浪漫飛行への誘(いざな)い

海外旅行、世界遺産、飛行機、音楽、歌謡曲、初物、卓球、語学シリーズ等の趣味の世界をブログに

学生トップ選手による卓球講習会

2017年03月21日 09時15分38秒 | 卓球
我が地元の卓球クラブでは、3月17日に関東大学リーグ1部の大学の現役トップレベルの選手3名を講師に招き、卓球の講習会を行なった。

この講習会は同大学卓球部顧問の方の奥様が我がクラブのメンバーになっていることから、ひょんなことで実現したものである。我がクラブから34名(平均年令75才)が参加した。

男子2名、女子1名の現役選手(3人とも先の全日本選手権に出場)を招き、フォア、バック、ツッツキの基本技術の講習をはじめ、模範試合、挑戦試合、我がクラブのメンバーとのミックスの練習試合を行なった。

我がクラブのメンバーは多少経験者もいるが、60の手習いで卓球を始めた人が大半で、我々レベルでは、このような現役トップ選手とボールを打つ機会を持つことは夢のまた夢でまずありえない話である。メンバー全員が、実際にボールを打ってもらったり、ペアを組んでいっしょにゲームを楽しんだり、トップ選手の迫力ある模範試合を目の当たりにして、感動していたようである。自分自身も男子ダブルスで学生ペアに挑戦したが、若干手加減してくれたのか、8本まで点を取れたのは収穫であった。投げ上げサービスやチキータというようなハイレベルな技術も披露してもらい、皆その技の凄さにあっけに取られていた。

この講習会の話しが持ち上がってから、どういう風に講習会を進めるか、練習試合をどのようなさせてもらうか等、初めての経験だったのでいろいろ試行錯誤し、リハーサルまで行なったこともあってか、当日はシナリオ通り、順調に進めることができた。

現役選手にはこちらが下手すぎて大変申し訳なかったが、嫌な顔ひとつせず、我々の相手を務めてくれたことに大変感謝する次第である。メンバーからは、通常ではあり得ない大変貴重な経験をすることができ、冥土の土産ができたとも感謝された。どんなに年をとっても、このような刺激ある感動体験ができたことに感謝し、今後の励みとしたい。
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成34年の怪? | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。