廃盤日記(増補改訂版)

めざせ!日本全国の中古盤店制覇!(by じみへん)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★THE ROLLING STONES 「GET YER YA-YA'S OUT!」

2004年12月24日 | ROLLING STONES
 
で、下記のPYGでカヴァーされた「ラヴ・イン・ヴェイン」が収録されているローリング・ストーンズのライヴ盤がこの 『GET YER YA-YA'S OUT!』 です。PYGでのショーケンのパフォーマンスを聴けば、明らかにこのストーンズの影響を受けていることが一目瞭然です(笑)。厳密にいうと、このストーンズだってロバート・ジョンソンのカヴァーを演っている訳ですから、カヴァー曲のカヴァーという非常に複雑な図式となってしまいますが(苦笑)。

ストーンズのアルバムは全部所有しておりますが、中でも一番好きなアルバムは?と尋ねられたら、僕はこの 『GET YER YA-YA'S OUT!』 が一番好きだ!と答えてしまうかもしれません。それだけ繰り返し聴いたライヴ盤でもあります。とくに4曲目「むなしき愛」のカヴァーはストーンズの演奏の中でもズバ抜けて素晴らしい「悶絶即死バージョン(!)」の出来栄えだと断言できますっ!!ショーケンがどうしてもこの曲のカヴァーをやりたくて絶対に譲らなかった理由はストーンズのこの演奏を一聴すれば、すぐに判るはずです。ジャケットの「万歳チャーリーとロバのツーショット」も最高ですし(笑)。


◎THE ROLLING STONES 『GET YER YA-YA'S OUT!』

01. Jumpin'Jack Flash
02. Carol
03. Stray Cat Blues
04. Love In Vain
05. Midnight Rambler
06. Sympathy For The Devil
07. Live With Me
08. Little Queenie
09. Honky Tonk Women
10. Street Fighting Man

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★FREE with PYG~PYG LIVE AL... | トップ | ★ERIC CLAPTON 「MVR CHRISTM... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同じです (スズキ)
2004-12-24 06:06:04
俺もこれが一番好きですよ。

この時期のストーンズのライブは凄いですよね。

まさにセックス、ドラッグ&ロックン・ロール!
LOVE IN VAIN (じみへん)
2004-12-24 07:48:03
ええ、やっぱりこの時期のストーンズが純粋な意味で

音楽的にも一番充実していたような気がします。

後に黄金期を迎えるわけですが、聴き手の立場から云えば

『ゲット・ヤー』~ミック・テイラー在籍の時代が

もっとも好きなストーンズだと云えそうです。



関係ないんですが (スズキ)
2004-12-24 14:04:30
今新宿の帰りなんですがBFでMVのクリスマスサンプラーが出てました、既発音源ばかりでRなんですがとりあえずクリスマス限定発売だそうです、携帯からなんでとりあえず報告まで。
Unknown (ハリー)
2004-12-24 22:16:47
学生の頃、ストーンズやフー、キンクス等の

カバー・バンドをやていたのですが、この

アルバムを聴いて「LIVE WITH ME」をレパートリーに入れた思い出があります。

あっ、私のパートは「チャーリー」でした。(笑)ちなみに私の一番好きなストーンズの

ライブは72年の北米ツアーであります。73年の

欧州ツアーほどのきめ細かさが無い、荒々しさが

たまりません。
クリスマス限定ブート(笑) (じみへん)
2004-12-25 01:28:31
スズキさん>

ええ、僕も西新宿BFに云って『COWBOY HERE & THERE』と

合わせてクリスマスサンプラーCD-Rも購入して来ました。

僕は午後3時前頃に行きましたので、またしてもニアミスでしたね(笑)。

ご丁寧に新譜情報、どうもありがとうございました!!



ハリーさん>

なるほど、一番好きなストーンズのライヴは72年の北米ツアーですか!!

なかなか通なご意見だと思います。納得(笑)。

72年と云えば、なにか有名ブートが出てましたっけ??



Welcome To New York (TSP) (F)
2004-12-25 02:36:20
ストーンズのブートといえば、なんといってもこれにつきます。72年のNY公演のサウンドボードですが、これは本当にしびれます。特にCan't Always Get, Love In Vain, JJFは本当に最高です。半分ぐらいが未収録ですが、それでも今でも一番好きです。
THE SWINGIN' PIG (じみへん)
2004-12-25 17:29:33
Fさん>

なるほど、TSPの名盤『Welcome To New York』なんて作品がありましたね!

例のイラストジャケのやつですね。

オリジナルはプレス盤のはずですけど、このタイトル、コピー物のCD-Rも結構な数出回りました。



そういえば、最近またTSPを名乗って、あの激レアボックスセット『Wonderful Tonight』6CDを

リイシュー発売したレーベルがありますね。

あれって本当に旧TSPと同じマスターなんでしょうか??

単なるコピー物だったらショックですよねー。

ちなみになぜか僕は発売当時に嗅覚が働いて、激安プライスで購入した

オリジナルのLP大白箱ボックスを持っておりますが(爆)!!



Unknown (ハリー)
2004-12-25 19:06:13
ワンダフル・トゥナイト・・・ああ、ECの箱

ですよね。あの箱あたりからいや、レインボー・コンサートの箱あたりからブート購入を断念し

多くをトレードでいただくようになりました。(笑)



「WELCOME TO NY」の「BYE BYE JOHNNY」の

演奏は痺れます!私は72年6月24日の1ST&2ND

ショーを収録した「AIN'T NO ANGEL ON MAIN

ST.」をよく聴きます。ブートになる前のテープ

(トレーダーがコピー対策で少し細工があるよう

です)状態でもらったもので「HOUSTON'72」という6月24日と25日のラインを組み合わせたものが

お気に入りといえば、お気に入りです。



裏GET YER YA-YA'S OUT! (じみへん)
2004-12-26 10:28:35
ハリーさん>

毎度、コメント書き込みありがとうございます!!

遅ればせながら、こちらからもブックマークを貼らせて

いただきましたので、今後とも宜しくお願い致します。



ブートネタにもかなり精通されているとお見受け致しましたので、

またいろいろとご教示の程、宜しくお願いしますね(笑)。



そういえば、昔、この『GET YER YA-YA'S OUT!』の流出物も

幾つかブート化されておりましたよね?

僕が買ったのは、あまりにも音が悪くて泣けましたが‥‥(涙)。



ありがとうございます。 (Silver Train)
2006-03-12 20:26:04
こちらにもトラックバックしていただいたのでしょうか?

良く見たら、ブックマーク欄に当方のblogを掲載いただいているのですね。

ありがとうございます。

当方にもリンクさせて戴いて良いですか?

問題ございましたらご指摘下さい。
リンク、OKですよ! (じみへん)
2006-03-12 23:10:00
Silver Trainさん>

こんばんわ、ええ、ついでにこっちもTBしておきました(笑)

やはり好きなアルバムが一緒ですと親近感が湧きますよね。

リンクはOKですので、どうぞご自由にお貼りいただいて結構です。

こちらこそ、どうぞ宜しくお願い致します。



LOVE in vain (ヘタ)
2010-05-05 23:49:16
小学生の時にたまたまもらったEPがLOVE in vainでした。
魂がゆさぶられました。それ以来、未だにたまに聴いています。。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
GET YER YA-YA\'S OUT! / ザ・ローリングストーンズ (ムツ兄の、てげてげ人生日記)
今日は、ストーンズの1970年のライブ・アルバム、『GET YER YA-YA\'S OUT!』を聴きながらブログを書いている。当時の熱気がむんむんとして伝わる好盤だ。アルバム・ジャケットのチャリーワッツがギター持ってジャンプしてて、後ろにドラムセットを積んだロバが写っていて
The Rolling Stones - Let It Bleed (ロック好きの行き着く先は…)
 1969年、今や大御所となったストーンズも動乱の時期を迎えていた。バンドのリーダーでもあったブライアン・ジョーンズはヤク漬けになっていて全くその才能が使い物にならなくなっていた時期、そして次なるギタリス
Let It Bleed/THE ROLLING STONES (ザ・ローリング・ストーンズ) (OOH LA LA - my favorite songs)
Let It BleedTHE ROLLING STONES [ジャケットの写真...