Per Mariam ad Jesum!

不肖なる罪僕Maxの徒然

感謝

2017-03-12 23:36:40 | 雑記
字義通りに捉えて断定する前に、先ず行間を読んでみよう。
行間を読めなかったら、是非を下す以前に云々の折でさえ口を噤むべきだ。
今迄賜った御尽力御高配に感謝しつつ、諸事に於いて敬意と慎重を以って接すれば善いと思うのだが、性急に正否を論うのは徒らにも程があると思う。
行間を読めなければ、或る種の抜け道も見付けられないだろうね。
愚直には愛すべき点が多々あるが、字義通りは願い下げたい。
睥睨するのではなくて俯瞰しよう、時には見上げる事も必要だ。

なんのこっちゃ(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あの日 | トップ | なんかすごい »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
誰か何とかして! (Unknown)
2017-04-04 12:18:54
今年の聖ヨゼフの祝日は3月20日で
日本の春分の日のお休みと重なりましたね。
いつも聖ヨゼフにお取り次ぎをお願いしている方は
当たり前の当然かと思いますが何を差し置いても
聖ヨゼフの祝日のミサに与かった事でしょう。
事ある毎に聖ヨゼフのお取り次ぎを
不特定多数の方に正々堂々と公言して
もし聖ヨゼフの祝日のごミサを大事にしないのなら
聖人の名前を語り利用しているだけじゃないかな?
受けた御恵みに対して何をどう返したか
カトリック信仰とはどういうものか
胸に手を当てて深く考え直した方が良いかもね。


Re:誰か何とかして! (Max)
2017-04-05 00:05:26
誰も何とも出来ない気がします。
指摘した事実に目を向けることなく、指摘された事に目くじらを立てて煽動するような方々ですもの。
少なくとも、僕は或る意味で諦めました。

ロザリオにしても諸々の信心にしても語るばっかりの「カタリック」の面々に、其の多重規範を指摘しても逆恨みされますよ。
現に、或る方からの書簡で「おまい“suspension”になったのか?」なんて書かれていましたから、きっと在らぬ事を吹聴されているのでしょう(笑)。

お心をお平らになされますように。
続 誰か何とかして! (Unknown)
2017-04-05 03:47:14
" suspension " 思わずググッて嫌な隠語ですね。
吹聴と言えば、とある方と通電してまして
ごミサを求めるほんの一握りの信徒の為に毎週のように海外を行ったり来たり、その労力や資金も計り知れないものなのに、非常に柔和で謙遜で愛徳に満ちた司祭を、聖なるミサのすぐ後に聖なるミサが挙げられた目の前で、祭壇に捧げる花を惜しんで買った茶菓子を振る舞いながら批判中傷し合っている。
冷暖房の部屋で指先をちょこちょこ動かせば宣教していると豪語出来る電子洗脳信者だから、死んでも分からないのかも知れないが、「自分達が聖伝を支えている」という天をも貫く傲慢を一刻も早く認知し告解した方が良いと思う。
自分達の私利私欲の為に「天主に関わる全ての物」を利用した代償は想像を絶する恐ろしさだと思う。
Re:続 誰か何とかして! (Max)
2017-04-05 10:15:45
JOSEPH JOHN VENNARIさんが、四月四日午前十時四十六分(現地時間)に帰天されました。
彼の霊魂の安息と、彼の家族の慰めの為に祈りと犠牲を捧げましょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。