自由に気まま生活

自由に気ままな生活を送るのが目標

朝井まかて 『ぬけまいる』

2017年03月15日 | 読書

朝井まかて 『ぬけまいる』



江戸・日本橋の幼馴染3人娘が、「ぬけ参り」の珍道中を描いたお話。
「ぬけ参り」とは、家族や主人の許しを受けずに、往来手形なしで伊勢参りに行くこと。

この3人娘は、アラサー。

お以乃は、独身で、今でいうと、ニートみたいな感じで、無鉄砲。
お蝶は、色気のある人妻。小間物屋を大店にし、商才がある。
お志花は、浪人侍の家から由緒ある武家に嫁いでいて、しっかり者。武芸に秀でている。

そんな3人は、それぞれ事情や悩みがあり、家を飛び出し、
伊勢神宮までの道中の間、様々な人々と出会い、そして事件に巻き込まれる。
痛快なお話でした。

面白かったです。

江戸時代の伊勢詣りが、庶民に人気があったと言う知識は知ってはいましたが、
女性の通行手形の発行には時間がかかったとか、関所での話は、箱根で見た見た~
と、興味深く読めました。

この続きが気になります。
このままがいいのかもしれませんが、やっぱり知りたいかも。

また、お伊勢さんに行きたくなりました。
江戸時代に比べたら、断然簡単に行けるのですが。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宮下奈都 『田舎の紳士服店... | トップ | 三上延 『ビブリア古書堂の... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
江戸時代 (tabinosoradayo)
2017-03-15 22:48:13
アラサーで1人独身って、面白そうな話ですね。
江戸の人口比率は、圧倒的に女性が少なかったみたいで、15歳で女性が独身だと、周りから噂されちゃうみたいです。
『結婚しない あの娘は、夜中に首が伸びる ろくろ首なんじゃないか?』という話もあります。

私は、伊勢志摩には行ったことがないので、行ってみたいです。
tabinosoradayoさん (freedombear)
2017-03-16 23:01:56
江戸の人口比率の話、面白いです。
女性は選り取り見取り、ですね!
といっても、江戸時代はそうはいかないか…

伊勢は、やはり一度は是非。
雰囲気が別格です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL