靴づくり

2017-04-25 20:54:25 | 日記

靴づくり

今日は、靴の修理と並行して靴づくりを始めました。
オートペディシューテクニックにおいて、靴づくりは最も重要な技術の1つです。 

靴づくりは、まずはじめにフットプリントで足型を採り、足の寸法に近い木型を用意します。
木型を用意したら、始めに木型の底面にブランドソールをつけます。 

ブランドソールには、ベジタブル鞣しのレンデンバッハレザーを使用し、
足側をバフしてから水に濡らして型を作ります。
このときのバフは粗目で削るのではなく、とても細かくバフします。 

型はラストプレスにて行ない、型ができたらラストに合わせて形状を作っていきます。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グラインダーマシン練習 | トップ | 靴づくり1足目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。