帆∞翼(セイル バイ ウイング) -太陽そして風と供に- 

思った事、出来事等を綴っている日記です、風・海・そしてバイク・・・皆僕の好きな物ですけど

「よろしく!」  

私と娘、そしてパイナップル

2017年04月24日 | Weblog

21日の日記。

汚物臭(二日酔いのゲロに野犬の糞を混ぜて嗅いだような ゲスノ極み臭)に半分トラウマになるかと思いきや、

助かりました・・・・

やっぱりね、人は心こそが全ての源、 そして愛なんです。  

 

正直助かった・・・・です、腐敗臭を排除できましたから。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スカイブルー

2017年04月23日 | 自転車

出来れば今年初のウインドをしたかった僕。

でもね、正直言って”気温17度”って?、やりたくは無いわな~、震えながら。  

しかも北風だし。   根性論嫌いだし・・・・

 

た~だ、太陽さんが 燦々 だと、お昼から南の風(サーマル)に切り替わることも有るし・・・・

 

なので、ひたすら悶々していたのが、雨降る昨日の夜でした。 

でも、いくら考えても、「明日の朝に判断すりゃ~いいや!」 ってなもので、いやそれしか無いのですけど、 目覚めたのは5時頃。

 

外はすでに雨やんで、 「晴れます!」 的な感じだし、 困るのが、それで余計に迷う?という一点。

 

案の定? 気温が低かったので、それだけが判断材料になりました。

 

で、海はとりやめて、 MTBでのツーリングに変更~~~~~!!  ウキャキャ!

朝の7時に家を出て、 ところが予定の駐車場は チューリップイベント?で塞がれてしまって、暫しウロウロしたあげくに、少し離れた公営の無料駐車場に停車。

そして乗りだし。

 

しばらく走って思うのは、「や~っぱり、気温が低い!」、何時もみたいにラッシュガード一枚という感じでも無い。 多分気温14度くらいかな・・・・

今日の予定ですが、 阿蘇神社から登戸までの33.5kmを往復。

 

桜がまだ残っているところも有ったりして綺麗だけど、 ソメイヨシノじゃ~無い。

立川辺りを通過したその先は、 砂岩?を浸食した川の流れが見れたりと、 多摩川は以外と気持ちいいです。

しかし・・・・多摩川両岸は、どんだけ野球とサッカーの練習場だらけ?という感じでして、 後は公園とか、ただの藪とか 人工施設とか。

 

特段急ぐ理由もないし、 暖かい南風が入ってくるのを期待しながら府中を通過。

川崎、いや羽田まで行ってみるか~?と、一応は思うのですけど、だんだんと強くなる北風を考えると、 こりゃ~帰りは登り(高低差100m位)で、向かい風だわさ。

 

でもって?堰を通過。

釣りやっている人が居るけど、 足場ヌメヌメして、 「ヤバくないん?」なんて思う僕。

 

さてと、だ! (笑)朝の8時半頃から乗りだして、どこまでいくか?で迷いましたけど、一応は 登戸で折り返すことにしました。

 

帰路ですが、 朝は穏やかで追い風気味だったのが、心配通り?に今度は斜め45度から真正面にかけての向かい風。

 

いやだな~なんて思いつつ、 ただ、さすがに気温が上がって、当たり前ですが、筋力を使うので暑くなる、上に羽織っていたのを脱ぐと、ラッシュガード一枚に変更。

 

途端に気持ちよくなり、春を満喫。 フンフンフフン

 

途中で一休みしたのはここ。

向こうでも一人寝ていますが、 僕も同じ感じで10分ほどの休憩。

この時点で距離にして50km程度、青い空、スカイブルーが心地よいです。

この後、途中休憩(トイレ兼ねて)をもう一度して、

そのまま乗り出た阿蘇神社まで行こうと思いましたけど、 その少し前でやっていたチューリップイベント?に目が行った。 ん?

 

リューリップ畑? 祭り? なので、せっかくだからMTBを降りて、会場を歩いてみました。

サムネイルは、クリックすれば拡大できます。

こんな処があったんだ・・・・・なんて思う翔ですが、さすがに腹が減ってきたので、再び乗り出して、ゴール?の阿蘇神社。てへへ

 

羽村堰からここまで約1.5km さらにこの奥に入って、車までの距離は1.5km

登戸まで32kmなので、往復で70km、 帰りは向かいの北風と、標高差100mの登りでした。

 

乗っているのがMTBなのと、帰路はまじ強い向かい風走行状態なので、ロードバイク換算だと100~120km程走った位の疲れになるらしいです。

ふ~ん・・・・

 

一応???は疲れを感じましたけど、 ウインドサーフィンの、あの全身の骨と筋肉が砕け散るみたいな激しい消耗とはほど遠く、普通に家に帰れる感じ。

 

乗りだしは8時半頃、 同じく車まで帰着した時刻は13時。 

約4時間でしたから、平均にして時速18km位でしょうかね。

 

さすがに空腹感が酷く、 帰りのコンビニで菓子パン一つとオニギリ2つ、+ビタミン果物ジュ―スを買って、エネルギー補給。

後は帰宅したらビール。 

とても楽しい一日でした。

 

何時も思うんですけど、 MTBやロードサイクルは 胸下からつま先まで筋力は確かに使うけど、上は背筋以外に殆ど使わない。

皆、腕と胸筋、及び肩周りの肉厚が薄い(細身)人達ばかりである理由が、痛いほど良く解ります・・・・・ 下半身を鍛えるには向いているな~自転車は。

 

ただ、”やはり”物足りない翔にとって、 全身ガタガタになる程酷使するけど、最高に楽しいウインドサーフィンの方が楽しい。

来週辺りから乗れたらな~・・・・と思う翔です。 

 

写真は22日に軽く走った時の写真、 この後すぐに雨が・・・・

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽

2017年04月21日 | Weblog

音楽ってこういったもんじゃない?

ゲスノ極み乙女????? ゴミだな!  本能的要求の適切な抑制と、人の心を寸分たりとも理解できない人間の創る曲は、

汚物(腐敗廃棄物)に等しいわけだ。

 

ただし! これはあくまでも翔の考え方。 押しつける気も無く、賛同、同調してもらう気も無く、 素直に思ったことを書いただけ。

なので、気にしないでね  てへへ

 

 

 

た~だ、動画は良いけど、この動画公開しているおかしな?のは・・・・・

なんつ~か。

 

 

最後に冒頭の汚物紹介(見るも聞くも酷すぎて耐えないので数日後にURLだけに変更します)

しかし。 これが才能????? 天才?????  ただひたすら吐き気だけ。だよ 翔は

 

追記:ブログに載せているだけで不快なので、動画は削除しました。

URLも要らん!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブラブラ ぶら下がってるから

2017年04月21日 | どうでもいいけど、とりあえず

カットした!!  ん????

 

 

くれぐれも、変な想像はせん様に! だははは!

 

 

 

 

 

 

 

僕が使うリュックは二つ有って、 一つは通勤専用?で、これは中にゴシャゴシャ物が入っていて、かなり糞重い。

 

一度僕のバックを持った人は皆知っているけど、常に7~10kg程度の重量が有って、そんなのを担いで普通に歩きまわるし、丘や山にも登る。

もう一つはね、 MTBライドの時などに使う、極力軽くてポケットのやたら多いやつ。

 

両方ともDAKINEという 、サーフィンとかをやっている人なら知っている、有名な海外ブランドなのですけど、実はMTBライドに使うのに、仕様はスノーボード用で、” なんでこれか? ”というと、

これ使うと、いざというときにMTBその物を背負えてしまうんです。

 

それほど造りが特殊なんですけど、ひとつだけ?問題がある。

ブラブラなんです、(笑)

タイトルにもありますけど、 長いんですね~ 、腹ベルトと肩ベルトが(笑)

 

なんせ、腹の出た、でかいヨーロッパ人でも背負えるようになっているものだから、平均的日本人の僕では、余った?のがぶら下がる。

 

ただ歩くだけならいいんですけど、これで自転車に乗るとやばいのは間違いなくて、

万が一車にでも引っかけられたら、体丸ごと持っていかれるしと、ろくな事にならない。

 

なので、 ハサミでカット。

問題はカットの後処理。

大抵は、こういった織り込み物はカットした傍からほぐれてくる。

ライターかなんか?で処理すればいいですけど、今回はヒートガンを使ってみました。

”ミルウォーキー”????の熱き赤(血)だぜ! なんて言うと、チョッパーのハーレーに乗った軍団が出てきそうですけど(分かるかな~?)

これ使うと、半田基盤の部品がボロボロと落ちるほど、強力。

 

で、実際に末端処理してみたのですが、 これが案外いける。

いままでライターでやってたのが、嘘の様に、又やたらと簡単に処理できて、

いいね!

 

で、カットしたのが下の写真(黄色丸)ですが、

これで乗っている時に、気にならずに済みそうです。

 

ちなみにこのリュック、 フル装備にするとこうなります。

ぶら下がっているスキットルは、 自転車で山を彷徨くときのクマよけで、登山ベルがあまりにもダサいので、ステンレス製のボトルです。

もちろん中にウィスキーとか入れられます。

適当にバッグのプラ部分に当たり、カランコロンといい音がしますよ(笑)

フロントにあるバッグを取り外すと

とても便利で、お気に入りのバッグです

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スピッツ / 空も飛べるはず

2017年04月20日 | Weblog

僕の好きな曲、 明日ね! 翔  ニコニコ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウワッ! 土埃だらけ・・・・・(--;)

2017年04月19日 | ウインドサーフィン や釣り等

出来れば、今週末には”初乗りしたいな~” なんて思っている翔。

た~だ、倉庫の中からトレーラーを引っ張り出して、 昨年秋からの土埃を洗い落とさねばならないのが、実~にかったるい。

一昨日と昨日は、風がヤバい可能性が有ったのと、雨挟んだということもあり、やりませんでしたけど、

今日はさすがにね・・・ てへへ

まあ、埃と言っても、 水ぶっかけるだけで流れてしまう程度の乾いたのがうっすらと載っているだけですから、散水ヘッドのシャワーをストレートすればOK!

あさ一番に来てやりますが、 本当に日が長くなった・・・・・

まず、デカいカヤックから。

水かけるとこんな感じで汚れが流れて綺麗になる、分りますでしょうか?

かけたところは色が綺麗で、 船体下に溜まった水が真っ黒。

次はウインドの道具を全部並べ、

いっせいに洗っていきますが、 シーズン中はずっとお世話になる道具達。

*写真は10時頃に乾燥させている?というか天日で乾かしている時に撮った物で、ボードなんか魚の干物みたいだな(笑)

一部を除けば、 ピーク時には殆どヤエモンの中に収納されているわけで、なんつ~か”良く入るよな~”なんて思ったりもして、同時に老体のハイエースには、可哀想な気がしたりもする。

 

20万キロ走った車ですけど、 体感的にパワーの衰えも無く?、というか

丈夫なだけが取り柄だけど、元来は非力な 3Lエンジンですから、よう判らないのもあります(爆笑) けけけけ

 

昼休みに、乾いた道具をまとめ、もう一度倉庫にしまい、 週末の土曜日には車載して日曜日に備えますが、

どうやら気温が週末にかけて低下していくみたいで、20度前後になるとか言ってるので、果たしてやる気が起きるかどうか?

 

が、今は心配な翔です。   

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新緑と、今年最初の真夏日

2017年04月16日 | 自転車

昨日は、二日酔いになる程は飲めなかったので(頼んでも来なかったのが真相)、朝から変にパワフルな翔。 

でもってだ、まだウインドの準備とかをしていなかったのもありますけど、快晴の一日を無駄に過ごす手は有りません、

なので、 ”MTBに乗ってこの季節を楽しんでこようか!?”なんて思い立ちました。

 

朝の七時頃に家を出て、職場に寄ってMTBを倉庫から出すと、ヤエモン(ハイエース)に積載。 オッシャ!!

 

車の通りが殆ど無くて広い道路ならいざ知らず、 狭くて交通量の多い市街地でドライバーを苛つかせたり、不快なをまき散らしたり、

それでいて自分だけは悦に浸る?といった自己満足的思考が全く存在しない翔。

当然、着るのは純ホワイトのウインドサーフィン用ラッシュガードに、関節が伸びる黒のスポーツデニム、そしてワークブーツにリュックという、

何時ものウルトラダッサイ!出で立ち(笑)。

派手な色の服に、あのタイツみたいなやつを履く趣味も無い(あの尻を見ると、とにかく不快になるので)・・・・

 

しばらく運転して、今日の目的地近くの駐車場に車を駐めます。 ここから目的のコースまで数キロ。

MTBを降ろして準備していると、太陽が連れてきた風がラッシュガートを通して体にひんやり届いてね、恵まれた季節が来ていることを教えてくれます。

 「いいね~!」

 

今日は「夏日になる!」、とか天気予報で言っているので、 当然上着は無し(車の中)。

 

飲み物二本に、菓子パン一つ(走行距離的にあり得ないのですけど、体を絞るために糖質制限を普段からやっていますので、万が一ハンガーアウトになったりしたら話にならないので)、そしてタオルをリュックに放り込んだら出発。

 

昨日、強風が来なければ、おそらくはまだ満開だったであろう桜も、殆ど散ってしまい、でも、残った桜の花と若葉の取り合わせというのは以外に良いものです。

地面には、昨年の秋から冬の名残であるススキや枯れ草と、その合間に新しいグリーン、そして水も空も一面ブルー。

 

今日走るのは、東京の多摩に有る、割と大きめの湖。

一周、約15~17kmくらいかと思いますが、専用サイクルロードが有るので、 そこを流します。

気温も馬鹿みたいに高くならない季節なので、おそらく自転車で走るには一番適しているだろうな・・・・ 

 

とにかく目に入るのはライムグリーンに彩られた木々達、そしてあちらこちらに咲いている花、そして路肩のタンポポ達。 

 

まずはゆっくりと走行。

後ろからロードが抜いてきたり、正面からすれ違ったり、ジョギングしている人や散歩の夫婦もいて、 そんなところは速度を落として通過。

一周したら、一応は休憩 

トイレに入って、汗も乾くと、もう一周に乗りだしますが、今度はコースを理解しているので割とハイペース。

途中から湖コースを外れ、都心方面に向かうサイクルロードに入り、適当なところで行ってUターン。

後は帰路ですけど、全部走り終わった走行距離は多分、50kmくらいかな・・・・・チョロい (笑)  なんせまだ40代後半?だから。

朝8時過ぎ? に乗り出し、約2時間15分経過で約45Km位、元の一周コースに戻ったら、後は残り数キロくらい 

 

たいして疲れもせず、もう一週してみるか????と散々迷いましたけど、同じ処を3回というのは、さすがに飽きるのでやめておきました 

 うん

 

 

昨年秋に、初めて高性能のロードサイクルに跨がり、その機動性に驚いてMTBを買った僕。

初めはロードの予定だったのですけどね、常に自然に触れていたい、いや溶け込みたいという思いが常に自分に有るので、

なので、「何キロ走った!」とか自慢したり、 「どのくらい速度が出た(時間縮めた)」とか、意味不明な張り切りも無いし、ある意味必然的にそうなった訳です。

 

細いタイヤの危険性もよく知っているので、 故に安全性が高く、しかしながらロードより遙かに走るのに力が要る、太いブロックパターンのタイヤ。

ガシガシとペダルにパワーをかけて、山を駆け上がれるマウンテンバイク(MTB)の方が自分に合っていると思ったんですね。

前も書いたかな・・・・・同じ事。

 

しかし、”買って良かったな!” と思うのは、自転車から見える景色というのは車やバイクとは全く違うし、車が走れない処だからこその景観があったりする。

その楽しさを知ってから、 時々目的地を決めて乗っていますけど、 その度に違う感動をもらったりしています。

 

ただ、そろそろ海のシーズンで、 ウインドサーフィンが週末のメインとなる夏から秋、 どの程度乗るかな~これから秋まで・・・・

 

まあ、同じ人生をすごすなら、楽しい方がよいわけで、花粉が酷い春と、爆寒な真冬の厳冬期除けば、色々と忙しい翔です。

  えへへ

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親戚会

2017年04月15日 | Weblog

年に、一度もしくは二度ほどやっている親戚会。

本当は自分達(親世代)が昔からやっていたのですけどね、 いつの間にやら子供達の世代に主役がシフトしてしまって、

まあ、僕からすれば息子や娘、姪や甥なんかの世代なんですけど、皆成人してお酒飲めるようになったのも有る。

子供の頃からキャンプとか、遊びや、旅行に連れて行ったり、それも有るのかもしれませんが、何やらかんやらでみんな仲がいい。

当然家の息子夫婦もそうだけど、 子供(僕からすると孫)が居るわけで、ディズニーに行ったり、互いの家に遊びに行ったり、年齢近いし、幼なじみで有るがゆえでも有ると思う。

親戚、親類同士の仲が悪いのは悲しいことで、皆血のつながりがあるのだから、仲良くしていけるという事は、幸せなことでもあると僕は思う。

 

そんなわけで、 今回はボーリングをして、その後は飲み会だそうで、

場所は池袋。

14時に西口に集合、その後 ボーリングを楽しんで盛り上がり、汗をたっぷりとかいたら居酒屋というプラン

実は僕、球遊び全般がほぼ全滅なんです。

野球、卓球、バスケ、テニス等々、 なんであの丸い物を投げたり打ったりが楽しいのか?が今もってさっぱり解らず、 ただ、サッカーやらラグビーみたいなのは、格闘技に近いので逆に楽しい。

そんな感じで「ボーリングは?」というと、多分に漏れずコントロールが出来ない。

で、親戚会の中でも、体力があがってしまった人の分までぶん投げて、 二人分やることで、何かしらコントロールのコツを掴めるんじゃ~ね~か?と、

途中から、かなりムキになってやってみた物の、女の子にも大差で負ける始末(お手上げ)と、まったくもって情けないやらなにやら (爆笑)

まあ、そんなんで、約2時間ほど皆で大騒ぎしました。

 

その後は居酒屋に移動ですが、その途中で、なにやらもめ事している二人。

見た目が二人ともそれらしくて、 大変なのは警察官。

間に入って説得していますが、 二人とも警官が制止するのを充てにしながら互いに言い合いしているわけで、本気なら大通りでやらずに裏にはいってやるわな・・・

横を通り過ぎながら見ましたけど、一人は腹が出た坊主頭の金ネックレス、もう一人はホスト風。

ちなみにそのホスト風はかなり酔っていて、坊主は顔がいかにも??風なので絡まれたみたいにも思えるが?

二人ともろくに運動もトレーニングもしていないのは上半身の筋肉見りゃ~一発で判る

 

加わっていい? と姪っ子達に言ったら、「やめて~!」と皆に言われてしまった。 ぎゃはははは!

 

この運動不足のデブ二人相手なら数分だな・・・・と内心思うけど、ガキじゃ有るまいし(笑)

 

さて、居酒屋ですが、開店17時に皆で入り、一応は食い放題、飲み放題なので、

食べ盛りの世代はよく食べる、 飲むし Oh!

 

ただね~ この店、やたらと大味でしかも脂物が多いし、 出てくる料理もおおざっぱだし、そのうち席が満席になり、捌ききれなくなって、店員がパニック。

疲れてきたのか態度も悪くなってきたりと、多分時間的にも一番入る時なのか?は判りませんが、厨房の金髪あんちゃんが必死。

これってこの若者達が経営しているのか? それとも、元締めが居て、それぞれに名前を換えて盛り場一体に何件も経営をさせているのか?は分らない。

一番楽しかったのはロシアンたこ焼き。

運悪くタバスコソースたっぷりに当たったのはご婦人。 涙目になってました

 

まあ、まあ、大盛り上がり??にて 親戚会は終了。

 

その後子供達はカラオケ、僕は明日があるのでこれにて帰宅。

呼び出しの電話を気にしながらの一日でしたけど、携帯は静かにしていてくれました。

 

しかし、ここから家まで、片道2時間だもんな~・・・・・遠いわ (笑)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

檜 の花粉

2017年04月15日 | Weblog

杉花粉は殆ど終わり、 でもって、今は檜。

車のフロントガラス薄らと汚れているので、ウオッシャーかけてワイパーで拭うと黄色い汁が・・・・・

 

そうなんだよね~ 檜の花粉は 杉みたいに延々アレルギー反応起こす訳じゃ~無いけど、 一度目が痒くなると差し込むように痒くなる。

鼻水も酷くは無いのだけど、 奥の粘膜が一度痒いような感じになると、途端に連続で鼻をかまねばならない感じ 

 

今年は1月から杉花粉、 2月はそれに+乾燥と砂埃  3月は花粉ピークで最悪 休みの日に外を出歩くのも辛くて、

で、4月に入って雨が大量に降ってくれたので、 乾燥と埃からはとりあえず解放。

杉も少なくなり、 ところが打って変わって 檜。

これ下手するとゴールデンウィーク辺りまで続くのでウンザリ。 ふ~

 

昔?は春が来るとひたすら嬉しくて、 意味も無くバイクで出歩いたりしていたんですけどね、 花粉症になって以降はうっとうしいだけで、

それなら抗アレルギー薬処方してもらえば良いじゃん! という感じでもあるけど、 絶対に逃れられないのが副作用。

 

自分がどうにもならないときに飲んでいるのは、輸入薬のアレルクリアですけど、これはクラリチンが入っている奴なので、

これは普通の薬よりかなり副作用が弱いんですけど、やはり全く何も無いとは言いがたい。

 

特にバイクに乗っていると、神経反応(反射)が薬で鈍くなっているのが良く判る。

 

ところが、車だと殆ど分らない感じで、まあ、それだけこの乗り物が年寄り向けでもあり、快適に出来ているわけですけど、 

体剥き出しで全方向に感覚研ぎ澄ましながら乗るバイクとは、全くかけ離れた乗り物だ。

 

そうそう、最近良く思うのが、 ボ~っとした運転している人がやたら?と増えているのでは無いか・・・・ ということ。

マニュアルミッションの車が世の中から殆ど無くなり、全部がATと言っても良い昨今、 

そのせいもあるのか判りませんが、信号が赤から青に変ってからの出だしが みんなノロノロノロノロ。

最初の車が出て、 すぐ後ろの車もやはりノロノロノロ

なのでバイクで走っていると、特段飛ばしているわけでもないのに皆ミラーの向こうで点になっている、 これ明らかに10年前とは違う。

 

人間、楽して頭を使わなくなるとバカ(スロー)になるというけど・・・・・

ギアを入れて、アクセルとクラッチをシンクロさせてスタート。

エンジン音から回転数を読み取りつつ、その時の状況判断でどうシフトしながら加速していくか? というマニュアル車とは大きく違い。

 

な~んにも頭を使う事無く、アクセル踏めば自動的に速度がのって、 車間保持自動ブレーキ機能を初めとして、ゴッソリ盛り込まれた安全機構。

 

まるで母親の腕の中で、安心感に浸りきっている乳飲み子状態だよな~ なんて思ってしまう。

 

能力は使わねば、必ず衰える。

人は生まれた瞬間に、その能力を本能的に高めながら成長し、 20才以降は更に能力を高めるか、駄目にしていくか?に別れて、最後には皆老化との

戦いになる。

常に、どれだけ意識して能力をキープできるか?が楽しい人生を送れるかどうか?にたいしてダイレクトに関係してくるのですけど、これは体だけではなくて

脳も全く同じ。

 

詰まるところ、ボーッとしてるという事は、ひたすら能力の低下を野放しにして入るのと全く同じで、

快適なエアコンと花粉除去フィルター付きの閉鎖空間で、何も考えずにアクセル踏む作業するなら、 路地の片隅に咲いている小さな野草、

信号待ちの短い時間の中で聞こえてくる野鳥たちのさえずり、 空を流れ変化する雲、 少しでも窓を開けて外界とのバリアを取り去って触れてみたらどうだろうか?

 

と、思う翔です。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

隼の、低回転時不調(アイドリングから3000回転まで)の考察 その7

2017年04月14日 | バイク

IAPセンサーの不良かな? と思ってテストした僕ですけど、

特段の問題は無かった。

昨日の帰りも絶好調で何の問題も無し・・・・・・まあ、調子よければ良いんですけど、 

 

ところで、 IAPセンサーの価格って 1万3千円位するらしくて、馬鹿みたいに高いんですけど、 ヤフオクとかみても、中古需要が高いのか?全く出ていない。

ただ、APセンサーはいくつか有る。

 

IAP部品番号は 15620-02F00

テストして気が付いたんですけど、 IAPとAPセンサーって全く同じ特製を持っていて、違いは形状(取り付けのための)とコネクターのピンアサイン(入出力端子の配列)が違う。

 

それ以外は全く同じで、 であるなら、 やる気になれば代用可能じゃん! ということ、

AP部品番号は スズキの正規パーツ番号は 18590-81A00 価格は2万4千???円

恐ろしい・・・・

ちなみに二つのセンサーのバキュームによる電圧変化特性は

IAP

AP

なんかmmHgの値記載が少し変だけど、完全に同じです。

 

で、さっき書きましたけど、問題はコネクターのピンアサイン。

IAPの方は

APの方は

アースとVoutが違うだけなので、 もしAPセンサーを IAPとして使うなら、

コネクターのソケットやはめ合いが完全に違うので、カプラーだけをどこからか入手して付け替えねばならない。

ギボシ端子かなんか付ければ、後でノーマルのセンサーに換えた特に戻すのは簡単ですけど、果たしてそこまでやる意味があるのかどうか? (笑)

 

もっとも、取り付けの為の形状も、片方は金属製ステー 片方はフランジ形と違うので、その辺も工夫をしなければならないけど、

出来なくはない! という事です。

ちなみに、 ヤフオクでセンサーという名で検索するといくつか出てきますが、

センサー関連については、 応急的な場合で無い限り、

中古品を使うのは、僕としてはお勧めしません。

 

重要な部品なのにテストして出しているわけではないので、 壊れたのを買わされると、 修理どころか混乱するだけだし。

逆に問題を引き起こすこともある。

かといって新品で、出品されているか?というと・・・・・

1万3千円は、痛いですよね~! もし壊れれば 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

隼の、低回転時不調(アイドリングから3000回転まで)の考察 その6

2017年04月13日 | バイク

センサー関係のテストの続きです。

まずはIAP(吸気圧センサー)のテスト。

とても見やすい位置に有りますが、裏返すともろにエンジントラブルに結びつくので、メンテナンスやテストがしやすくなっている(トラブルが多い???)とも言えるかもしれません。

ネジを外してコネクターを外せば、簡単に取り出せます。

テストの方法ですが、これは少し面倒くさい。

バキュームホースが挿仕込まれるところに、ゲージ付のハンドバキュームポンプをつないで、 減圧しながら出力電圧を測るのですけど、

ゲージ付きポンプなんて有りませんから、 これはホースつないで口で吸うことで代用。

 

正確な値は出ませんけど、 不調かどうか?程度の判断は出来る。

電池3本つないで約5Vを造り(パワーサプライがあるのでそれ使います)、 端子にそれ噛ませて、 後はテスターで測る。

大気圧のままで、表示される電圧はこれですが、入力電圧が5V少し上なので、このくらいです。

ホースの空気を口で吸い出し、 漏れやないかがないか?を調べますが、

クラック等が無ければ、どんどん吸い出していくと(というか案外減圧が大変)、電圧がそれに応じて下がる。

2.4V程度富士山の5合目辺りな訳ですけど、 こんなに空気が薄いん?と思うほどで、こりゃ~息がきつだろうな~なんて思ったりもする(笑)

実際に行ったことあるけど、全体が減圧しているのでそんなに感じないけど、海抜0m辺りからすれば・・・・

そのままセンサーを揺すったり、軽くたたいたりしましたけど、 特段大きな問題は無いようです。

ちなみに正規のテスト方法はこれ

IAPセンサーが大丈夫だとしたら、 不調の原因は一体なんだろう?という事になりますが、一応AP(大気圧センサー)もテスト。

これが又、外しにくい位置にあってね、 丸印のボルトが特に難しい。

それでも、何とかアッセンブリーを外してと・・・・、こんな感じ。

部品番号とか書いてあるのがAP(大気圧センサー)です。

その右にあるコネクター付のバルブは、エンジン回転数に応じてエアクリーナーボックスのフラッパーバルブを上げ下げする制御バルブです。

APセンサーのテスト方法は、基本的にIAPセンサーと同じですが、

コネクター端子の入出力ラインの配列が違います。  特性はほぼ同じみたいなので、配線変えればIAPの代用になりますね、これは。

価格いくらするのかは知りませんけど、 IAPは 1万3千円と(高っか!!)かみたいです。

やはり口で真空を造りだして、電圧測定する方法。

大気圧でこの電圧 ほぼジャストで5Vかけているので、 このくらいですね。

真空を造るとこの電圧、 さすがに口が痛くなる・・・・

すった感覚と電圧の感覚はIAPと同じでしたから、 どちらも問題が無いと思われます。

測定方法はこれ。

となるとだ、  これで一応はセンサー関係は全てOKという事になり、それなら不調の原因はなんなのだ?という事になってきますが、

なんせ症状が完全に消えてしまっている今、 どうすることもできません。

こまった・・・・

 

ちなみに?、ついで?なので、 フラッパーバルブのコントロールバルブに電圧をかけてチェック。

パワーをオンオフして、 ホース繋いで息を入れたり出したりして、バルブの動きをチェックしましたけど、全く問題ありませんでした。

 

ん~~~~~~~~~

センサーに異常が無いとすると、 後はバキュームライントラブルとかが考えられる。

というのは、 バキュームラインは燃料圧コントロールに対してダイレクトに影響していて、

常に、燃料圧が吸気圧より高くなるように調整維持することで噴射の貢献しているんです。

なので、バキュームホースとかが外れていたり、クラックなどで外気を吸い込んでいたり、 はたまた詰まっていたりするともろに影響が出る。

さらに燃料系以外に、後二つ関係していて、一つは、先ほど書いた用にラムエアシステム絡んだエアクリーナボックス内のフラッパーバルブ制御。

エンジン吹かすと回転数に応じて普通に開閉して、吸気のエア圧を調整する働き。

これのトラブル可能性は、僕のバイクの不調には余り関係なくて、そもそもが高回転域の話だし。

 

最後の一つがIAPの絡んだ物で、しかしながら、簡易テストの結果では、センサーに特段のトラブルは無い様に思えるんだよな~・・・・

 

一応バキュームホースを全体的に見てみましたけど、ゴムで出来ているので、段々と劣化してきます。

特に差し込み部分の処から、写真の様に割れてきたりするで、

目視でしらべて、二カ所ほど、先端を少し切って挿し直しました。

 

配線のルーズやコネクターの不良、緩みやガタ、不十分な接続や 接触不良が無いか?も一応は確かめましたけど、 特段問題は無し。

となると後は燃料ポンプか? 

何時も低回転でエンジン回して走っているので、インジェクターの詰まりとか、カーボンが燃焼室内に蓄積しているとかも有るし、

まさかECM?という事は無いとは思うが

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

隼の、低回転時不調(アイドリングから3000回転まで)の考察 その5

2017年04月12日 | バイク

前回の続きです。

晴れなので、当然?バイク通勤ですけど、 なんつ~か、 本当に調子が良くなってしまって、全く不調状態が発生しない。 

ですが、一応はセンサー関係を見てみる事にしました。

早朝と昼休みの二回に分けてやりましたけど、 その理由は 朝通勤直後はエンジンが温まっている温度の、ECTS(水温センサー)チェックとかが出来るんです。

まあ、簡易テストみたいなものですけどね・・・

 

エンジン停止直後の水温は、たぶん80度前後

でもって、センサーの配線カプラーを外し、テスターで直に抵抗値を測ろうとしたら、

とんでもない奥で指が届かない。

そこで、 ECUを外し、 カプラーコネクターから抵抗値を読んでみます。

少しでも時間経つと水温が下がってくるのですけど、 418Ω 

エンジン停止して、カバーとかタンクとか持ち上げたりしていたので、水温は70度くらいかと思いますが、値としては悪くありません。

 

そのまま置いておいて、昼休みに再測定した値がこれ、気温20度くらいあるので、

まあ、このくらいの値で正解です。

コネクターを指で触ってみましたけど、抵抗値に変化はないので、接続や回路、センサーは大丈夫みたいです。

 

 

次がIAT(吸気温度センサー)、これは エアクリーナーボックスの下にあります。

測定するには、クリーナボックスを外してと・・・・ 

測定した 値は1.35kΩ     外した直後は1.076KΩでしたが、見る間に冷えてくるので値が変ります。

更に少し経つと、風で冷えて、この時外気温14度位です。

昼休みに再度測定した値は、太陽光で温まっているのもあり、こんなものですかね。 

特に問題は無いようです。

エンジンの冷却水や吸気エアの温度が低いと 濃いめに噴射する 二つのセンサーは問題は無いようです。

 

ちなみに、良くネットのメンテナンス関係に書かれている、スロットルポジションセンサーはここ。

今回の不調との関係は、まずありません。

CMPS(カムポジションセンサー)は、エンジンのヘッドの左側です。

これも今回の不調とは関係なし。

 

とりあえず、その5はここまで、続きはその6で。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

変わった保管の仕方ではあるけど、

2017年04月10日 | Weblog

特段珍しく無い光景とも言える、家の職場では  汗

 

ちなみに中身は入っている。 ぎゃははははは!

確かに詰め替えの面倒も無くて、極めて???効率的だな~とも思う僕ですが、

人生の半分を星条旗の下で生きている僕ゆえ、常識感覚がとうの昔に麻痺しているのは間違いない・・・・(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年04月08日 | Weblog

野暮用?もあり、半日職場にいた僕。

朝からジャカジャカ雨じゃ~何にもできないし・・・・

15時頃までには雨上がり、せっかくなのでハイエースを出し、桜の下でワンショット撮影。

写真はさすがに暗かったので、編集ソフトで明るく加工してあります。

 

しかし、今年は咲き始めるのが遅く、しかも週末の今日も、明日も、雨予報。

 

露天商のおっさん達、 子供連れてお弁当持って張り切っていたお母さん、

皆で飲めや歌えやを目論んでいた学生さん達、その他大勢、

日本人なら大多数はガックリしていると思う、翔です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

隼の、低回転時不調(アイドリングから3000回転まで)の考察 その4

2017年04月07日 | バイク

続きをやりたかったんですけど、雨予報やらその他で、バイク通勤が出来ませんでした。

なので、な~んにも進んでいません(笑)

 

で、「どうしょうかな?」と思ったんですけどね、

今の状態で思いつく、トラブルトラブルシューティングに関しての事を書いてみます。

 

まず、基本は自己診断機能ですけど、故障診断や不調対策として、隼のECMが記憶しているトラブルコードを表示させるのが最初。

ただ、出たり消えたりしている類いのトラブルだと、 このコードが出る可能性は極めて少ないです。

 

理由は簡単で、ECMは基本的に断線、もしくはショートとして検出できなければ、トラブルコードとして明確に表示してくれないんですね。

見方は、エンジンが不調になってから、バッテリーを外さないままの状態で、サービスコネクターを導線か何かでショートさせる(皆知っているますよね、有名なやり方?なので)

そんでもって、下の表がメータパネル(時計部分)に表示されるトラブルコードの一覧。

 

今の、自分のバイクの不調に関係ありそうなものを幾つか黄色丸してありますが、 上に書いたとおり、完全に駄目になっていないと表示されない理由が、

検出故障状態の記載欄を見てばすぐにわかる。

尚、センサーのコネクター等が外れていても、同じように故障表示しますので、 そうした面では何かの際に外したのを戻し忘れたりしても、それが何なのか?がすぐに

分ったりする。

センサー内部の回路は、断線以外にショートというトラブルも有って、内部で焼けたりという様な、完全故障ならやはりトラブルコードで表示される。

で、 逆に完全に逝かれているという訳では無い、センサーの中途半端な故障や、 動作が不安定な状態では”当然”に表示されず、ECMはその半死に状態のセンサーから信号を受け取っては、忠実に計算して燃料噴射する。

 

こうした状態のバイクに現れる症状として多いのが、突然不調になり、かと思えばポンと普通に戻る、という繰り返す事が多い。

やがて、そうしたことを繰り返しているうちに、段々と不調が多発するようになり、最後にはセンサーが完全にやられてしまう訳ですけど、実は、これはこれで面倒なことがある。

 

というのは車のエンジンもそうなのですけど、あるセンサーが完全に壊れても、それがよほど重要な(というか殆ど壊れる可能性の無いセンサー)のを除けば、

*電気的部品の故障というのは、メーカーとして予め推定済み。

そこで、故障をECMが検出すると、壊れた部品のデータを偽装?してエンジンを動かしてしまうんです。

 

突然エンジンが停止。

全く走行出来ない!  なんて~自体が発生すれば、 この狭い日本ならいざ知らず、大陸の砂漠や荒野等のど真ん中では、簡単に命に関わってくる。

 

そこで、不調を感じさせながらも、最低の走行が出来るようにプログラムされていて、当然吸気センサーやら、水温センサーなどもその機能でカバーされてしまうんです。

 

下のがその機能一覧ですが、 この中で壊れると完全にエンジン停止してしまうのがクランクシャフトポジションセンサー。 

これは、全ての基本である”タイミング信号”が壊れた訳で、始動も走行も出来ない。

ただ、このセンサー基本構造は、単なるコイル構造(ピックアップ)ですので、現実的に壊れる事はまず考えられませんから、でそれでも良いのだと、僕も思います。

 

 この表をみていて、気づく方もいると思いますが、面白いのはこの機能を上手く使うと、実はトラブル箇所を探すことに役立てられるんです。

 

例えば、僕が自分のバイクの不調の原因として今疑っている”吸気圧センサー”ですが、異常が発生している時に、センサーのコネクターを抜くと、 

ECMは760mmhg一定として噴射量調整するので、とたんにエンジンは安定する。

 

もしコネクターを外して安定し、 逆にコネクタを戻して再び不調になる様なら、そのセンサーに何らかの問題があるという事が、ほぼ特定できるんです。 

 

実はね、これを次に症状が出たときにやろうとしているのですけど、 不調が出始めたのは最近。

通勤の途中で出た場合は、職場に着くのが最優先なのでそんな事をしていられないし、

でもって、一度エンジン停止して、昼休みにエンジンを始動したら、症状が収まってしまっていたりで、これまで出来ないでいる。

 

他の例として、水温センサー等もそうですが、

「なんか燃費がわるいな~~~・・・・・」 という状態が続いていたら、エンジンが暖まった状態でコネクタ抜いて走って、メーターの燃費を観察する。

それまで濃い混合気で走っていたエンジンの水温を、暖まった冷却水温の80度としてECMが噴射量計算するので、それが燃費の差として現れてくる。

 

こういった感じで、 中途半端に壊れているセンサーを調べる事が可能なのですけど、それなら、センサーそのものテストが出来れば一番!という話もあるので、

その5では重要なセンサーテストに関して、紹介します。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加