自由に気まま生活

自由に気ままな生活を送るのが目標

朝井まかて 『先生のお庭番』

2017年06月15日 | 読書

朝井まかて 『先生のお庭番』



幕末の長崎・出島が舞台。
医師のシーボルトから、薬草園を造る為に植木商「京屋」は庭師を要請されるのだが、
皆がしりごみをするなかで、15歳の熊吉を行かせることにした。
熊吉が出島での生活のなかで、シーボルト先生の元、庭師として成長していくお話。

良かったです。
熊吉から見たシーボルトが描かれています。

シーボルト先生を尊敬し、花木・草花の植物を上手く育てるために努力して、
成長していく熊吉がとても良かった。

シーボルト先生は、日本の四季、自然の美しさを絶賛します。
どこでも同じだと思っていた熊吉は、シーボルト先生から他国との自然の違いを聞いて驚きます。

けれど、シーボルト先生の行動や考え方に疑問を持ったりするのですが、
それでも、先生を信じて支えていく姿が、良かった。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 阿部智里 『空棺の烏』 | トップ | 増山実 『勇者たちへの伝言... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL