廃盤日記(増補改訂版)

めざせ!日本全国の中古盤店制覇!(by じみへん)

★映画 「おくりびと」 (主演:本木雅弘)

2008年10月27日 | MOVIE
 
有楽町マリオンの丸の内ピカデリー2で、映画 『おくりびと』 を観てきました。映画公開直後から友人にも薦められていて、ずっと観に行きたかった映画でした。

会社を午後6時過ぎに出ると、平日最終回上映の時間にちょうど間に合いました。月曜日の最終回上映なので、さすがに映画館の中は空いていましたねえ(苦笑)。この映画館のベストポジションである2階席の中央最前列に陣取り、大きなスクリーンを楽しんできました。

さて、肝心の映画ですが、久々に面白い日本映画だと思いました。なるほど、これなら人にも薦めたくなる映画だなという感じです。

主演の本木雅弘さんの演技もいいですし(納棺師としての所作がとても美しい)、この映画ではなによりも本木の上司役である山崎努氏の演技が素晴らしい。まるで本物の納棺師のように見えました。さすがです。

たしかにこういう納棺師であれば、自分が死んだ時もこの人たちに見送ってもらいたいと思うのも当然でしょう。彼らの見事な納棺技術を観ていたら、なぜか目頭が熱くなってしまいました。

よく「職業に貴賎はない」という言葉を聞きますが、本作を観て、なるほどその言葉の意味がよくわかりました。どんな仕事でも、それを必要としている人がいる以上、やる意味はあるのだと。

そういえば、つい先日、BSジャパンで放送された 『松田優作は生きている』 という特番内でも、生前に故・松田優作は「どんな仕事でもつまらないという言葉はない。俺の前で二度と仕事がつまらないなんて言葉はいうな」と語っていたことを、フト思い出しました。

話は逸れましたが、本作を観て、納棺師という仕事に対する偏見がなくなるだけでなく、誰もが一度は経験する「死」という “旅立ちの儀式” に対して、いろいろと考えさせられる映画だったと思います。とても良かったです。映画館を変えて、まだロングラン上映していますので、未見の方は是非どうぞ。オススメです。



コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

★第69回 「菊花賞(Jp1)」 京都・芝3000

2008年10月26日 | JRA
 
今年の菊花賞はガチガチの鉄板軸馬がいなかった、というかレースの主役となるべき実力馬が不在だったので、なんとも予想がしづらかった。

とりあえずジャングルポケット産駒のオウケンブルースリは、この面子であれば間違っても3着までには入るだろうと予想はしていたものの、悲しいかな今回はまったく相手馬が読めませんでした(苦笑)。個人的にはマンハッタンカフェを父に持つメイショウクオリアを応援していたんですけど、あの「ヒシミラクルの再来」となることはありませんでしたね。ううーん、残念。武ちゃんのスマートギアは4着で惜しかったんですけどねえ・・・・。

社台グループ不在で、今回が「マイネル軍団」最大のチャンス到来だろうと、前人気が高かったマイネルチャールズなんですけど、やっぱりダメでしたね。買わなくて正解でした(爆)



=レース結果=
1着 オウケンブルースリ (57内田) 牡3
2着 フローテーション (57藤岡佑) 牡3
3着 ナムラクレセント (57和田) 牡3
4着 スマートギア (57武豊) 牡3
5着 マイネルチャールズ (57松岡) 牡3

※第69回 「菊花賞(Jp1)」

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

★小島良喜 「Kojima」 ※Char参加!

2008年10月25日 | Johnny, Louis & Char
 
コジヤンこと小島良喜さんのソロ名義ファーストアルバム 『Kojima』 が遂にリリースされましたー!!10月22日の発売日には自宅に届いており、すでに何回も繰り返して聴いておりましたが、本ブログにアップするのが遅れてしまいました(苦笑)

元々このアルバムの購入動機は、Char師匠がゲスト参加していること、ただこの一点に尽きておりましたが、実際に聴いてみるとコジヤンのピアノ演奏の素晴らしいこと!!これまで僕が抱いていたコジヤンのイメージを180度覆す、とても素晴らしいジャパニーズ・ジャズの名盤誕生ではないか(!)と思いますね。とくに1曲目の浜田省吾のカヴァー曲「KATAOMOI」では、最高のピアノ・インストゥルメンタルを聴かせてくれます。いやもう感動モノです(男泣)

コジヤンに対して、いつもオチャラけたイメージしか持っていなかった人にとっては、軽いショックを受けてしまうぐらい極めて本格的なピアノ・アルバムが完成しました。脇を固める演奏メンバーも全員職人気質で素晴らしく、コジヤンのソロ・デビュー(苦笑)を飾るに相応しい作品に仕上がっております。もちろん目当てであるChar師匠の激熱なギター・プレイも見逃せませんし、自分名義のアルバム以上に激しいギター・ソロを決めています。ファンならば問答無用に必聴ですね!!


◎小島良喜 『Kojima』 (ZAZZY, ZCL-016)

01. KATAOMOI
02. “A” CAT called “C”
03. Are You Happy
04. “Co”“J”
05. Kimi To Aruita Michi
06. DRAGON FLY
07. TRUTH
08. BASSAB
09. AWAWA
10. BANG
11. Stay out of my way
12. NAP

Yoshinobu Kojima (Piano)

Hideo Yamaki (Drums)
Char (Guitar)
Hideaki Kanazawa (Bass)
Kosuke Mine (T.Sax)
TOKU (Flugel)
Shiho (Vocal)
DAVID RALSTON (Vocal & Guitar)



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

★SWERVEDRIVER 「raise」 Limited Edition

2008年10月21日 | MUSIC
 
長らく廃盤の憂き目に遭っていたスワーヴドライバヴァー名義の1st~3rdアルバムの3作品が、このたび目出度くリマスター再発されました!!

単なるリマスター盤としてのリイシューではなく、今回それぞれのアルバムに4曲ずつボーナストラックが追加収録されている(!)点がミソ。既発盤CDを所有していても、この4曲のためだけに食指が動いてしまうファンも少なくないはず。というか、元々このスワーヴドライヴァーのファンが世界中に何人ぐらいいるのか不明ですが(爆)。いずれにしても表ジャケ上に貼られているシールには「リミテッド・エディション」の文字が踊っているだけに、コアなファンは早めに押さえておいた方が得策かもしれません。

今回取り上げた1stアルバムには、ボーナストラック扱いで「Hands」、「Andalucia」、「Kill the Superheroes」、「Over」が追加収録されています。デジパック仕様、アマゾン輸入盤で価格1830円でした。国内盤発売未定。


◎SWERVEDRIVER 『raise』 (SONY BMG MUSIC)

01. Sci-Flyer
02. Pile-Up
03. Son Of Mustang Ford
04. Deep Seat
05. Rave Down
06. Sunset
07. Feel So Real
08. Sandblasted
09. Lead Me Where You Dare...

Bonus Tracks:
10. Hands
11. Andalucia
12. Kill the Superheroes
13. Over



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

★MOUNTAIN 「LESLIE MAGIC LIVE」

2008年10月20日 | LESLIE WEST
 
先週末の10月18日(土)夜、久し振りに西新宿を行脚してきました。まず、BF店内に入ってMV棚をチェックするも新作入荷の気配は認められず。残念ながらこの日は同店で買うものはなし、と判断して即移動。

2軒目に入ったBTRでマウンテンの最新ライブCDを発見しました。なんでも今年10月10日にオハイオ州クリーブランドで行われたばかりの「ハウス・オブ・ブルース」公演が早くも登場です!!一瞬、目を疑ったのは録音日が「2008年10月10日」ってことは、僕が購入したのは10月18日ですからね、なんと約1週間で製品化されて市場投入された計算になります。いやはや最近は本当に早いですね(苦笑)

気になる音質ですが、近作ではごく当たり前な良好なオーディエンス録音で臨場感もあり、なかなかのものでした(※注:ジャケ裏にはサウンドボード録音と書かれていますが、それはウソっぱちですね)。毎度おなじみの名曲ばかり演奏してますが、レズリー・ウエストのファンであれば、本盤は聴いておいて損はありません。むしろレズリー&コーキー・レイングの最新動向(近況報告といった方が正しいでしょうか、苦笑)を知る上でも、実に有り難い記録音源であります。BTR価格3100円でした。1CDR。


◎MOUNTAIN 『LESLIE MAGIC LIVE - LIVE AT HOUSE OF BLUES 2008』 (BREAKDOWN-283)

01. Guitar Introduction
02. Never In My Life
03. Nantucket Sleighride
04. Jam
05. Crossroads
06. Blowin' In Wind
07. Mississippi Queen
08. Theme From Imaginary Western
09. Guitar Outroduction

Live at House Of Blues, Cleveland, Ohio, October 10th 2008



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★Jesus & Mary Chain 「POWER OF NEGATIVE THINKING」

2008年10月16日 | MUSIC
 
今月はマイルス、ディランと大物箱が続いた訳ですけど、9月末にこんな箱物もリリースされていました。発売告知からだいぶ待たされたような気がするのですが、ジーザス&メリー・チェインの待望の4枚組ボックスセットです!!アマゾン輸入盤価格6322円の10%OFFで購入できました。

気になる内容ですが、サブタイトルに「B-SIDES & RARITIES」とあるように、シングルB面曲、デモ音源、バージョン違い、カヴァー演奏、アウトテイクスといったように、完全未発表3曲も含めて貴重な音源がテンコ盛りのボックスセットとなっております。最近、オリジナル盤のリマスター再発も出たようですが、オリジナル盤を聴き尽くした人は必ずや本ボックスセットに食指が動くこと間違いなしだと思いますね。それだけレア曲満載のボックスセットが登場しましたっ!!いやー長い間、待たされただけのことはあります。拍手パチパチものです。

そういえば、発売無期延期になったマイ・ブラッディ・ヴァレンタインのボックスセットの話は、その後どうなったのでしょうかね?さんざん期待させるだけ期待させておいて、やっぱり発売中止なのか(苦笑)


◎The Jesus & Mary Chain 『THE POWER OF NEGATIVE THINKING:B-SIDES & RARITIES』 (RHINO)

DISC.1:
01. Up Too High (Demo '83)
02. Upside Down
03. Vegetable Man
04. Suck
05. Ambition
06. Just out of Reach
07. Boyfriend's Dead
08. Head
09. Just Like Honey (Demo Oct. '84)
10. Cracked
11. Taste Of Cindy (Acoustic Version)
12. Hardest Walk
13. Never Understand (Alternate)
14. My Little Underground (Demo)
15. Living End (Demo)
16. Some Candy Talking
17. Psychocandy
18. Hit
19. Cut Dead (Acoustic)
20. You Trip Me Up (Acoustic)
21. Walk and Crawl

DISC.2:
01. Kill Surf City
02. Bo Diddley Is Jesus
03. Who Do You Love
04. Everything's Alright When You're Down
05. Shake
06. Happy When It Rains (Demo)
07. Happy Place
08. F.Hole
09. Rider
10. On the Wall (Porta Studio Demo)
11. Surfin' USA (April Outtake)
12. Here It Comes Again
13. Don't Ever Change
14. Swing
15. Sidewalking
16. Surfin' USA (Summer Mix)
17. Shimmer
18. Penetration
19. Break Me Down
20. Subway
21. My Girl

DISC.3:
01. In the Black
02. Terminal Beach
03. Deviant Slice
04. I'm Glad I Never
05. Drop (Acoustic Re-Mix)
06. Rollercoaster
07. Silverblade
08. Lowlife
09. Tower of Song
10. Heat
11. Guitarman
12. Why'd You Want Me
13. Sometimes
14. Teenage Lust (Acoustic Version)
15. Reverberation (Doubt)
16. Don't Come Down
17. Snakedriver
18. Something I Can't Have
19. Write Record Release Blues
20. Little Red Rooster

DISC.4:
01. Perfect Crime
02. Little Stars
03. Drop-Re-Recorded
04. I'm in With the Out Crowd
05. New York City
06. Taking It Away
07. Ghost of a Smile
08. Alphabet Street
09. Coast to Coast (Alternate Take, William Reid Vocals)
10. Dirty Water (Demo, William Reid Vocals)
11. Till I Found You
12. Bleed Me
13. 33 1/3
14. Lost Star
15. Hide Myself
16. Rocket
17. Easylife, Easylove
18. 40,000K
19. Nineteen666

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

★押尾コータロー 「You & Me」 初回生産限定盤 CD+DVD

2008年10月15日 | Johnny, Louis & Char
 
Char師匠ファンの間でもあまり話題に上がっていない作品ですが、10月1日に発売された押尾コータローの新譜 『You & Me』 で、Char師匠は2曲にゲスト参加しております!!

通常盤とDVD付きの初回生産限定盤仕様の2タイプ同時発売となりましたが、アマゾンで検索したところ、発売前の予約購入だとなぜかDVD付きの方が割引購入価格で安く買えてしまう(!)という矛盾を発見したため、要らないと思っていたDVD付きの初回生産限定盤の方を購入してしまいました(苦笑)。税込価格3500円のところ、アマゾン価格2870円でしたね(※ちなみに通常盤は税込価格3059円でした)!!ね、やっぱりコレはお買い得だったでしょ(笑)

いやー、でも押尾コータローのアルバムって、実は今回初めて購入したのですが、全編を流れるアコースティック・ギターの調べといいましょうか、なかなかイイ雰囲気のアルバムですね。きっと女性ファンが多いことでしょう(たぶん、笑)。アルバムの最初と最後に収録されているChar師匠とのアコギ・セッションによる共演ですが、予想通りに最高でしたっ!!こりゃ、Charファンであれば聴かないわけにはいかないと思いますよ。オススメです。

なお、付属DVDにはツアーダイジェストのライブ映像やビデオクリップなどが収録されているそうですが、こちらにChar師匠がチラっとでも映っているかどうかは、まだ観ていないので不明です(苦笑)


◎押尾コータロー 『You & Me』 初回生産限定盤 CD+DVD (SECL692-3)

CD収録曲:
01. Rushin’ feat. Char ~Acoustic Guitar~
02. Here We Go! feat. Bro.Hi (SOUL’d OUT) ~Human Beat Box~
03. 君がくれた時間(とき) feat. 斎藤ネコ ~Orchestra~
04. Big Blue Ocean feat. 葉加瀬太郎 ~Violin~
05. あの夏の白い雲 feat. 三木俊雄 Frontpage Orchestra ~Big Band~
06. A Wonderful Day feat. 木原健太郎 ~Acoustic Piano~
07. Purple Highway feat. coba ~Accordion~
08. HARD RAIN feat. MATARO ~Percussion~
09. ブラックモンスター feat. 守屋純子 オーケストラ ~Big Band~
10. With You feat. Char ~Acoustic Guitar~

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

★萩原健一 「DONJUAN LIVE」

2008年10月14日 | J ROCK MASTERPIECE
 
リマスター紙ジャケ盤CDが発売された今となっては、その存在価値が限りなく0%になってしまったが、ショーケンの旧規格盤2CD 『DONJUAN LIVE』 を中古盤で見つけた(苦笑)。徳間から出た例の厚手のプラケース入りCDで、レコファン中古価格1580円でした。それにしても、あの時のプレミア価格は一体なんだったんだろうか(爆)!!

こういうのって必至になって探している時はまず見つからなくて、もう欲しくないと思った途端に、廃盤CDの方から急に擦り寄ってきたりするもんなんですよね。コレなんかも典型的な一例でありました。ま、リマスター化される前の旧規格盤CDということで、記念にもっておきましょうかね(苦笑)


◎萩原健一 『DONJUAN LIVE』 (TKCA-70524)

DISC.1:
01. イントロダクション
02. テンダー・ナイト
03. お元気ですか
04. ムーン・シャイン
05. 大阪で生まれた女
06. 泣くだけ泣いたら
07. ララバイ
08. 砂時計
09. 今夜きりさ

DISC.2:
01. ぐでんぐでん
02. ラストダンスは私に
03. コンクリート・ジャングル
04. 流れるままに
05. ルーシー
06. ローリング・オン・ザ・ロード



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

★文庫 「BLACK JACK Treasure Book」 (秋田文庫)

2008年10月13日 | BOOK
 
この3連休、どこに行く予定もなかったので、散歩がてら久し振りに近所の書店を覗いてきた。そういえば、ここ半年ぐらいの間の傾向であるが、昔よく行っていた書店に足を運ぶとなんと店がなくなっていた(!)ということが何軒かあったので、地元の書店も「もしかして・・・」なんて思いながら出かけたのだが、まだ健在であったので少しホッとしましたね(苦笑)

正確な数字を調べたわけではないのだが、国内の新刊書店の店舗数ってここ数年で激減しているような感じがするんですけど、実際のところはどうなんでしょうかね。一番ショックだったのは、銀座・数寄屋橋の旭屋書店がなくなっていたことでしょうか。以前、銀座で働いていた時は、ほぼ毎日といえるぐらいこの書店に足を運んでいましたので、本当に残念です・・・・。そういえば、水道橋の旭屋書店も今年6月に閉店してしまったんですよね。

で、近所の書店で何気なく書棚を眺めていると、文庫版の 『ブラック・ジャック』 コーナーになにやら見慣れないタイトルを発見。今までまったく気が付いていなかったんですけど、今年7月に発売されていた新刊タイトルだったんですね。ま、僕は手塚治虫さんが描くオリジナルの 『ブラック・ジャック』 は大好きですけど、その他の雑学読本はどうでもいいと考えているタイプなので、そのまま棚に戻しかけたその瞬間、「ん?ちょっと待てよ」と文庫帯に目が行きました。

よく見るとその文庫帯に「文庫未収録3作品掲載」などと書かれているではありませんか!!すでに文庫版 『ブラック・ジャック』 全17巻は所有しておりますので、この「文庫未収録作品掲載」という言葉には、「超」が付くぐらい弱いのですね(苦笑)。問答無用でレジへ直行!!税込価格590円でした。

ちなみに本文庫に収録された3作品というのは「2人のジャン」「壁」「落下物」の3話です。ちなみにこの3話、すべて読んだ記憶がある話でありましたが、文庫版には未収録だったんですね。まあ、改めて読み返してみると、なぜ文庫版収録からこれらの話が外されていたのか、なんとなくわかるような気もしますが、今となってはとり立てて騒ぐような内容の話でもない気がするんだけどなあ。それよりも現実に起きた事件・事故の方がはるかにフィクションを上回っている気がするのは、果たして僕だけでしょうか。

さて、これで気になるのは、『ブラック・ジャック』 全243話(不定期連載分も含む)がすべて文庫版に収録された形になったのか、という点です。まだこれ以外にも掲載されていない作品があるような気がしてならないのですが、ううーむ、少し考え過ぎでしょうか(苦笑)。でも、たしか初出掲載後に「お蔵入り」された作品ってまだ何話かありましたよね??

コメント (5)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

★山口冨士夫 「RIDE ON」

2008年10月13日 | J ROCK MASTERPIECE
 
山口冨士夫DVD 『Tumblings Live』 と同時購入したのが、同じくソロ名義の 『RIDE ON』 です。ちなみにこの全4曲入りのリマスター盤CDですが、発売された当時に即時購入しているので、同じものを重複買いしたことになるのですが、今回購入するとオリジナルジャケットを復刻(500枚限定)した紙ジャケがもらえるというので、ついつい衝動買いしてしまった次第(苦笑)。よってCD本体よりも紙ジャケ目当てで購入したアイテムということになります。馬鹿ですねえ、やっぱり。

しかしながら、オマケで付いてきた特典の紙ジャケは、想像していたより意外と作りもよく、オリジナル盤を忠実に再現して復刻されているので、これはこれで満足ですね。僕は本作しか買いませんでしたが、もう1枚 『Like a Rolling Stone』 を購入しても同じく復刻紙ジャケがもらえるそうです。


◎山口冨士夫 『RIDE ON』

SIDE A:
01. ROCK ME
02. NO SONG

SIDE B:
01. YOIDORETENSHI
02. BUN BUN

コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

★山口冨士夫 「Tumblings Live」 DVD+Limited CD 初回限定盤

2008年10月12日 | J ROCK MASTERPIECE
 
10月15日発売と告知されていたGOOD LOVIN'の新作、山口冨士夫名義のDVD 『Tumblings Live』 が早くも自宅に届いた。初回生産分のみ限定特典CD付き2枚組仕様のプレスDVD+CDで税込価格3600円でした。代引き郵便で届いたのですが、梱包物をみると細長い筒状の段ボール箱も一緒になっていて、初回特典B2サイズのオリジナルポスターも付いてました!!



1983年に山口冨士夫が旧友である青木眞一(=村八分~フールズ)や青木正行(=TOO MACH~外道)、小林秀弥(=TOO MACH)と共に本格的なバンド活動を再開したのがタンブリングス。今回、発掘&商品化されたDVDは、1983年~84年にかけて渋谷屋根裏や新宿LOFTで撮影された完全未発表の秘蔵ライブ映像である。

同DVDには、1983年に4曲入り20cmEPでリリースされた山口冨士夫のソロ名義アルバム 『RIDE ON』 全曲と村八分のセルフカバー「んっ!」「水たまり」、それにこの時期のライブのみで演奏された未発表曲の全10曲が収録。さっそく鑑賞してみたが、どうやらスタッフが記録用に撮影したホームビデオ・レベルのものでお世辞にも画質最高とは言い難い。音質もライン録音ではなく、ビデオカメラの付属マイクから拾ったオーディエンス録音がそのまま使われている。その分、たいへん生々しい映像が観られるわけであるが、最初から映像商品化する目的で撮影されていたものではないため、正直、商品的なクオリティはかなり厳しい。1曲演奏が終わるごとに画面が暗転して映像が途切れてしまうのも残念。できればブツ切り映像としてではなく、ライブ全体を通した映像で観たかった。正規DVD作品ではあるものの、オフィシャル・ブートレッグ作品といった方が納得できるレベルかもしれない。

しかしながら、映像の貴重度はダントツに高く、プライヴェート・ビデオのようなのでまるで迫力が違う!!実際この当時のライブ映像が観られるというだけでも奇跡に近いので、これは大手を振って大歓迎すべき発掘映像なのだ!と声を大にしていいたい。まさか今頃になって、こんな映像がしかもオフィシャルな形で出てくるとは夢にも思っていなかった。その分、サプライズ度も大きい。ということで、全体的な作品評価としては完全なマニア向け商品なので、許容範囲の少ない一般の方にはあまりオススメできないが、山口冨士夫ファンであれば絶対に観ておいて損はない。

尚、初回生産分には上記 『RIDE ON』 レコーディング時のスタジオ・セッションから未発表音源2曲入りのボーナスCDが付いている。どちらも初期のデモ音源であるが、曲としての形は出来ているので、これがどう完成形へと変わったのか聴き比べしてみるのも面白い。音質はカセット録音レベルであるが十分に高音質だ。



◎山口冨士夫 『Tumblings Live』 DVD+Limited CD (GOODDV002)

DVD収録曲:
01. ROCK ME
02. 汽笛が
03. ひとつ
04. んっ!
05. ブンブン
06. DRIVE
07. NO SONG
08. 酔いどれ天使
09. 水たまり
10. JUMP SO HIGH

初回生産分のみ未発表音源2曲入りボーナスCD:
01. ROCK ME (Unreleased Early Version)
02. ブンブン (Unreleased Early Version)


※未公開フォト満載の見開き紙ジャケ仕様




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★単行本 「不透明な時」 三浦和義著 (二見書房刊)

2008年10月12日 | BOOK
 
昨日一番驚いたニュースが、サイパンから移送されたロス市警本部の留置場内で自殺した三浦和義元社長死亡のニュースだった。

これで1981年ロス銃撃事件の真相は、永遠に闇の中に葬りさられた格好になった。今度という今度は「疑惑の銃弾」の白黒がハッキリするのではないかと注目していただけに、誠に残念な結末となってしまった・・・。

因縁の地で最期を迎えた三浦和義氏の胸中はいかに。自殺をした場所が場所だけに、それが真実を物語っていると考えた人はきっと僕だけではないはずである。世間を騒がせ続けた男は、最期の幕引きまで人騒がせな男であった。

タイトルの本は、昭和59年5月に発売された三浦和義氏の独占手記を掲載した単行本 『不透明な時』 (二見書房刊)である。これを読んでも「疑惑の銃弾」の真相解明にはまったく結びつかなかったが、当時の日本で本事件がどれだけ騒がれたかが間接的にではあるがよく判る証拠だと思う。懐かしいというだけでなく、今回の氏の自殺を機に、再度読み返してみるというのもアリなのかもしれない。



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

★beatleg 2008年11月号 「音楽の幸福な時代は終わったのか?」 100号記念特集

2008年10月11日 | BOOK
 
ビートルズが表紙のbeatleg最新号を購入し、自宅で読み始めて気が付きましたが、今号でなんと創刊100号目だったんですねー!!いやー、100号達成おめでとうございます!!

この手の雑誌は栄枯盛衰が激しく、実際に一番難しいのが「継続発行」なのだと思います。大抵の場合は志が高くても経営的な問題で長続きせず、最後は尻切れトンボのような状態で「休刊というの名の廃刊」というのが、一番多いパターンでしょうね。そう考えると本誌発刊とブートレッグ市場が急速に冷え込んだ時期が重なり合っていたにも関わらず、孤軍奮闘で「100号」まで続いたというのは、実に立派だと思います。

今号では「100号記念特集」ということで、ブートレッグの聖地・西新宿街にまつわる多数の回顧録的なエッセイが満載で、とても読み応えがあります。目次見出しを並べてみても、「The Beatles:音源流出のしくみ」「新宿レコード(西新宿の老舗レコード専門店)」「ドキドキ感が消えてしまった西新宿レコード街」「懐かしき関西のレコード屋」「なつかしやアナログ・ブート」「西新宿コレクター仙人に聞く!ブートレッグの過去、現在、未来を語る」「札幌ラーメン大富=小滝橋通りを見つめて34年」「業界筋が語る現代の音楽業界全体への大きな苦言」「関係者が語る来日アーティストの追憶」「録音狂時代」「流通するちょっとあやしい海外輸入盤」「フォーリンエンジェル麻里果ちゃん100号特別編」「70~80年代懐かしの西新宿7丁目マップ」などなど盛りだくさんです。今から20年ぐらい前の西新宿街をご存知の方には、涙がチョチョ切れる記事ばかりであることは請け合いですね(苦笑)。僕も深夜に時間を忘れて読み込んでしまいました。とても面白かったです。

コメント (7)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

★BOB DYLAN 「TELL TALE SIGNS」 BOOTLEG SERIES VOL.8

2008年10月10日 | MUSIC
 
マイルスの 『カインド・オブ・ブルー』 50周年記念盤と同時に届いたのが、このボブ・ディラン箱でした(苦笑)。HMV通販のマルチバイ利用で税込価格17003円+ダブルポイントで購入。同封されていた請求書を見ると、嗚呼、クラクラと目眩がしそうです(泣)

ブートレッグ・シリーズの第8弾となる本作は、1989年から2006年までのデモ音源や未発表曲、サウンドトラック、貴重なライヴ・ヴァージョンを中心に構成。悩ましいことにUS輸入盤だけでもCD1枚ものから2枚組、4枚組アナログ盤、そして今回僕も購入した3枚組デラックス・エディションなんてものまでラインナップされております。とにかくこのデラックス・エディションの値段には驚かされましたが、同国内盤仕様が発売中止となった現在では、もはや輸入盤仕様を入手するしか道はなく、震える手でマウスをポチっ!と押してオーダーした記憶があります。金銭感覚もほとんど麻痺状態ですね(苦笑)

こちらも手にするとズッシリと重量感があり、まだ未開封なのですがそれだけでも納得の充足感が得られます。たしかにこの値段だと正直購入を躊躇っている方も多いんじゃないかと思いますが、限定発売のデラックス・エディションですので、あとで後悔するかもしれないことを考えると今のうちに先行投資してでも入手しておいた方がいいアイテムではないでしょうかね。こういうのは売り切れてからの入手困難度が高いですから。最初からマニア相手の商品なわけですから、適価で中古市場に流れてくる確率も低いと思いますし、あとからオークションなどでプレミア価格を支払うぐらいなら、最初から正規ルートで購入しておいた方が全然安く入手できると思いますし。でもCD2枚組と3枚組でこんなにも値段が違うなんて、やっぱり作り手側も最初からプレミア化狙いなんだろうなあ(苦笑)




◎BOB DYLAN 『TELL TALE SIGNS: RARE AND UNRELEASED 1989-2006』 THE BOOTLEG SERIES VOL.8 - 3CDs DELUXE EDITION (COLUMBIA)

DISC.1:
01. Mississippi (Unreleased, Time Out of Mind)
02. Most of the Time (Alternate version, Oh Mercy)
03. Dignity (Piano demo, Oh Mercy)
04. Someday Baby (Alternate version, Modern Times)
05. Red River Shore (Unreleased, Time Out of Mind)
06. Tell Ol' Bill (Alternate version, North Country soundtrack)
07. Born in Time (Unreleased, Oh Mercy)
08. Can't Wait (Alternate version, Time Out of Mind)
09. Everything is Broken (Alternate version, Oh Mercy)
10. Dreamin' of You (Unreleased, Time Out Of Mind)
11. Huck's Tune (From Lucky You soundtrack)
12. Marchin' to the City (Unreleased, Time Out of Mind)
13. High Water (For Charley Patton) (Live, August 23, 2003, Niagara Falls, Ontario, Canada)

DISC.2:
01. Mississippi (Unreleased version #2, Time Out of Mind)
02. 32-20 Blues (Unreleased, World Gone Wrong)
03. Series of Dreams (Unreleased, Oh Mercy)
04. God Knows (Unreleased, Oh Mercy)
05. Can't Escape from You (Unreleased, December 2005)
06. Dignity (Unreleased, Oh Mercy)
07. Ring Them Bells (Live at The Supper Club, November 17, 1993, New York, NY)
08. Cocaine Blues (Live, August 24, 1997, Vienna, VA)
09. Ain't Talkin' (Alternate version, Modern Times)
10. The Girl on the Greenbriar Shore (Live, June 30, 1992,Dunkerque, France)
11. Lonesome Day Blues (Live, February 1, 2002, Sunrise, FL)
12. Miss the Mississippi (Unreleased, 1992)
13. The Lonesome River (With Ralph Stanley, from the album Clinch Mountain Country)
14. 'Cross the Green Mountain (From Gods and Generals Soundtrack)

DISC.3:
01. Duncan & Brady (Unreleased, 1992)
02. Cold Irons Bound (Live at Bonnaroo, 2004)
03. Mississippi (Unreleased version #3, Time Out of Mind)
04. Most of the Time (Alternate version #2, Oh Mercy)
05. Ring Them Bells (Alternate version, Oh Mercy)
06. Things Have Changed (Live, June 15, 2000, Portland, OR)
07. Red River Shore (Unreleased version #2, Time Out of Mind)
08. Born in Time (Unreleased version #2, Oh Mercy)
09. Tryin' to Get to Heaven (Live, October 5, 2000, London, England)
10. Marchin' to the City (Unreleased version #2, Time Out of Mind)
11. Can't Wait (Alternate version #2, Time Out of Mind)
12. Mary and the Soldier (Unreleased, World Gone Wrong)

コメント (8)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

KIND OF BLUE 50th ANNIVERSARY COLLECTOR’S EDITION

2008年10月09日 | MILES DAVIS
 
我が家にも昨日、マイルス箱がようやく到着しましたー!!噂には聞いていましたけど、手にするといやー想像以上にズッシリと重量感がありますね。マイルス・デイビスの名作 『カインド・オブ・ブルー』 の50周年記念盤です。LPサイズのボックスで、中身はCD2枚にDVD、それにLPが入った4枚組セット。豪華ブックレットに特大ポスターも付いてました。US輸入盤でしたが、DVDには日本語字幕も付いているので、国内盤仕様の発売が中止となりましたが、結果オーライでしょ。

値段も高かったのですが、手にした瞬間にもう大満足です!!あまりにも勿体なくていまだ未開封のままです(苦笑)。完全なコレクター向け商品なのだと思いますが、「おいおい、またかよ!」なんて思いながらも、ついつい購入してしまったマイルス・ファンも多いのではないでしょうか(とくに日本の方)。呉越同舟、かくいう私も同じ穴のムジナですが、いいじゃないですか(苦笑)。思わず笑みがこぼれてきてしまいます。もうしばらくは開けないで眺めて鑑賞しますかね。いやもう見ているだけで、本当に嬉しいアイテムです!!

HMV通販のマルチバイ購入で税込価格11097円+ダブルポイントで購入しました。これと同時に購入した大物箱との請求額合計を考えると、来月が恐怖です(泣)。ああ、ロト6当らないかな(爆)!!




◎MILES DAVIS 『KIND OF BLUE 50th ANNIVERSARY COLLECTOR'S EDITION』 (LEGACY)

DISC.1:
01. So What
02. Freddie Freeloader
03. Blue In Green
04. All Blues
05. Flamenco Sketches
06. Flamenco Sketches (alternate take)
07. Freddie Freeloader - Studio Sequence 1
08. Freddie Freeloader - False Start
09. Freddie Freeloader - Studio Sequence 2
10. So What - Studio Sequence 1
11. So What - Studio Sequence 2
12. Blue In Green - Studio Sequence
13. Flamenco Sketches - Studio Sequence 1
14. Flamenco Sketches - Studio Sequence 2
15. All Blues - Studio Sequence

DISC.2:
01. On Green Dolphin Street
02. Fran-Dance
03. Stella By Starlight
04. Love For Sale
05. Fran-Dance alternate take
06. So What

DVD:
01. 55-minute documentary film (日本語字幕付き!)
02. “So What” music video

LP: ※「カインド・オブ・ブルー」オリジナル5曲
SIDE A
01. So What
02. Freddie Freeloader
03. Blue In Green
SIDE B
01. All Blues
02. Flamenco Sketches



コメント (4)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加