廃盤日記(増補改訂版)

めざせ!日本全国の中古盤店制覇!(by じみへん)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★栃木県・鬼怒川グランドホテル夢の季 「月明かり籠盛り弁当」

2009年10月05日 | GOURMET
 
栃木県の鬼怒川温泉へ行ってきました。もちろん仕事ですよ(苦笑)

10月1日から5日まで鬼怒川温泉街で開催された、初の夜イベント 『月あかり花回廊・序章』 の現地取材が目的でした。取材といっても、イベント当日に現地へ出向いて、実際に鬼怒川温泉の宿泊客がどのような反応を示すのか確認してきただけなんですけどね。でも準備期間不足を指摘されながらも、まずまずのイベント規模に仕上がっていたので、安心しました。今年の反省点を生かして、来年はもっと良いイベントになること間違いなしです。

想定外だったのは外の気温でしょうか。夜になると「グン!」と冷え込んできて、残念ながら期待していた浴衣姿で温泉街をそぞろ歩きしている人がまばらだったことでしょうか。あの寒さでは下手をすると湯冷めして風邪を引いてしまいかねない気温ですから、しょうがないですよね(苦笑)

さて、話を戻して今回、宿泊のお世話になったのは「鬼怒川グランドホテル夢の季」さんです。夜イベントが午後6時から開始になるので、この日の夕食は午後5時30分からのスタートとなりました。外出前にお腹の中に入れてしまう算段です。

今夜のお献立は、この時期限定の「月明かり籠盛り弁当」でした。女性が喜びそうな可愛い籠盛り料理で、この写真ではよくわからないかもしれませんが満月や兎をかたどった「お月見」をイメージした料理で構成されていました。見た目だけでなく、食べても抜群に美味しかったので、案外男性客にもウケるかもしれません。

正直な話、鬼怒川温泉で美味しい料理に遭遇することは滅多にないのですが(失礼)、この鬼怒川グランドホテルは最近とくに「食」に力を入れているせいもあってか、かなりレベルが高いと思いました。周囲の席にいたお客さんからも「ここの料理、とても美味しい」という声があちこちから聞こえてきたので、個人的な味覚評価だけではないことを記しておきます(苦笑)

まず目で楽しんで、そして舌でも楽しめる、一粒で二度美味しい(笑)なんとも贅沢な季節弁当でした。
ごちそう様でした!!

【月明かり籠盛り料理】お献立 (料理長:須貝和司)
煮物 南瓜 海老芝煮 さといも
焼物 秋刀魚網代桑焼
口取 だし巻き・月見団子・満月蓮根・兎玉子・柿白和え・木の葉丸十・揚げ銀杏紅葉葉麩・いが栗・芒牛蒡
酢物 平目龍皮巻・他 あしらい
造里 鮪・八汐鱒・甘海老 あしらい
蒸物 松茸茶碗蒸し ふかひれ餡
ご飯 じゃこ飯
留椀 むかご真丈
漬物 三種
スイーツ 当館オリジナルスイーツ


今回宿泊した別館「清龍」の客室です。とても静かで落ち着けるお部屋です。


館内にある日本庭園の片隅には龍の手水舎もありました。何か風水的な意味でもあるのかな?


こちらは今年7月に開通したばかりの鬼怒川の新名所「鬼怒楯岩大吊橋」です。
吊橋は見た目よりも揺れるので、高所恐怖症の人は結構恐いかもしれません(苦笑)

 
『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★秋田郷土料理と地酒 「なま... | トップ | ★Eric Clapton, Jeff Beck 2n... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

GOURMET」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
役立つブログまとめ(国内旅行): 鬼怒川グランドホテル夢の季〔栃木県〕 by Good↑or Bad↓ (役立つブログまとめ(国内旅行)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓)
「鬼怒川グランドホテル夢の季〔栃木県〕」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。