帆∞翼(セイル バイ ウイング) -太陽そして風と供に- 

翔(ファルコン)です、思うまま綴った日記です、風・海・そしてバイク・・・皆僕の好きな物。

「よろしく!」  

最近付いていないな~

2017年05月31日 | Weblog

このところ、、色々と旨くいかないことが多い。

ケチの付き始めが、肋骨のヒビ。

その次は、車のテールゲートに無理な力が架かる出来事が起きて、テールゲートに歪み発生。

まあ、これは修理しましたけど・・・

 

その次がスマホのバッテリー交換トラブル。

愛用の Ascend Mate7のバッテリー持ちが極端に弱くなり、オーダーをしておいた新品と交換するベ!

と作業したら、 逝ってしまった・・・・・

マルチだけど、基本的に電子電気専門の僕なのに   涙

 

春に、娘のiphone(ディスプレイ交換)を壊している前科者ですが、

この時は、バッテリーを外さないまま作業して、小ねじをヤバいところに落下させてしまい、それがショートしたのが破損の原因。

 

今回は?というと、 ケースを開け、リードをきちんと外し、肝心のバッテリーをはがそうとしたら、これが又半端なく強烈に張り付いている。

 

余りに頑固で剥がれないので、念のためにYoutubeを数本見て上手な剥がしかたのヒントを探ったけど、太った白人兄ちゃんがガシガシ隙間に何か突っ込んで(ドライバーとか)無理に剥がしている。

ばはははは!

でも、「そんなんで大丈夫なのかいな?」 と思う僕ですから、その後も慎重にやっていたんですけど、

 

どうやっても剥がれないので、仕方なしにプラ製レバーをいれたら簡単に折れた。

結構丈夫な物なのにです。 

 

仕方ないのでドライバーでこじったら、 バッテリーを包んでいるアルミ製外装がゴソッと剥がれて、そのまま携帯側に付着。

どんだけ強烈に接着してるんだよ・・・・・

 

それは良いのですけど、 ヤバかったのが、アルミ外装剥がれたバッテリー部分にドライバーの先端が当って傷ついたとたん、”パシッ!”という音。

 

リチウムイオン電池の恐ろしさ知っている僕は、瞬間的に青ざめたのですけど、大火には至らず。 よかった・・・・

 

しばらく様子を見て、大丈夫なので新しいバッテリーに交換して組み立て、で、電源入れたらウンともスンとも言わない・・・・・・・ ああああ これだもんな~

 

しばし無言の翔ですが、念のために何度も組み直して、でも一度も電源はいること無く終了~~~~~~!!

 

ある意味専門分野だよ? 自分は? ひたすら落ち込むわけですが、駄目な物は駄目。

 

スマホが無いとやっかいなので、仕方無し?にそのままAmazonにて、中古の極上品 と書かれている Ascendmate7を購入。

昨日、家に届いたのを開けて、電源入れて、何気なく置いた状態のディスプレイを見たら、

なんと液晶奥(裏側)にクラックが入っていて、液漏れと割れが見える。

真正面から見ると全く判らず、かなり斜めにして、しかもディスプレイが白い表示になっている時しか見えない。

 

これじゃ~販売する側が買い取ったときに解るはずも無いよな~と思う。

しかも一部分、色むらが有るし。

 

なんつ~付きの無さだよ!と、

 

しばらくして、気を取り直して、Ascend mate7買ったのは、たしか2年以上前だったよな?と思いなおして、新しい物に買い換える事を決断。

 

といっても、新品は高いので、 中古をヤフオクで探したら、 最新型 Mate9の先月購入品が出ていた。

 

価格もそれなりだったので、即決で落札。 平均的新品販売価格から-1万円程度の価格。

で、その後???に改めて仕様をみていたら、 NanoSIM 使用と書いてある。

 

えっ! NanoSIM   ここで再度無言。

Ascendmate7は Micro SIM なので、そのままじゃ、使えないじゃん!!

 

マジかよ~と、有る面、適当な性格が出たわけでも有りまして、もろ災なわけですが、

もう”簡単決済”で払ってしまったし・・・・

 

仕方ないので、 SIMを NanoSIMにする手続きをしました。

 

しかし・・・・・本当に連続で、次から次へと、

これで打ち止め頼むぜ!と思う僕ですが、 どうなんだろ? 果たして

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨の前 Thank‘s 神様 | トップ | 折れていたわ(笑) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。