帆∞翼(セイル バイ ウイング) -太陽そして風と供に- 

思った事、出来事等を綴っている日記です、風・海・そしてバイク・・・皆僕の好きな物ですけど

「よろしく!」  

時給3万???

2017年06月15日 | Weblog

技術的視点から、 「これ、このままじゃ~ まずいんじゃない?」  と、ある設備に今起きかけている問題点を指摘した僕。

対策はそんなに難しい事では無いのですけど、 一発手順を間違えると燃えたりして、下手すりゃ~数千万が飛んでいくだで。(笑)

 

部品見て「取り寄せ(海外から)てあげあるから、やってみたら!」と言っていたら、

後日、事を耳にした検査官から、「きちんと対処せよ!」と設備メンテナンス会社にハッパがかかった。    可哀想? 

 

で、やはり?というか、「家の方では出来ないので、代わりにやってもらえないでしょうか?」という連絡が来た。 

おもわず電話で苦笑してしまう僕ですが、「分かりました」と、快く引き受けた。

 

時間にすれば、一時間もかからない作業なんですが、技術的高度な知識が当然のごとく要求されるのと、日本の機械設備では無いので、

通訳、翻訳という要素もプラスされて、必然的単価は高くなる。

 

引き受けたのは良いけど、「怖くないか?」といえば、無いはずない・・・・のが正直なところ。

 

「めんどうくさいな~」 とは思いながら、そのままにしておくわけにも行きませんから、終業後に現場に行って、測定器を使いながら対策完了。

 

請求額は4万5千円(うち部品代は1万5千円)ですが、作業中に三つほど小さな問題(後にこれで設備が突然止まる様な単純案件)を発見。

これも直さないとまずいので、15分くらいの作業を後日やって、プラス五千円請求することになります。

合計5万円、 工賃と技術費は3万5千円。    時給3万ちょいと言ったところ。  安いでしょ!?

 

普段の仕事はね、単なる雇われの身なので実に薄給。(大爆笑!)

ほんとね、基本給与だけもらって、技術的な要素は全て、ただ同然の放出(奉仕?)ですから。

 

こうした単発事案は、どうしても・・・・と頼まれた時だけ請け負いますが、 

これが高いのか?やすいのか?と聞かれれば、 会社組織として一般的に請け負い請求する価格より、遙かに安価です。

今回も専門会社でやったら最低15万は請求される案件。

 

僕の場合 マルチスキルエンジニアなので、電気なら電気だけやる とかではなく、 技術的要素の複雑な組み合わせの物を扱う。

工学系の 機械+電気+通信 とか ハイドリック+建築+電子+空調、 自動車+電気+科学 等

幾つもの技術的牽連性事案の絡んだのを、調査・設計検討・材料発注・施工工事・調整試験・書類作成 そして営業も、たった一人で引き受けるわけです。

 

”時間”あたりの単価は、大体3万円辺りからですけど、

・まず技術英語の翻訳・通訳で2万  + 後に書類を作成したりすると A4一枚で10万以上(内容の複雑さで変化し、設計等がこれに入ると限度無し)

・基本作業単価は時間あたり2万と安いですね~!(笑)(ちなみに、車のディーラー整備なんかは、大体8千~から1万円) + 高度な測定器や調整を伴うと、最低1万から始まって上は限度無し。

・調査は5千円くらい、その結果、システムモディファイの必要性や、旧式のために部品が無い等すると代替の検討や設計が入るので、技術的内容の複雑さで、最低1万から上は限度無し。

 

ただし、トータル金額が、大企業が出して来た見積もり等と衝突した場合、かならずその価格の3割から半額程度にする。

恥ずかしくも無くやります。

 

10人の携わってその価格なら、こちらはたった一人なので、その分が安いんです。

 

単なる個人請負ですから。  うぺぺぺ

文句有るなら、向こうが頼まなければ良いだけで、こちらは痛くも痒くも、困りもしないですから、別に。

僕に頼めば安くなる分得し、 頼まなければ 他社の出してきた高価な見積もり通り払えばいいし、事は至極単純です。

 

と、そんな、どうでも良い話は放って置いてと、これで新しいセイルかマストが買えるかな~!? フンフフン  中古だけど!  あはははは

 

しかし・・・・・コンサル会社とか起こしてくれないか!?とか又言われるんだろうな~多分・・・

「やりません!」絶対に 、 日本社会に到底馴染めない人間なので、僕は。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イカをもらったので イカジ... | トップ | シート用ラックの,取り付け »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。