釣り込み・先芯・ダブラー

2017-05-17 19:04:41 | 日記

釣り込み・先芯・ダブラー

先週から今週にかけて、靴製作については、釣り込み・先芯・ダブラーまで
行ない、同時に靴の修理は、ヒール修理からオールソール修理まで
すべての修理を練習しています。

理論では、靴の構造、材料、皮革の知識、デザイン、製法など、
そして足については、骨格、関節、筋、靭帯、腱について勉強をしています。

靴づくりですが、初めの靴はサボタイプなので、
カウンターが無いため簡単に釣り込むことができます。

先芯部分のみ、鹿のりと呼ばれるのりを使用して、先芯を強化します。
鹿のりは、においもほとんどなく、化学薬品を使用していない無害なのりなので、
使いやすく、好評です。

鹿のりとダブラー部分の特殊なのりを塗ったら、
アッパーを釣り込みます。

全員無事に釣り込みまで終わりました。
グラインダーとTINAナイフを使用して、底面を仕上げ、バフしていきます。


次回はウェルトをつけます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 靴づくり1足目 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。