創価学会体験記

選挙前になると電話をかけてくる 不思議な人達。そんな創価学会を体験してみました。(中傷と信仰賛美は 削除対象になります)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

創価学会を考える

2005-06-30 23:52:20 | お知らせ

新しい 掲示板が出来ました。気軽に書き込める雰囲気です。
創価学会で悩んできた人達が 集っています。


0。〇oO゜°0。〇oO゜°0。〇oO゜°0。〇oO゜°0。〇oO゜°
立場を超えて、創価学会問題について語り合うホームページ

          「創価学会を考える」
0。〇oO゜°0。〇oO゜°0。〇oO゜°0。〇oO゜°0。〇oO゜°


コメント (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信じたいのか 信じられるのか | トップ | カルトカルトカルト new »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます (synapse)
2005-07-01 00:09:39
紹介ありがとうございます

泣きそうなほどうれしかったりして



弱気な管理人のサイトです

使っていただけたらうれしいです
Unknown (こころ)
2005-07-06 17:51:10
早速 お邪魔してみました。

ちょっと 最近 忙しくて

落ち着いて マトモな文章を書けないと思うので

時間のあるときに 参加させていただこうかな、と思ってます。



皆さんが いろいろなサイトを立ち上げてくださるので とても参考になります。



私の入会時にも ネットが普及してたらな~~と 今 つくづく思うんですよ・・・



でも 自分で判断されて 退会された方々、偉いです、本当に・・・





話題の公明・創価批判本 (かずま)
2005-07-06 22:07:52
平野貞夫氏の創価学会批判、裏を知る人はなお面白い。 【7/5(火)8:30】



 先日紹介した「公明党・創価学会の真実」をようやく読んだ。姉妹書の「公明党・創価学会と日本」についてはまだであるが、とりあえずは簡単に、書評というか雑感というか書いてない部分というか、そんなことを書いてみる。もちろん、ポイントだけでその深部については実際に平野氏と会談でもしてみようと思う。



 32ページに、「創価学会は参議院法務委員会の委員長職を40年やっている」とある。また、東京都の「警察・消防委員会」の副委員長のポストも40年以上にわたり独占しているとも書いている。これは非常に興味深い。この影響を受けて、警視庁が公明党議員を逮捕する際、尼崎の電車脱線事故のドサクサの間に行い、さらにマスコミは創価学会と報じなかったという話もつらつらと書かれている。「国際的カルト教団」の正体を垣間見ることが出来てとても面白い。



 次に121ページ。公明党・創価学会による「言論出版妨害事件」のくだり。昭和44年出版の「公明党の素顔」に端を発した事件だが、この言論弾圧事件に関連して、池田大作を国会に証人喚問するしないでもめたことが書かれている。この事件中、田中角栄に著者との仲介役を頼んだとかいう話があるのだが、平野氏はその深部を知っていてあえて書いていないようだ。本サイトでは、「あの言論弾圧に関しては、ある筋が強力に動いていた」とだけ記そう。公明党・創価学会による言論弾圧事件の生き証人はまだいるのだ。



 本書のなかでは、「山口組傘下である後藤組と創価学会の深い関係」について度々ふれられている。当時、誰が仲立ちをしたか、本サイトの取材とおおむね同じであり、さらに創価と後藤組の関係については、現在も深い関係をにおわせているなど、なかなか切り口鋭いな、と思うものである。



 ただ、255ページに、後藤組組長のフルネームがなぜか「後藤中政」となっている。「後藤忠政」が正しいと思うのだがどうだろう。わざとやるわけはないだろうから、とても運の悪い校正ミスなのだろう。よりによって一番間違えてはいけないところを間違えるとは運の悪い校正者だ。



 最後に280ページ。「公明党の神崎武生代表は、酔うと女性の胸に手を入れる」とある。なんと、「女性を押し倒して手を入れようとした」とまで書いてある。レイプまがいの行為をするとは、元検察官らしい(?)行いですな。法の網をくぐりましたか。心神喪失状態だからわいせつ行為をしても無罪だとでも言うんですかね。卑怯卑劣の女性の敵ですな。次の選挙で創価学会の婦人票はあさっての方向へいくのでは?



なんのことはない、神崎武生は山崎エロ拓と一緒ではないか。神崎は元検事でありながら、実態は単なるエロオヤジ、ヤマタクと同レベルだと暴露されているのだからこんなに面白い本はない。女性の人権を守ってから人権について語るべきだな。もちろん、手鏡植草教授の悪口もいえない。



 公明党・創価学会が提唱する人権擁護法だが、暴力団の後藤組後藤忠政組長には是非、反対の立場を取ってもらいたい。本書を読む限り、公明党・創価学会に対して有形無形の圧力を最も効果的にかけることが出来るのは、後藤組だと感じたからである。「暴力団であろうとも、日本をよくしたいという考えは同じのはず」ということで、本サイトからも依頼する次第である。富士の裾野に声が届くか届かないかはわからないが、ここで書く、ということで一部の人間は必ずこの記事の意味がわかるので、意味がないわけではないと思っている。手っ取り早いのは国会の解散だが。

【nikaidou.com:日原造園友の会】



追記として、本書の校正中に体験した重大な問題を読者に訴えておきたい。平成十七年五月二十日

午前十一時五十分頃、衆院第一議員会館地下二階のエレベーター前で、私は突然、神崎武法公明党代表に呼び止められた。本書のポイントは報道

などで知っていたらしく、「最近、貴方はウチを強く批判しているが.....」と、厳しい姿勢で迫

ってきた。「批判の執筆活動を止めよ」といわん

ばかりの強い圧力と脅威、そして、公明党を代表しての言論妨害ではないかとすら感じられる威圧

を受けた。私は「批判すべきことは、これからも

厳しく批判する」と神埼代表に宣告しておいた。 

 「公明党・創価学会の真実」平野貞夫著 p291より抜粋



神崎公明党代表は平野貞夫氏と講談社に対し名誉毀損で刑事告訴したそうです。平成の言論出版

妨害事件になりそうです。この本に書かれていることは、公明党、創価学会、神崎代表について、

かなりヤバイことを書いています。公明党、創価

学会に大きな衝撃を与える書物になると思いま

す。学会員さんは、これでも公明党・創価学会を信用しますか?

話題の公明・創価批判本 (かずま)
2005-07-06 22:23:39
平野貞夫氏の創価学会批判、裏を知る人はなお面白い。 【7/5(火)8:30】



 先日紹介した「公明党・創価学会の真実」をようやく読んだ。姉妹書の「公明党・創価学会と日本」についてはまだであるが、とりあえずは簡単に、書評というか雑感というか書いてない部分というか、そんなことを書いてみる。もちろん、ポイントだけでその深部については実際に平野氏と会談でもしてみようと思う。



 32ページに、「創価学会は参議院法務委員会の委員長職を40年やっている」とある。また、東京都の「警察・消防委員会」の副委員長のポストも40年以上にわたり独占しているとも書いている。これは非常に興味深い。この影響を受けて、警視庁が公明党議員を逮捕する際、尼崎の電車脱線事故のドサクサの間に行い、さらにマスコミは創価学会と報じなかったという話もつらつらと書かれている。「国際的カルト教団」の正体を垣間見ることが出来てとても面白い。



 次に121ページ。公明党・創価学会による「言論出版妨害事件」のくだり。昭和44年出版の「公明党の素顔」に端を発した事件だが、この言論弾圧事件に関連して、池田大作を国会に証人喚問するしないでもめたことが書かれている。この事件中、田中角栄に著者との仲介役を頼んだとかいう話があるのだが、平野氏はその深部を知っていてあえて書いていないようだ。本サイトでは、「あの言論弾圧に関しては、ある筋が強力に動いていた」とだけ記そう。公明党・創価学会による言論弾圧事件の生き証人はまだいるのだ。



 本書のなかでは、「山口組傘下である後藤組と創価学会の深い関係」について度々ふれられている。当時、誰が仲立ちをしたか、本サイトの取材とおおむね同じであり、さらに創価と後藤組の関係については、現在も深い関係をにおわせているなど、なかなか切り口鋭いな、と思うものである。



 ただ、255ページに、後藤組組長のフルネームがなぜか「後藤中政」となっている。「後藤忠政」が正しいと思うのだがどうだろう。わざとやるわけはないだろうから、とても運の悪い校正ミスなのだろう。よりによって一番間違えてはいけないところを間違えるとは運の悪い校正者だ。



 最後に280ページ。「公明党の神崎武生代表は、酔うと女性の胸に手を入れる」とある。なんと、「女性を押し倒して手を入れようとした」とまで書いてある。レイプまがいの行為をするとは、元検察官らしい(?)行いですな。法の網をくぐりましたか。心神喪失状態だからわいせつ行為をしても無罪だとでも言うんですかね。卑怯卑劣の女性の敵ですな。次の選挙で創価学会の婦人票はあさっての方向へいくのでは?



なんのことはない、神崎武生は山崎エロ拓と一緒ではないか。神崎は元検事でありながら、実態は単なるエロオヤジ、ヤマタクと同レベルだと暴露されているのだからこんなに面白い本はない。女性の人権を守ってから人権について語るべきだな。もちろん、手鏡植草教授の悪口もいえない。



 公明党・創価学会が提唱する人権擁護法だが、暴力団の後藤組後藤忠政組長には是非、反対の立場を取ってもらいたい。本書を読む限り、公明党・創価学会に対して有形無形の圧力を最も効果的にかけることが出来るのは、後藤組だと感じたからである。「暴力団であろうとも、日本をよくしたいという考えは同じのはず」ということで、本サイトからも依頼する次第である。富士の裾野に声が届くか届かないかはわからないが、ここで書く、ということで一部の人間は必ずこの記事の意味がわかるので、意味がないわけではないと思っている。手っ取り早いのは国会の解散だが。



 H君、先生とのセッティングは頼んだよ。”菊”が届くかガソリンが届くか、ここはひとつ勝負だわ。【nikaidou.com:日原造園友の会】



チャンネル桜の掲示板で話題になっている本です。













こころさん かずまさん (free)
2005-07-07 19:31:23
こころさん

 お忙しそうですね。良いことです。

気分を変えて、いろんな事をしてみるのは 良いことですね。私も いろんな事をしたいと思っているのですけれど、自分で 忙しいからってブレーキをかけてしまいます。いけないなぁ。



 blogでは 解らないでしょうけれど、私って割と 小心者で 人見知りが激しいのです。TT



かずまさん



 昨日本屋に行ってきたときに 探してみましたが、本屋さんには置いてなかったようでした。注文しかないかぁ。



 月刊現代は買ってきました。人権擁護法案について 後日 blogに書きますね。週刊新潮は 昨日の段階で知らなかったので まだ 読んでいません。あぁ なんて 話題に乗り遅れている。
それでも信じますか?って (亜美)
2005-07-31 18:17:57
信じますよ。創価学会、公明党から訴えられて負けるのはいつもの事じゃないですか。そのてのネタは飽きましたね。
乙骨さんは (free)
2005-07-31 21:27:35
亜美さん初めまして

乙骨さんは勝っていたりするんですよ。私も驚いたけれど



http://www.forum21.jp/contents/03-1-1.html



ジャーナリストの裁判は 負けることが多いのですけれど、平野貞夫氏の件は 続報がまだでないようです。



 ところで、創価学会の幹部がセクハラで 役職解任されたようですね。



http://www4.diary.ne.jp/user/423276/

創価学会内部の方が 本部に電話で確認されています。やれやれですね。
サッカー…負けちゃった (華)
2005-07-31 22:49:29
明日はなでしこJAPANが勝つ!



弓谷照彦全国男子部長7.21首都圏男子部幹部会にて女性問題で解任でございますね。

乙骨氏は、勝訴だけでなく、学会員ドコモ社員による通話記録盗難事件の被害者でもありましたな。刑事事件で学会員犯人は有罪。しっぽ切りなんて言われてますけれど。



それはそうと。

公明党議員が飲酒で人身事故したり。

http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/tokyo/news/20050720ddlk13040166000c.html



大石寺本堂解体訴訟で創価学会員側の敗訴確定したり

http://www.shikoku-np.co.jp/news/print.aspx?id=20050708000600



公明党の忍足和雄足立区議による収賄事件などなど、他にもいろいろと。



自分の団体を信じるのは結構。

でも信じすぎて現実を見失ったり都合の良い大本営発表だけを信じるのはいかがなものでしょう。

いろいろな人がいるというなら、善も悪もある。裁判に勝つことも負けることもある。

正しいから裁判に勝ち続けているのではなく、実は負けていることは教えてもらえなかったりして。

それくらいのことは疑いましょうよ。



悪が一部の人だけとか、私もそんな言い訳は飽きました。

団体でも個人でも、善の心と悪の心はございますでしょうが、善と思ってしたことが他人には悪になっていることもございます。その積み重ねが妄信学会員像を作り出し、学会の評判を陥れているのでは?

悪は一部の人だけ、なんて。実はその悪は、学会を信じすぎて正しくて善い事をしたつもりの多くの人の行動だったりして。



間違いを犯さない清廉潔白な団体なぞ、この世のどこにもございません。

裁判に勝ったり負けたり良いことしたり犯罪犯したり。

冷静に自分の所属団体を見つめませんと、実像実在の妄信学会員になってしまいます。



創価学会ーカルトの闇 (Unknown)
2006-09-19 19:51:47
マインドコントロールの恐怖

下記のリンク参照してください。

なかなか鋭いです。

http://blog.goo.ne.jp/goobiechan/e/835519f7785bf8a28828b91961b06f12

Unknown (Unknown)
2006-09-20 05:36:07
創価カルトにひどい被害にあっています。アメリカでも同じことです。「部落」「娼婦』など 大嘘のデマを集団で流され 本当に迷惑しています。3歳の子供に迄 大きな声で言うんですよ。。。怖くてたまりません。。。
大丈夫でしょうか? (free)
2006-09-21 14:20:00
上のリンクにも ご相談なさった方ですよね。



あちらにも 貼りましたが

アメリカの事情は よく解りませんが

----------------

日本には

http://www.cnet-sc.ne.jp/jdcc/index.htm



脱カルト協会というものもあります。

こちらで アメリカの状況や相談所を問い合わせてみるのは いかがでしょう?



あと、やはりネットで調べて 同じような被害に遭われている方を探してみるとか?

昔 アメリカSGIを脱退されて方と お話をしていましたが、ストーカーや集団での嫌がらせは 無かったようでした。(その土地や 地区幹部の性格で変わりますが)



アメリカの下院でも 「創価学会は危険な団体」という報告があったそうです。

http://reform.house.gov/

この方が 報告されたようなのですけれど。

----------------



状況を お知らせ下さいね。

Unknown (Unknown)
2006-09-26 02:54:37
相談にのって頂き有り難うございます。警察には相談していますが 今ひとつ 反応が鈍いです。人数が多く 人種も多国籍にわたるので 対応がわからないといった状況です。家族も私も今迄まったく創価学会に関わった事はありません。日本に居た時 隣人が創価学会でしたが 仲良くしていた時に いろいろ教わった事はあります。それが実際は入会したことになっているのでしょうか。。。最近 メデイアで紹介される集団ストーカーの概要を知り 15年以上続いているこの嫌がらせ(気のせいだと考えるようにしていた)とあまりに一致する事に驚愕し やっと創価学会との関連に気付いた次第です。紹介頂いた アドレスはこれからじっくり読みます。とにかく 娘を守りたいのです(涙)主人も 最近やっと私の話と 創価関連の嫌がらせとの一致を納得してくれて 弁護士に相談しています。
嫌がらせやストーカー行為 (free)
2006-09-26 08:41:31
嫌がらせやストーカー行為は 日本でも「思いこみ」と処理されて 表に出にくい問題です。



ただ、私も何件か 「嫌がらせ」について聞いておりますし、やられている本人は とても追いつめられる状況です。ストーカーされていらっしゃる方からメールも 頻繁に送られてきます。



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A



創価学会wikiの最後に 外国のメディアの批判記事が載っています。



http://nvc.halsnet.com/jhattori/rakusen/AntiSouka/Video.htm



こちらで フランス国営放送「創価学会 21世紀カルト」が見ることが出来ます。



ご主人や 警察など ご相談されるときに 資料として掲示されると 信憑性が出てくるのではないでしょうか?
自分も同じ目にあった (ササゴン)
2006-09-27 12:13:15
私なりの創価の嫌がらせ・集団ストーカー対策を

伝授します。



一つ目はカメラの携帯です。

特に自分はフルオートカメラを常にフィルムを

入れて携帯しており、怪しい人影があると

物陰に隠れて怪しい人?を撮影します、

法的証拠ではデジタル映像やビデオ映像より

銀塩写真が有力なのでフィルムカメラを

お勧めします。



二つ目はなるべく目立つ車(お金に余裕があれば)

世の中の経営者はお金持ちになるとベンツだの

BMWだのジャガーだのといった高級車に乗るのか

それは理由があります。

ジャガーのセールス氏が言うには「目立つ車に乗ることによって己の身を明らかにする、それで身を守る」



私も経営者になって初めてジャガーに乗れる身分に

なったことで、身の回りがデンジェラスになって

きました、社員やかみさんに○色のジャガーは社長の

車と印象つけることによって、「ジャガーがあるから

社長が会社にいる」とか、「ジャガーが無いから社長がいない」とある意味サイン代わりすることと、

身にもしものことがあった場合「○色のジャガーに

乗ってます」と高級車は台数が少ないので警察も

探しやすいメリットあります。



高級車が無理な人でも対策があります、それは目立つ色の車を買うことです。
アメリカでの蠢動 (あれあれ)
2006-09-27 14:19:52
ささごんさん、freeさん、皆さま:





  ささごんさん、快男児ですね。今こそまさに大福運の境涯ではありませんか? 貴兄に引き比べ、ゲキョゲキョしながら26年間殺人の罪を隠し続け、昨日

罰金330万円の判決を受けた学会員の元警備員の福運(?)の、なんと無様でみみっちいことでありましょう。裁判の席上、訊(き)かれもせぬのに、彼は



  「学会員です。唱題して死者の冥福を弔ってます」



などとうそぶいたそうです。何のことはない、身代金奪取にひとたびは成功し、愛人と共に感謝の唱題をしたあの小原保(吉展ちゃん事件犯人。刑死)の同類ではありませんか?





   さて、アメリカへ国際結婚とか駐在で行ったは

いいが、しつこさ極まる学会員からの電話や訪問に

辟易し、ことさら現地の日本人会に入らなかったり、名簿を編んでも住所を秘密にしたりといった例が

実は昔から跡を絶ちません。Unknownの例は、誠に

失礼ながら氷山の一角でありましょう。御無事を念じ

上げることしかできません…。
訂正 (あれあれ)
2006-09-27 14:21:07
「Unknownさん」と申し上げるべきところですね。ごめんなさい。
Unknownさんへ (ササゴン)
2006-09-27 15:12:00
警察に動いてもらうには証拠が重要です、



自分の場合ポストにシマヘビが投げ込まれたり、

自宅や工場の玄関前に猫や鳩の死体が置かれたり、

怪文書が自宅・工場のポストに投げ込まれたり、

自動車や自転車のタイヤをパンクや10円パンチ

もらったり、(ジャガーにやらずにハイエースや

キャラバン・プロボックスにいたずらする)

外出時には人を付回したりとあらいる事をやられ

ました。



最初のシマヘビは自分が蛇や蜥蜴とはお友達なのを

やるほうは知らなかったようだ、6回入れられ

写真を撮って近所の土手に逃がしてやった、



2度目の猫や鳩の死体も猫が7回、鳩が8回置かれた

が環境局と動物愛護団体にTELと写真撮影、

例の猫虐待の人間がターイホされたのと動物愛護団体

が動いたのでなくなった、



3度目の怪文書はコピーをとったうえ画像データと

マイクロフィルムにした、特に市長選があったので

怪文書は30枚にものぼりデータを3つにコピー

して原本は信金の貸し金庫に納めている。



4度目のパンク・10円パンチはこれも記録写真に

収め、修理の伝票も保存。



5度目の付きまといはフルオートカメラで対応

特に自分がカメラマニアなので、望遠レンズで

物陰から撮影したり、夜間はフラッシュで

威嚇する行動をみせる。
皆様 (free)
2006-09-28 09:54:32
あれあれさん

http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20060926-95657.html



こちらですね。

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1141955532/

☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ :2006/03/10(金) 10:52:12 ID:???0

・昨年12月に時効が成立した札幌市西区の信金職員女性殺害事件が、米有力紙

 ニューヨーク・タイムズに大きく取り上げられた。

 見出しは「In Japan,Justice Is Not Only Blind,It Holds a Stopwatch(日本の正義は

 不平等なだけでなく、ストップウオッチまで備えている)」。米国、英国には殺人事件には

 時効がないことを挙げ、日本の時効制度に疑問を投げかけた。



 生井宙恵(なまい・みちえ)さん(当時24)は、90年12月22日に遺体で見つかった。

 19日未明に首などを刺され殺されたとみられている。間もなく容疑者の男(37)が全国に

 指名手配されたが、見つからないまま15年の時効が成立した。



 米英には殺人事件について時効制度はないが、日本では時効が成立すれば、殺人犯でも

 普通の生活を送っている、とある。また、日本国内の同じようなケースの被害者家族の

 「日本は本当に法治国家なのか?」といった声も紹介している。



 法務省によると、米国の連邦法は凶悪な殺人など「死刑にあたる罪」については時効が

 ないと規定。英国は、罪種にかかわらず時効そのものの規定がないという。同紙は、日本の

 具体的な事件を取り上げ時効制度について特集した記事は珍しい、としている。



 執筆したNYタイムズ東京支局長のノリミツ・オオニシ記者(36)は「米国にない時効制度が

 日本のメディアではよく話題になる。賛否両論あり、興味深い問題」と話す。もともと、時効

 制度について書こうと思っていたところ、昨年末に生井さんの件が何度も報道され、取材を決めた。



 生井さんの母澄子さん(69)に、オオニシ記者から取材の申し入れがあったのは今年1月。

 時効を迎えて1カ月たち、気持ちが少し落ち着いた頃だった。一瞬、躊躇したが「時効制度に

 疑問を持つ人が日本に増えてくれれば」と承諾した。澄子さんはNYタイムズから郵送された

 記事のコピーを宙恵さんの霊前に供えた。「娘が天国で読み終わったら、私も辞書を引き

 ながらゆっくり読みます」



NYタイムズの記事は 探し中です。



ササゴンさん 実際の経験談・対処法は とても助かります。ジャガーに乗っているのですか。裏山。



とんねるずの「食わず嫌い王」は たま~~に見ています。^^  むかーーし 欽ちゃんの番組で どれから食べるか 当てるのがありましたね。あれも好きでした。

NYタイムスの記事 (free)
2006-09-28 09:57:00
http://www.nytimes.com/2006/02/12/international/asia/12japan.html?ex=1297400400&en=0c7ba20fcde26a5b&ei=5090&partner=rssuserland&emc=rss
カルト被害のページを (free)
2006-09-28 18:17:13
AFF(American Family Foundation)

http://www.csj.org/aff/affindex.htm

米国最大のカルト被害救済団体。

代表はニューヨーク市のど真ん中の法律事務所

Parker Chapin Flattau & Klimpl

のシニアパートナーである

Herbert L. Rosedale弁護士。

カルトに関する情報や相談窓口が満載されています。



無関係の団体も巻き込んで (ササゴン)
2006-10-01 16:54:11
猫や鳩の死体などの嫌がらせには、創価と無関係の

動物愛護団体を巻き込んだことよってある面

創価の悪事が動物虐待の含まれることがわかりました、

死体にした殺された猫は飼い猫であることが

動物愛護団体の調査でわかりました。

(野良猫は警戒心がとても強く餌でも引っかからない)

鳩は寺や神社にいるドバトであることが判明、

(鳩を捕獲・殺害した神社仏閣が判明すれば

文化財保護法違反、神社仏閣の動物も文化財の

範疇に入る、過去に奈良の鹿を殺した男が

逮捕されてる)

参考になれば (ササゴン)
2006-10-05 14:18:55
今月末に東京ビックサイトで「危機管理産業展」が

開催されます、

事前登録すれば2000円が無料になります。



私も展示や実演を見にいきますので

嫌がらせ・集団ストーカーでお悩みの方は

参考に。



http://www.kikikanri.biz/
WPCの影で (ササゴン)
2006-10-19 13:25:10
昨日WPC(ワールド・パーソナルコンピュータ・エキスポ)に行ってきた、

マイクロソフトは今回新OSのヴィスタと

オフィス2007を引っさげて登場。



併設イベントでE文書ジャパンとセキュリテイ2006が行われていた。



そこで新型防犯カメラの展示が目を引いた、

今までの防犯カメラと違い熱感知方式連動で

人が入ると動き出す仕組みだ、

不審物マーキング機能搭載で、置かれた不審物を囲い込みで表示できたり、

存在しない電波をキャッチ(盗聴・盗撮など)してお知らせする機能満載だ、

自分も工場や自宅に設置する検討に入ってる。

何とかしろよ・・・ (ササゴン)
2006-10-19 16:38:38
ラゾー○のビッ○ができる前、ヨドバ○に写真の

材料を買っていた、

その量販店に向かう際銀○街とゆう大きな商店街が

ある、

そこに黒人のキャッチセールスがいるのである、

一回ストラップを引っ張られカメラを壊された

消費者センターに猛抗議しても、キャッチセールスを

取り締まる法律は無い・・・



いっそのこと池袋の60階通りみたいに看板ベタベタ

か?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。