廃盤日記(増補改訂版)

めざせ!日本全国の中古盤店制覇!(by じみへん)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★大嶋美智子「龍臥亭組曲」

2005年08月25日 | MUSIC
 
今晩は関東地方にも台風直撃の恐れがあるかもしれませんね。こういう日にピッタリの一枚がありました。ミステリーの巨匠、島田荘司氏の小説 『龍臥亭幻想』 に合わせて企画されたクラシックCDがコレです。ピアニストである大嶋美智子さんのオリジナル曲を演奏したもので、これをひとつのピアノ組曲に仕上げたのが島田荘司氏なんだそうです。面白い組み合わせですよね。最近流行りのコラボレーション企画のひとつといってもいいかもしれません(笑)。

音楽CDではありますが、制作は光文社のため、一般のCDショップ店頭に並ぶことはないCDです。当初はカッパノベルス発売記念の読者プレゼントとして抽選で200名に配布されましたが、僕は応募するのを忘れてしまい、どうにかして手に入らないものかと考えておりました。すると、なんてことはない、大嶋美智子さんのオフィシャルサイトから普通にネット通販として買えるじゃありませんか(笑)。しかも紙ジャケ仕様(こんなところでも云うか!笑)で、税込価格2500円+送料500円でした。入金した翌日にはすぐ届きましたんで今まで必死になってヤフオクなどチェックしていた自分が滑稽に思えて来ましたよ。しょーがねえなあー、なんて感じです(笑)。

ピアノ組曲なのでとくに面白いということはありませんが、小説 『龍臥亭幻想』 とその前作 『龍臥亭事件』 をモチーフにしたオリジナル曲なので、原作を想像しながら聴くとその場面場面が脳裏に浮かんで来るかもしれません。とくに今日のような台風が近づいて来る日に6曲目「龍の舞い」を聴くと、かなり心に滲みますね。こういう日は早く帰宅したいものです(苦笑)。


◎大嶋美智子 『龍臥亭組曲』 (NKCD-3956)

01. イントロダクション
02. 貝繁村の星空
03. ガラス箱の中の殺人
04. 田園を渡る風
05. 法仙寺の鐘
06. 龍の舞い
07. 眠る龍
08. 悲しみの村
09. 窓辺の雨だれ
10. 光の道を行く
11. エピローグ

ピアノ演奏:大嶋美智子

※大嶋美智子事務所/CD 『龍臥亭組曲』 通信販売はコチラです。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★GARY MOORE 「Live at Montr... | トップ | ★THIS IS LOFT/PLUS ONE~ロ... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして。 (みかも)
2005-08-25 21:18:40
こんばんはー。

トラックバックありがとうございます。恐れ多いです・・・!じみへんさんは筋金入りの島田さんファンのようで、私かなりずれた事を書いていてお恥ずかしいです。龍臥亭幻想にはやはり前作があったんですね。機会を見つけて、またちょこちょこ他の作品も読みたいです~。
TBありがとうございます (chihiro)
2005-08-25 22:27:10
音楽は小説にぴったりだったでしょうか?

私の龍臥亭幻想は吹雪いて暗雲としてる

イメージなのですが。。。

荒れ狂う台風にはぴったりかもしれませんね。
島田荘司先生の解説付きでした! (じみへん)
2005-08-26 14:16:33
みかもさん、chihiroさん>

コメントありがとうございましたー!!

筋金入りの島田荘司ファンかどうかは自分では判りませんが、

かなり年季の入ったファンであることは間違いありませんね(笑)。



音楽の方はどうなんでしょ、ピアノ組曲というもの自体、

僕には疎い音楽ジャンルでしたので、はっきりいってよく理解できなかったのですが、

小説の場面がなんとなく想像できたくらいですから、

やはり音楽的には合っていたんだと思います。

ちなみに、CD内には島田荘司先生自ら書かれた

『龍臥亭組曲』の解説といいますか、CD化されるまでの経緯が

語られておりますので、こちらも必読ですね。



こんにちは (ウォーレン)
2005-08-31 15:24:47
 こんにちは。はじめまして。

 トラックバックありがとうございます。

 このCDの存在は私も気になっていたのですが、いつのまにか忘れていました。島田先生の解説が入っているんですね。応募しておけばよかった・・・。

 島田先生は音楽の方面にも造詣が深いので、こういったコラボレーションも違和感はありませんね。
こちらこそ、はじめまして!! (じみへん)
2005-09-02 07:55:24
ウォーレンさん>

こんにちわ。コメントどうもありがとうございました!!

そーなんですよ、このCD、島田先生自らの曲解説といいますか、

この『龍臥亭組曲』がどのような経緯で完成し、CD化するまでに至ったのか

語られておりますので、これは必見必聴だと思いますよー。



初めまして (とりこ)
2005-09-09 23:45:48
初めまして~!

気付くのが遅れて申し訳ありません;

(※諸事情により一時トラックバックを禁止にしていました)

トラックバックありがとうございました。

私は今年になって島田先生のファンになり、日が浅いので〆切日に間に合わずCDのことは諦めていました。

…が、嬉しい情報ありがとうございます!

大嶋美智子さんのサイトから私も申し込んでみますv
こちらこそ、ありがとうございます!! (じみへん)
2005-09-11 09:52:21
とりこさん>

はじめまして、こちらこそご丁寧にコメント、ありがとうございました!!

大嶋さんのピアノ組曲CD、なかなか良いですから、是非聴いてみて下さいね~♪オススメですよ。



コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

MUSIC」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
龍臥亭幻想〈上下〉島田荘司 著 (chihilog.)
龍臥亭幻想〈上下〉島田荘司(著) 長い事借りっぱなしで放置してしまっていたんですが、読み始めたら止まらず…3.4日で読み終えました。 今回のお話は 以前の「龍臥亭事件〈上下〉」に続き舞台を同じくした岡山の物語です。 本編は終始非常に濃い岡山弁で展開されてお