帆∞翼(セイル バイ ウイング) -太陽そして風と供に- 

HNは 翔(ファルコン)です、風・海・そしてバイク・・・皆僕の好きな物。

「よろしく!」  

南西の風 

2016年09月18日 | Weblog

なんつ~かね、運がいいというのか、思った以上に吹いて。

 

幸せ!  うふふふ    ←キモい(笑)

ゲレンデに着いた時にはすでに5~6艇くらいかな、沖に出ていて飛ばしている。

それ見ながらショアサイドの道を通りぬけつつ、同時にセッティング中のサーファー達のセイルサイズを確認。

多分、4.5~6くらい。

 

自分の手持ちは6.0が最小。 汗

半分焦りながら駐車場に車を入れ、早速準備し始めたら、あらららら? 「なんか風落ちしている? 」

やおら7.5に張り直すか?なんて思いつつも、前線接近に伴い風が強くなって来るのは常なので、まあよかんべ と出挺。

浜から100m位はなんかジクジクして、「こりゃ~なんだろう?」 なんて思っていたら、突然のパワー爆発。 Oh!

 

一瞬取り乱して、なんとか支えたセイル煽り込み、ハーネスにラインをかける、

ストラップにつま先が入ったらスイッチON、 自然との間の主従交代でこちらに主導権が来る。

 

「プハ~」と思わずため息を吐いてしまいますが、そのまま荒れる海を爆走。

完全なる至福タイムの開始  「「ヒャッホー!!」」

そのまま1時間ほど乗っていたら、吹き上がりが更に強くなり、6.0で完全オーバー状態。

 

コントロールするとかそういった次元を超えてしまい、ただ暴走+アドレナリン全開で恐怖だけの世界。 に突入。

脳内麻薬でも全身に廻っているのか ラリっているのか、変に高揚して一番危険な状態なのに止められない。

 

バンバン飛ぶし、乗っている感じはひたすら波頭の頭の上をボードの底で叩いて飛び上がりつつ吹っ飛んでいく感じで、この速度でまたぶっ飛ばされたされたらと思うと、「どこか骨折れるかな~今度こそ?」

 

そんなことを考えつつ乗っていましたけど、ついには限界越え、浜に帰着しました。

そのまま風落ちるまでの待ちTIMEですけど、周りはすでに4.5前後のセイルサイズ。

 

6じゃ~無謀だった。

他の人によく乗っているね~!とか言われたりもして、褒めてんだか呆れられているのだか正直判らん(笑) 

 

で、風が落ちてくるまで浜で休みながら待ち、落ちたら出て、吹き上がると戻ることの繰り返し。

セイルの小さいのを買ったほうが良いかな~???とこんな時に思うのですけど、今度はワンサイズ小さなボードが必ず欲しくなる。

 

爆風下で出るなんてチャンスがあまり無い僕には、数十万円の出費は痛すぎるので、チューニングと腕で乗り切るしか無いんです。

お昼すぎに風落ちて7.5で出られる穏やかな風になり、でも張替え面倒な僕はそのまま。

なんだかんだでしっかりと楽しみ、今回は怪我もなく無事終了となりました。

 

夏休み5日間、一度も乗れずに終わること覚悟していたけど、思わぬ恵みでひたすらニコニコ

いつまでたっても子供が抜けない翔です。てへへ

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 道具積んで明日は | トップ | ジャンプ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。