gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

安倍総理に反省の意思は無い。

2017-06-20 13:40:55 | 日記
安倍総理に反省の意思は無い。

昨日の会見で何度となく「反省」の言葉は出て来ているが、其処には具体的に今後どの様に対処して行くのかの説明は、全く無い。

それは当然の事と受け止めていた方が良い。

何故ならば、今回の「共謀罪」の法案を何が何でも可決成立させてしまえば、安倍総理に取っては痛くもかゆくも無い事で、総理の心の中では、「マンマと上手く行った」とニンマリしている事であろう。

自民党支持率も大幅に低下している中で、取り敢えず「反省」の態度だけは示して置かないと、今後の憲法改正が控えている以上、何としてでも支持率を保っておきたい為であろう。

その様な姑息な手段しか取らない、今の安倍政権に早く鉄槌を下して置かないと大変な事になる。

次期衆議院選挙の際には、自民党「与党」公明党は、腰巾着で甘い汁を吸える事で何の役にも立っていない、又維新の会と合わせて、全体の過半数を与えてはいけない‼️

その為には、野党連合を確りと組み立てて、対抗する事であるが、其処には不安があっても緊急事態であれば、考え方や思想の違いがあっても、野党連合を支持してでも当選させる事で対抗しなければならない。

森友学園問題は、昨日地検の捜査が入ったが、加計学園問題も同様今後同じ様な事になって行く事を期待したいものだ‼️
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嘘つき総理の実態 | トップ | 「愛の光を当てる。」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。