛り上がりでのトランペットのファンファーレ的な動機をくっきり強調すること。これらは私にとっては最低限の条件ですが、これを満たしている演奏は少ないのが実態です。
ロヴィツキ、コシュラー、ジュリーニ、ミュンフン、そして広上さんが群響定期を指揮したときの演奏といったところでしょうか?
そして、このデイビスの演奏も、これらを満たし、また演奏も素晴らしいと思います。テンポはジュリーニ/ロンドン・フィルの演奏に近いものがあるものの、内容的には、ジュリーニの演奏が気品あふれるものであったのに対し、デイビスの演奏は情熱的、ドラマッチックであると思います。
特に1楽章コーダでの緊迫感、終楽章コーダでの壮大さは圧巻です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 駅ねこ?!その310 | トップ | 駅ねこ?!その311 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む