帆∞翼(セイル バイ ウイング) -太陽そして風と供に- 

HNは 翔(ファルコン)です、風・海・そしてバイク・・・皆僕の好きな物。

「よろしく!」  

これって接客態度??問題が有りすぎじゃない??? ロータスRV パーツセンター

2018年01月24日 | Weblog

この記事ですが、 二月の初頭に幕張で行われる 日本キャンピングカーショウ が終了してほどなくしたら消去します

それまではずっと一番表に表示を続けます。

僕みたいな不快な思いをするキャンピングカー乗りが無いよう、 この店に行くときの心構?えとして頂けたらと思います。

あらかじめ判っていれば、違いますから。

 

 

ロータス製のキャンピングカーであるマンボウを買ってから、 何度か続けてロータスRVパーツセンターに足を運んでいる。

ところが、二度ほど、以下に述べる接客をされて、いささか疑問に感じたので、そのまま有ったことをここで書きます。

読まれた方は、個々で判断いただきたいです。

 

まずは、一度目の事、

この時は、部品を買うのと、 この先、マンボウのリアに大きなバゲッジドア、もしくは普通のエントランスドアをつける予定なので、

それが可能かどうか?を聞きに行った。

 

パーツセンターは2階なので、階段を登って行き「こんちわ~!」と言いながらドアを開けた、

 

部品を選んでレジに行き、”割と大柄な店員”にそれを渡しながら、「教えてもらいたいことが有るんだけど」と、訪ねた。

ところが、返事もせずに黙っていたので、???と思いつつも、そのまま話を展開。

翔「マンボウの中古を買ったんだけどね、教えてもらいたいことが有って・・・・」

翔「車のリア 有るよね」

すると店員の返答

店員「なにがあるんですか??」 

*その時の言い方が馬鹿にしたような、半端なく不愛想

へっ! と思い、少しだけムッとしたが、続けて

翔「何かつけているんじゃなくて、 車の後ろの、リアの壁面に ドアとかを取り付けたいんだけど、大丈夫かな?」

店員「ここじゃわかんないんで、向こうで聞いてくれる!」

と、サービスセンターの事を言い出した。

翔「どこに有るんですか?」

店員「すぐそこ!」と面倒くさそうに説明。

この時点で いささか不機嫌になった僕。

この後、サービスセンターに行くも、 営業さんだけで、強度の事は正直言って判らないという返事。

なので、「又来ます」と言ってセンターを離れた。

 

でだ、その次(ごく最近)、パーツセンターに行った時の店員さんは普通の方で問題なし。

 

ところが、今回が~半端ない訳で、またブルーの店員だ。

 

車を駐めて、階段を上がろうとしたら、 上から二人ほど降りてきた。

「こんちわ~!」という気持ちの良い挨拶をもらい、 僕も同じように返した。

 

そして上に上がり、ドアを開けて「こんちわ~!」というと、シーン・・・・・・

 

店内カメラか、センサーベルが付いていて、客が来たのを下の事務所で判るようになっている事を知っているので、

部品を選んですぐにレジのディスクにおくと そのまま立って待つ 翔。

 

ドア開けて、店内に入ってから30秒ほどしたら、階段を上がる音が聞こえて、 来たのが又ブルーの店員。

店のドア開けると、 不機嫌そうな顔しながら、入りもせずにヤブ睨みでこっちを見ている。

なので「あっ!どうも!」と僕が言うと、

そのままの姿勢のまま。

 

こうした態度は二度目なので、さすがにこちらも??? 思わず「態度が悪くない??」と口に出てしまった。

その時の返事がこれだ

何ですか?

はあ!?と思った僕、店に来ているんだから、部品を買いに来たのは誰にでも判ることで、しかも此処はお店だし。

 

余りの非常識さにしばらく無言でいると、店内に入り、僕の後ろを廻るようにして、(普通はここで失礼しますと言うが、一言も無し)そのままレジに行こうとするので、もう一度「態度悪くない?」と声をかけたら、 人の顔をにらむようにしてレジに着いた。

この段階でさらにもう一度 「態度悪くない??」

店員「・・・・・・・」無言のまま。

そのまま黙っていても仕方ないので、 「これ買いたいんだけど、いくら?」と聞くと、

店員「店に誰か居なかった?」

なんだそりゃ! さすがに呆れて物が言えない。

 

客の聞いたことに返事するのでは無くて、 自分の方の質問をかぶせてきた。

翔「来た時に、二人が店から階段を降りて、外に行ったよ」と返事すると。

 

店員は「これね!」と言って、その後金額を言ってきた。

 

こいつ・・・・・マジでぶち切れて「外に出ろ-!」と言いたいのを必死で押さえて、お金の支払い。

 

そのままそこには居たくないので、「又来るね」といってドアをあけて外に出たが。

接客業で至極常識的な言葉「ありがとうございました」というのは全く無かった。

 

さて、皆さんどう思われます?このロータスRVパーツセンターの接客態度。

僕が悪いんですかね?

 

ちなみに、少し離れたところにある バンテックのパーツセンターは全く反対の接客(非常に良い)をする、当たり前の接客だ。

 

ロータスのマンボウは良く造られていて、さすがにコンパクトキャブコンとしての位置づけを確立した車だとおもう。

 

この車を開発した創業者は、上に書いた様な態度で車を創ったのだろうか?

たった一人の店員の態度だけど、 来たお客さんは、その店員を通して会社を見るものだ。

 

ロータスRVに提案だけど、 その営業?店員?を即刻 ”首にすべき”だ。

色々な仕事をして、厳しい世の中を彼は見てくるべきだと思う。

 

おそらくは25~30くらいの年齢であろう、そのブルー店員に必要な経験と学習のチャンスが無ければ、

この人間の、仕事をしていく上での最低限の対人関係構築方法すら身につかず、教えてももらえずのまま、

裏返すと非常に不幸な人生をこの先歩むことになる。

 

年齢的に考えて、この時期が最後だから

 

まだ、むかついている、翔より、ブログを見て頂いている皆様へ 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

春祭り

2018年01月24日 | Weblog

沢山の小さな声

あちらこちらから賑やかに聞こえてくる

「なんだろう! 」と その声に導かれて 一番賑やかな処を何気なく覗いたら


雪の妖精達が お祭りの真っ最中

 

雨だれ太鼓を取り囲み 

 

踊ったり

押し競饅頭したり

見ているだけのもいるし

担ぎ上げられているのもいる

 

白き姿となって、神様からの言付けを届けに降りて来る妖精達

ほんの僅かな一時だけ真の姿を現し 「春が来るよ!」と周りに告げる

 

陽光にキラキラ輝く 美しき姿となって

 

「僕達、これが終われば海に帰るんだ!」

「もうすぐ暖かくなるよ!」 

そんな声がたくさん心に届いたのは幻だろうか・・・

そして

「ありがとう! 気をつけてね、又来年会おう」 そう心で答える僕も

ここにいる 

 

詩 BY 翔

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大雪とブーツ

2018年01月23日 | Weblog

酷かったね~!雪  皆さんも大変だったろうとお察しします。

 

昨日は、お昼頃にはヤバいまくりなのを察知して、 早々に帰路へついた僕でしたが、正解。

 

家に着く頃には普通車がかなりやばい状態になり始めていて、渋滞し始めているし、

「どうしょうか?」 と思ってましたけど、 裏道入りまくりで無事帰宅。

 

家のマンボウ君、 4WD なのと、 リアがダブルタイヤなので、 タイヤそのものは普通タイヤですが、 トラクション効いて安定走行してしまう。

やっぱ4WDだよな~と思う瞬間。

 

今日も、10時頃には家の周りの除雪が完了したので、 職場に行くために出ましたけど、約35cm有る駐車場の雪を普通に踏んづけて出られる。

前向き駐車なので、そのままバックしていきましたけど、基本的に車高が高いのもあり、又、踏んづけた雪で車高稼げるのであっさり。

 

途中でホームセンターに寄って買い物して、職場に付くと、ひたすら雪かき。

昨日、今朝、職場と 多分8時間以上は合計でやったことになるけど、

4年前の大雪を経験すると、 さほどに感じないのが実に不思議。

そんな二日間でした。

 

そうそう帰宅途中に、薬局に寄り、 クエン酸(食用のパウダー物)を1瓶買い込み。

なんでかというと、 二日間の雪かきで、しかも今日の雪かきでブーツ内に雪が入りまくって、それなりの年月を履いているので防水能力もすっかり無いに等しいから、中がグズグズ。

そこにきて、 足汗かいて、 体温で暖められて、 実に不思議な香りまき散らし 

 爆笑

靴下なんぞ変えても意味ないし、そのまま乾かせば、 室内が家中が香しい?香りに満たされる    ぞい!

なので、消臭の為なんですね。

 

帰宅すると、風呂場でブーツの汚れを洗い流して、 ブーツ内を中をお湯で満たし、

クエン酸をサラサラ~!

そのまま約1時間、 さっと中を洗って 後はストーブでひたすら乾燥。

クエン酸 = 酸 = 殺菌 = 食用ゆえに無害 

すっかり臭いが消えました。

 

まさに、ファブリーズ殺し!  だはははは!

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バッテリー監視モニターを取り付け その2

2018年01月19日 | キャンピングカー ロータスマンボウ

テストが終わり、いよいよ取り付け。

 

どこにしようか?と色々悩んだんですが、ディスプレイの光が目に入らなくて、

確認しやすいところがいい。

で、「ここがいいかな!」 と思って、入れてみたら、”大体”ぴたり。この大体がくせ者(笑)

小物入れの内部が、下向きに斜めとなっているので、ディプレイがそのまま入らず、 どうしてもディスプレイ裏側のケース加工をしなければなりません。

そこで、当たる部分を、こんな風にカット当る部分だけカットした感じ。

配線を通して、ネジ留めしますが、 このネジの長さが重要で、 長すぎるとUSBコネクターの基板に当たる・・・

でだ、ここに納めますが、ネジの出っ張り分だけ、少しカットして

ピタリ  純正品みたい     たはははは! どうだ!

電源の配線を常時通電できるブレードヒューズの処から取り出して、

完了です。

シャントとの接続は無線なので、電源線だけつなげば終わりなんです。

 

実は。最初に配線してた線がどういったわけか、どこかで断線していて、 新たに太い配線に交換しています。

エンジンをかけて様子を見ていますが、 充電されているので、電流が反対の向きとなってマイナス表示(正常)

になって、その充電電流の値と充電電力、積算電力値も出ます。

 

充電はキチンとされていればOkなので、特段細かく表示される必要は無いのですけど、

バッテリ放電時は、電圧、電流、消費電力と積算消費電力量(AH)で出るのと、

 

ディスプレイ表示の左側にある乾電池型アイコンが、バーグラフとして働き、残量を見やすく表示してくれます。

 

自分の車に付いている、サブバッテリーの値(劣化設定も)を設定できますので、それなりにどの程度バッテリーが残っているかがある程度正確に判ります。

 

誤差補正までしてくれる、高級なバッテリーモニターではないのですが、僕にはこれで十分です。

後は、このモニターの持つ、 バッテリー電圧の低下(もしくは異常事態検出)に伴って、負荷を切断および接続機能に連動した端子にリレーを取り付けようかと思っていますが、それは又次の機会に 

いいね!

 

後は設定とかですが、 面倒だな~なんて思ったりもして。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バッテリー監視モニターを取り付け

2018年01月17日 | キャンピングカー ロータスマンボウ

キャンピングカーで重要なのがサブバッテリーの管理。

気が付いたら空っぽだったり、走行充電回路にトラブル起きて充電されていなかったり、と行った先で電気が使いない事にはどうにもならない。

他に、限りある容量を「どのくらい使った?」の把握をしたいし・・・・

ただ、バッテリーコンピューターといわれている、 Votronic や NASA MARINEの BM-1, BM-2は 値段が高すぎて無理。

これらは自動計算による誤差補正をするし、サブバッテリーをほぼ完ぺきに管理できるものですが、 自分みたいなのは大体分ればOK。

で、ヤフオクで適当なものが無いかな~と探してみたら、 1万円に満たない物が売っていた。

あっ!靴下が見えている(笑)

シンプルで、安くて、 基本的なバッテリー管理が全部できる。

機能的には、

過電圧 低電圧 過電流 を設定してアラーム表示して リレーを繋いでおけば保護もできる。

充電及び放電の電流表示 消費電力や消費容量表示。

等々、自分の使い方では十分すぎる程の機能。

最大の特徴は シャント抵抗部分に有る制御機構と、ディスプレイを BlueThoothで離れたところに飛ばせる。

シャントをサブバッテリーの真横に、 ディスプレイを車体運転席に、面倒な配線をせずに取り付け出来るし。

さっそく配線をしてみた。

これは、シャントからディスプレイまでをUSB接続(Bluethooth以外の接続)した場合です。

接続そのものはマイナス配線を外して、バッテリーターミナルとの間にシャント抵抗(制御器)を入れるだけ。

ただし、電流がある程度流せる新しい配線が一本必要なのと、 シャントへの電源を入れる配線が一本必要。

現段階ではリレーによる切り離しをしないので一番シンプルなパターンです。

このまま数日様子見て、

みます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アップし忘れていた記事を今更アップ

2018年01月15日 | キャンピングカー ロータスマンボウ

だいぶ前にブログに載せようとしてすっかり忘れていたんを今更アップします。 汗

まず、ディストリビューターキャップの 交換。

ディスビーとか言われている部品ですが、 点火の火花を各気筒に振り分けるもので、

一昔の設計。

今は各気筒事に一つずつスパーク生成するのが付いていますから。

これのいいところは、安いこと。

コイル一つと、これ、後はコードしかなくて、単価が安い。

新しいキャップにふるいキャップに付いている、プラグコードを移し替えていきます。

いっぺんに全部外すと あとで面倒になることもありますので。

移し替えたら、古いキャップを外します

ちなみに、外し他キャップの電極はかなり劣化していました。

その後はローター

強く引けば外せます。 これも摩耗がひどい。

新しいローターをさしてキャップを取り付ければ完了です。

 

 

次!

なんだか知らないけど、購入した際にポッカリと空いていた穴。

しかもそこに 古いCDデッキがただ放り込まれていて、しかも接触不良。

あほか! と思いつつ、ゴミはすてて、 きちんとしたデッキを取り付けます

マツダは少し変わっていて、 そのままデッキを取り付けできないので、高いですが専用キット。

2DIN様のさいずで、半分はデッキ、半分はポケットにします。

とりあえずはそれで行きます。

 

ステーというか、ホルダーの取り付けは至極簡単。

箱入れて、 赤丸の様に爪を折り込んでいくだけ。

強度的に大丈夫なんだろうか?と思いつつ作業しましたが 付けてみたら、荷重を全体的に分散するので思ったより強いです。

その後は付属のすてーにポケットとデッキを入れてと

ついでにETCの設置工事

本体はここにしました。

いれるぜ!

挿し込んで4つのビスを止めてフェイスカバーを付ける 右上の方にナビのアンテナが見えます。

ETCこんな感じ

後はナビをとりつけて、作業完了です。

少し時間があったので、 ナビの器台を取り付け。

配線は後日です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドアホールドラッチの続き

2018年01月14日 | Weblog

少し前に書いた、ドアをホールドするラッチ。 ホルダーですけど、

元々付いていたのと同じものを買ってきた。

で、見比べてみると

アームの長さに余りさは無い

何が違うのか?というなら末端カットが異なる。

ポケットに対して、どうしてもアームが直角にはならないので、

赤丸のようなTだと都合が悪い。

白いの方はアメリカ製で、 その辺が考えられています。

ならば!とT部分をカットして同じ形に変更。

さらに首部分を当たりが出なくなるまでディスクグラインダーにて削っていく。

地味な作業の繰り返し。

キャッチャーをドアに取り付けて、

上の穴はとりあえずシリコンで塞ぎ、 おそらくこの部分は何かを付けると思います。

実際にラッチをかけたり外したりして様子見ましたが、良好なので完了です。

このタイプステンレス製で折れにくいのと、 リターンスプリングが付いていて、

走行中にブラブラしません。

ちなみに、もう一つのプラスチック製のラッチは、 この先リア部分にバゲッジドアかエントランスドアを付けた際に使います。

今日はここまで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Webasto At2000STC の外部温度センサー

2018年01月13日 | Weblog

ベバストを取り付けて後に初めての車内泊だったのがこの間。

でだ、構造上仕方ないのですが、 マルチコントロラーの温度設定と実際の室内温度が違いすぎる。

コントローラーで 20度にセットすると、 室内は亜熱帯並の温度になる。

これ、温度をどこで見ているか?というなら、ヒーター本体内部のコントロールモジュール内部に有るセンサーが検出していて。

今回取り付けたのが、ダイネットや水タンク横のところをリターンエアが通過してくる様な取り付けなので、ヒーターに戻るまでにすっかり冷えてしまい。

それを室温として検出しているので、実際のキャビン内温度とはかなりの隔たりがある。

ちなみにコントローラーで10度にセットしておくと 室温が20度くらいで、

10度の差なのですが、コントローラと、室温に差があるのが妙に気になる。

なので、 試しに? 純正品の温度センサーを取り付けて見ることにしました。

AT2000 2000S D や Bは10kΩの NTCサーミスタをコントロール基板に設けて温度センサーにしているので、 とりあえず10kΩのNTCサーミスタを取り寄せて、 接続してみたところ、 アラームを出して、起動しない・・・・

 

OUTということです。

基本的な値が違うんだろうな・・・・と純正品の温度センサーを取り寄せ、温度を変化させて値を測定したところ、25度で約8kΩ付近で、全く値が違う。

 

どうりで、アラームが出るわけです。

取り付けはまずセンサーの位置

ここにしました。

 

配線はエアコンのダクトがとおる閉鎖部分を通して水タンク横に

出てきた配線がこれ

 

後はコネクターですが、

以前まとめたのをほぐし、 端子を付けて、念のために半田。

コネクターが付いたら接続して、また不要な配線をまとめて終了。

 

他のやることがあるので、テストはまた後日です。

 

追記:2018年1月16日

温度を20度に設定して、半日ほど運転されたまま様子を見ていましたが、 時折中に入る度に感じるのは、ほぼ設定したあたりの温度で安定していて、 やっぱり外部温度センサーの恩恵は大きいなと思います。

表示と実温度が大体同じなのは、精神的?にもいいですから(笑)

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベントカバー、テーブルベース、 ドアホールド の交換

2018年01月11日 | キャンピングカー ロータスマンボウ

チョロチョロと駄目な部分を交換している翔です。

とりあえず最近やったのが 紫外線で劣化&割れていた リアのバスルーム上のベントカバーの交換。

そして、くそ邪魔で仕方なかった テーブルポール用・ベースプレート。

そしてドアを開けているときにブラブラしないようにする、ホールドラッチ。

まずはベントカバー

ジェンセンの新しいベントカバーです。

これまでのがこれ、

真っ黄色(笑)

交換は簡単。

ベントカバーに付いているネジを二本外す。

右に有る耳部分に 新しいカバーを通してと、

そのままでは入らないので、

カバーのフレームを先に通してから、ネジで固定する。

メチャ簡単! 

室内から見た写真  カバーが綺麗です。

これが古いカバー

 

次が、ドアーのラッチ

これまで付いていたのはこれですが、 紫外線劣化でぼろぼろなのと、 アームが折れて無くなっています。

新しいのはステンレス製ですが、

そのままでは付かない。

で、どう取り付けようか?と思案してたら、 取り付けできないのが分かった。

アームが長すぎて、 ホルダーに対してT部分が斜めになって旨くないんです・・・

あ~~~~ と思いますが、 無理するとホルダーを取り付けるボディとドアの両方が

駄目になる。

仕方ないので、 これは後に元々有ったのと同じものに交換することにしました。

 

そして最後はテーブルポールベース

際限なく邪魔。

元々有ったベースを取り外して、新たに取り付けたみたいですけど、以前のベースの穴を両面テープと柄違いの木目クッションシートを貼り付けていて。

ベタベタと溶けてろくなものじゃ無かった。

この穴は後に流用するので、今はそのまま残しますが、 今回はこのくそ邪魔な。

テーブルポールベースを交換。

センターを決めて、穴開け

床の厚さより差し込み部分が長いので貫通です。

奥にフレームやら何やらが見える。

で、新しいベースを差し込んで取り付ければ完了。

車体下の穴周りは後でシーリングします。

テーブルを載せてみたところ。

実はテーブルの高さが微妙に高くて、それが気になっていたんですが、約4~5cmほど低くなったので、 どんぴしゃ! の高さになりました。

以上、3つほど作業して今日は終わりです。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バックカメラモニターの取り付け

2018年01月07日 | キャンピングカー ロータスマンボウ

カメラは取り付けたけど、モニターの無い状態だったマンボウ君。

なので、旅行は正直怖かったです・・・  なはは

 

新年会も終了して、 今日は特段の予定もないのでモニターの取りつけをしました。

リアミラーを付属だったライトがなくなると、そもそもが暗くて話にならないので、

それも今回やります。

 

まずはモニター取り付けるベースを加工。

一応こうなります。

 

まずは天井の穴から出ている配線を新しいシーリングライトに接続して、

次にモニターを取り付け

 

配線を天井内に取り廻して、カメラの配線と接続して アクセサリーに連動している

ヒューズに導けは終了です。

 

配線は非常に面倒なので、いちいち写真撮りながら解説しても意味なしゆえに省略。

そして帰宅中の写真。

 

そうそう、旅行中になんか調子がおかしかった、リアのシャワー室天井ベント。

モニター取り付け前に、脚立をかけて登ってみてみたら、 あんれま・・・・

紫外線の劣化で軸が全壊。

一応開けたりもしてみましたが、 これは早々に交換が必要です。

 

 

ったく・・・・次から次へと。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年会

2018年01月06日 | Weblog

毎年、正月になるとやっている新年会。

身内が集まってお正月を祝うんですが、今回は予定の一人が抜けて15人ほど。

お昼前に駅まで車二台で迎えに行って、墓参りをするとお昼から皆でワイワイと大騒ぎ。

23畳あるLDKも、さすがに狭く感じます。

息子一家は遅れて到着で、なんで?と思っていたら、孫が扁桃腺で年末から高熱出していたらしくて、

「早く手術してそんなもの取っちまえよ!」と 同じく子供の頃に年に二回高熱出していた僕の言葉。

 

姪っ子の子供もすっかり大きくなって、やたらと賑やかですが、

孫達見ていて何時も思うのは、 もう一度子育てしてみたいなと・・・・・

 

一般世間でイメージされる”おじいちゃん”年齢に達していない僕は、ついそう思ってしまう。

定年プラス再雇用で まだ二十数年有るし・・・・ 「あ~~~!」  「やめろ やめろ!」 だははは  攻撃を受け中(笑)

 

お粗末! (爆!)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浜松旅行 その2

2018年01月04日 | 旅行等

朝起きて、寝袋なんぞを畳んでいたら、娘が展望台から戻ってきて、すぐに来て~! との賜っている。   何じゃラホイ!

で、行ってみたら。   実質的僕の初日の出  あららら

ただし・・・・・寒い  笑

 

車に戻ると食事ですが、ガス炊飯器でご飯炊き、インスタント味噌汁と 蒲焼きの缶詰での朝食。

 

マンボウ君の天窓から、デカい風車が廻っているのが見える。

 

さてと、今日はどこに行きますか?となりますが、 目的場所の営業時間までまだかなりある。

なので滝沢展望台の近くの風穴に向かったところ、 正月でやっていませんでした。 なのね!

 

仕方なしに目的地へ向かいますが、ネット見ると、今日は全館休みだとか、半分やっているとか、全店開業だとか、

情報バラバラすぎ・・・

10時から営業らしく、着いたのは9時半。

駐車場に車を入れさせてもらうと、僕は車の気になった処を修理。

 

リアシャワー・トイレ&マルチルームの 天井にあるベンチレーターがおかしいので、取り合えずそれと、

昨日の夜、水ポンプが動かなかったのでその原因調べ。

 

水ポンプの不動原因は 単なる配線のギボシ抜けでした。

そうそう、他の問題があってね、昨日出発前にタンクへ給水した際に、 ドレンバルブ(凍結防止の水抜き)を閉めるの忘れていて、 タンクが空・・・・・ あちゃ~!!!

まあ、工夫すれば何とかなるので、取りあえずは今回水なしの旅になります。

時間になったので、早速行ってみましたが、 建築家さんが自分の自宅敷地に おとぎ世界のような建物を沢山造っていて、

それが現在解放されて、店舗やレストランなんかになっています。

元は生活していたらしくて、 キッチンなんかはそのまま使っていた感じが残っています。

オシャレです。

可愛いアイテムとか売っている店が多いのですが、そうした物に興味ない僕は 写真なんか撮ってみたりして。

 

さて、次。

なんでも、浜名湖のオルゴール館に行くとかなので、 一路走りますが、 湖の途中でこんな物があった。

映画の撮影セットみたいです。詳しくは下の写真をクリック

 

オルゴール館ですが、舘山寺にあり、 ただ、駐車場が時間が無く、一度駐めると800円。

 

なので近くの公営駐車場に。

 

歩いてオルゴール館に行こうと思ったら、 ロープウェイに乗らないと駄目で、しかも入館料金とロープウェイセットで1250円だったかな。

ロープウェイは山では無く、ただ数百メートル横に移動するだけ、 あほくさ!

 

で、オルゴール館に歩いて行こうにも、それ使わんと行けないようになっていて、本当に馬鹿馬鹿しい。

近くに遊園地が有りますが、 なんつ~か バブルの頃に適当に施設をつくってボロ儲けしていた古代感覚がまだ残っている。

ちなみに遊園地はフリーパスで4千円以上で、 子供を楽しませるレベルの乗り物しか無いし、 なんだかな~・・・・・

 

アホらしくて写真も撮らずに、移動。

 

うなぎ屋さんが有ったので、お昼食べて、

 

その後は 浜松城。

大河ドラマの直虎で、再整備されてすっかり綺麗になった浜松城公園。

天守閣をパチリ!  コンクリート製で、出来た近代天守閣(笑)ですが、 白の基礎部分は当時のままです。

 

何度か来たことがありましたが、内部はこぢんまりした資料館です。

 

それ終わると、今日の最後である 中田島砂丘

 

砂丘というから、鳥取砂丘をイメージしていたのですが、

写真撮りたくないほど酷い有様。 ど真ん中にコンクリート製の道有るし、 加工しまくりだし・・・

すっかりアホくさくなりましたが、まあ、せっかくですから浜辺まで移動。

結構沢山の観光客が来ていましたけど、

皆、白けた感じで、砂丘ね~~~~~・・・・ という雰囲気が肌で伝わってくる。

 

さすがに冷え切って砂丘を撤退。

すぐ近くにある 温泉に行き、十分暖まると、 イオンモールで夕飯の買い出し。

今日はキムチ鍋です。

浜名湖の海水浴上の駐車場に移動して、今夜はここで一泊。

明日は朝からひたすら帰りです。 明後日家で身内が集まって新年会するので、その買い出しとか大忙しですから。

 

二泊三日でしたが、まあまあの旅行でした。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

浜松旅行

2018年01月03日 | 旅行等

新年という事で、昨年は秋田、今年はお金も無いので、近場にしました。

マンボウ君買ってしまったからですが  笑

タンクに水を満載して、 FFヒーターの燃料を満タン。

荷物やら何やらを詰め込んでお昼に出発。

コンビニでお昼ご飯を買い込んで、その後すぐに圏央道に乗ると途中のサービスエリアで休憩。

*ATに多少の不具合がある物の、エンジン絶好調のマンボウ君と富士山の写真。

東京から浜松は意外に距離がありまして・・・・

ノンベンダラリと走っていたのもありますが、付いたのは夕方。

でかいショッピングモールの一角にある温泉に入ると、でてそのまま館内のスーパーに。

さすがに3が日の最終日で、 パーティー用の食材とかが半額以下で安い。

初めは、せっかくだから浜松餃子にでもしようかと思ってましたが、2人で食費 1250円には敵わない(笑)

 

でだ、夕飯をどこで食べるか?で色々と思案して、 30分ほど離れたところにある滝沢展望台に行くことにしました。

夜景が綺麗とかですが、まあ、登り道が狭いのと傾斜がきつくて、途中で一台だけすれ違いましたが、大変でした。おっとと

 

展望台駐車場に着いて、早速夜景を見に行きましたが、 圧巻! 神戸とか行った規模はありませんが、適度に綺麗で落ち着いた感じです。

 

しかし・・・・・余りに寒い・・・・

5分程度で撤退する僕。

 

その後はFFヒーター付けて、夕飯になりますが、 ときどき車が登ってくる。

名所なんでしょうね 

 

キャブコンは断熱性が半端なく、 マンボウ君はアクリル二重窓*バンク部までウレタン充填なので 外部音が軽減されて静か。

夜中の12時頃まで グループらしき人たちが展望台に来ていましたけど、 それすぎると全く来なくなり、熟睡。

 

お休み!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブッシュが・・・・・

2018年01月03日 | PT クルーザーカブリオレ

今日から二泊三日で小旅行ですが、出発はお昼から。

で、午前中は時間が有ったので、 娘の愛車のPTクルーザーのタイヤ履き替え交換をしました。

さすがにリボンタイヤの摩耗も進んで、 取りあえずはスタッドレス履かせたのに履き替えますが、次(春)は履き替えじゃ無くて、

新しいタイヤに交換だよな~と思う。

テッチンのメッキホイールもサビが進んでいるので、ホイールも一緒に交換するか? と思うが、

同じ物が今現在入手不可能なので、 普通のホィールを中古で入手して、カバーを付けての使用になるかな????

なんて思う。

 

作業ですが、まず後ろのタイヤから交換して。

次に前のタイヤですが、 ん??? なんだこりゃ!?

アームのブッシュが逝かれかかっている・・・・・

なんとなくゴムのギシギシした音がすると思ったら、原因はこれでした。

ブッシュ単体で手に入れば、多分左右で数千円。

でも”どうせ日本独特”のやり口で、汚い事しまくりでしょうから、 ロアアームをアッセンブリー交換になってね、15万とか部品代だけで来るんだろうなと・・・

本当にやり口汚いんです、この国のディーラーは。

 

とりあえず、交換のブッシュが手元に有るはずも無いので、そのままタイヤを履かして作業終了。

できる限り早い内になんとかせにゃ~ならんです  ハイ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スーパームーン

2018年01月03日 | Weblog

仕事の関係で、いつも朝が早い翔ですが、やはり正月も似たような物です。

元旦の日だけは、一応???だらだら(朝寝とか)としてみたけど、体調が変になってしまいまして・・・

やはり普段の生活に則した方が色々な意味でいいみたいです(笑)

 

そうそう、今朝、起きたらキッチン側の部屋の灯油が無い。

で、缶を持って外に出たら、 隣の林の桜の大木の幹、二本の間からスーパームーンが顔を覗かせていて思わず見とれてしまいました。

北風が強かったんですけどね、そんなの忘れてしまうほど美しく、

はっと気づいて慌ててスマホで撮影したら、 ボツだった・・・・     

 

なはははは

まあ、そんなもんです。

 

今日は午前中に娘の車のタイヤ交換、そのあとマンボウ君のバックモニター 取り付け(出来たらだけど)。

そして、午後から家族旅行に行ってきます。

今年は7日まで休みの予定で、 3~5は旅行、 6日は家で年始の親戚会、 7日は多分車いじり。

で8日から 平常通りという感じでしょうか 

 

あっという間にお正月も終わってしまう・・・・   ですね、

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加