身近な日常生活での新たな発見や出来事から、数々の国境を越えて
存在している私の愛する「人・場所・モノ・話題」などを紹介
Beyond Borders ~国境を越えて~



今日は、「Jean Nouvel」を書く気満々だったんですが。。。

「Jean Nouvel/ジャン・ヌーベル」と「Christian de Porzamparc/クリスティアン・ドゥ・ポルザンパルク 」を語る上では欠かせない「Paris Grand Projet」について知っておいて欲しい…と思い、「Paris Grand Projet」を紹介いたします。

写真は、この「Paris Grand Projet」を進め実現した「François Mitterrand/フランソワ・ミッテラン前々大統領」。

2人の建築紹介を書く前の序文が長すぎでスミマセン…。別に引っ張っている訳ではありません。


François Mitterrandは、「Paris Grand Projet/パリ超現代建築大改造プロジェクト」を推し進めた「建築大好き大統領」として知られていますネ。

この「Paris Grand Projet」の中の建築コンペを勝ち取り、実際に建築された事で世界的に名前が知れ渡ったのが、「Jean Nouvel」と「Christian de Porzamparc」なのです。

まず最初にこのミッテラン政権時代に行った「Paris Grand Projet」の建造物は、全部で9つ存在しています。
(ちゃんと調べてから投稿していない私は、ざっと6つしか浮かばないので、これまた悪しからず…)

私は、この計画が全て歴史的建造物との調和を考えられて造られている事にもとても共感しました。
(歴史的建造物との距離を図った計算式図面まで見ましたよ~)

まず、今後また紹介していく「Jean Nouvel」と「Christian de Porzamparc」の実現させた建築物から…。
(細かい説明は、各人の紹介の際に…)

1.Institut du monde Arabe/アラブ世界研究所
 1,rue des Fossès-Saint-Bernad 75005 Paris France
 Jean Nouvel + Achitecture Studio/ジャン・ヌーベル 設計
 ジャン。ヌーベルの名前を一躍全世界に知らしめた建築物(作品)



2.Parc de La Villette (Cité de la Musiqueを含む)/ラ・ヴィレット公園都市(音楽都市を含む)

 Cité de la Musique/音楽都市(ラ・ヴィレット公園都市内)
 21,Av.Jean Jaurès 75019 Paris
 Christian de Porzamparc/クリスティアン・ドゥ・ポルザンパルク 設計
 私も大好きな「シテ・ドゥ・ラ・ミュージック」

 Cité de la Sciences et de l'Industrie/科学産業都市(ラ・ヴィレット公園都市内)
 30,Av.Corentin-Cariou 75019 Paris
 Adrien Fainsilber/アドリアン・ファンシルベール 設計

 Parc de La Villette/ラ・ヴィレット公園(外構部分)
 211, Av.Jean-Jaures et 30, Av.Corentin-Cariou 75019 Paris
 Bernard Tschumi/ベルナール・チュミ 設計
  


3.Pyramide de la Musées du Louvre/ルーブル美術館ガラスのピラミッド
 Cour Napoléon 75001 Paris
 I.M.Pei/I.M.ペイ 設計
 
 
 ←逆ピラミッド~


4.La Défense (Grand Arche)/ラ・デファンス開発地区 (新凱旋門)
 Grand Arche/グランド・アルシュ(新凱旋門)
 1,parvis de La Défense, Hautes-de-Seine
 Johan Otto von Spreckelsen & Paul Andreu/ヨハン・オットー・ファン・スプレッケルセン & ポール・アンドリュー 設計
  
 
↑コレ、エレベーターなんです!高所恐怖症の方は登るのは止めた方がいいかも?!エレベーター自体もガラス張りだし。
 ←新凱旋門から凱旋門方向に向かって撮影。


5.Bibliotéque National de France/ビブリオテック・ナスィヨナル・ドゥ・フランス(フランス国立図書館)
 Quai de la Gare 75013 Paris
 Dominique Perrault/ドミニク・ペロー 設計


 
↑4つの書庫の形をした図書館です。(4つを同時に撮影するためには、相当離れないと難しい…。)


6.Ministère des Finances de France/フランス大蔵省(新庁舎)
 1,Boulevard de Bercy 75012 Paris
 Paul Chemetov & Borja Huidobro/ポール・シュメトフ & ボルハ・ユイドブロ 設計
 Bibliotéque National de Franceとは、Seineセーヌ川を挟むようにして建っています。
 
 


現代建築に興味のある方は是非訪れてみて下さい。それぞれにそれぞれの良さがあって面白いですよ


あと3つは何だったかな~。。。思い出せない…

思い出したらまたここの記事に追記しておきます。

誰か他の3つ分かったら教えて~

コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )



« 他愛のない話... Jean Nouvel ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (ちはる)
2008-01-20 19:02:57
こんにちは、お久しぶりです♪
遅ればせながら、
今年もどうぞよろしくお願いしますね。
いつの時代だったかはっきりしないのですが、ジャン・ヌーヴェルって確か、カルティエ財団美術館も手がけていたような・・・。でも、これはミッテラン時代ではなかったかな!?もう、いつのものだったかさっぱり分かりません・・・。(情けない~)
 
 
 
Re; (french-blue)
2008-01-21 02:19:08
こんにちは~。「Bonne Annee!」もまだ言ってなかったですよね!

その通りですよ~。カルティエ財団は「Jean Nouvel」の設計です。
ちょうど、Jean Nouvelの記事で「カルティエ財団」の事書く予定でした。
ただ、これは個人委託の建物で公共施設のコンペではないので残念ながら「Grand Projet」ではないのですよ。

そうそう、お風呂に入っているときに「Grand Projet」の中で1つ重要な建物を忘れていた事に気付きました。

「Opera Bastille !!!」忘れてました~

これで、残り2つです。思い出せないのは。。。あはは。建築やってて、情けない…

ちはるさん、何か思い出したら教えてね
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
ミロのヴィーナス_mitsu (櫻舞ログ)
ふくよかで優麗、そして美しい 失った腕、そして失った真実 おっぱい丸出し、そして半ケツ 目の合わない高い位置に立つ彼女の視線には いったい何があったのか 林檎を持っていたとされる謎の多い失った腕 いったいどのような全体像であったのか 思ったことをそ...