try to remember

W221をイジるぞ!

7GATがおかしい

2017-05-14 12:30:47 | 日記
ゴールデンウィーク中に遠出した際、帰りの高速渋滞でコンフォートでの2速から3速の繋がる際に違和感が有る、乗りづらいの何の、考えて見るとここ、半年前からコールドスタートし500メートルくらいは同じ症状が有ったが、しばらくすると嘘の様に何も感じ無くなるという事があった。
2年前にヤナセでリビルトAT交換しもろもろで80万円かけてこれ以上はと思い、もしやして、エアマス?
手持ちは無く、配線ソケットを外し、接点復活剤をし、再セットする。
しばらく走ると、んっ、なんかいい感じだあ。その足でヤナセに向かい、担当者と談笑して試乗、完全に治っている。
ヤナセ担当者もビックリ、その後、新品に変える決心をして、何時もお世話になっているフォーリブスさんにOEMボッシュでお願いする。
以下、交換内容。

定番の黄色の箱が青色のバーコード付き、コピー品対策だようだ。

油紙に包まれ厳重梱包。

エンジンカバーを外す。

エアインテークを外す。

エアマスご対面。

慎重に配線ソケットを外す。

エアマスを外すとパッキンが有り、折角だからゴム保護剤をスプレー。

その間、ゴミが混入しないようにタオルで養生。

新しいものにベンツマークが入っている?
ラッキーを思いながら次の作業をする。

新しいエアマスの左側クリップをし右側をセット、その前にフロントガラス側にクリップ金具をセットする。
慎重にしないとゴミパッキンを傷めてしまわぬ様にしなければ。

後は配線ソケットをセットし、カバーを元に戻す。
巷ではバッテリーを外す、イグニッションをオンにして暫くリセットを行う人がいる様だが、WISで下調べしたら、その様な作業をする様に書いていない、よって何もせず、交換を行った。
さあ、エンジンスタート、コールドスタートから通常回転に落ち着き、いよいよ試運転、恐る恐る出発。
ん、何が違う!
直線でユックリアクセルを開ける、違和感ゼロのシフトアップ、500メートル位走って信号待ちでPCと並ぶ、60キロまでフル加速、完全にATの2速から3速へのシフトアップが治った。
AT修理に走りがちだが、まさかエアマスが原因とは思わない。
これでATの違和感は解消した。
2017/5/14
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドライブレコーダー | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。