FRIENDS

船橋に住む7人の幼馴染と26人の友人たちが過ごす2019〜2026の7年間

当ブログの無許可のコピーを禁止します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

次の旅はいつかな 〜このあいだの旅の思い出〜

2017-01-25 19:52:01 | 日記
※写真は(快とレイフさんが話をしたヘルシンキ・ヴァンター空港構内のカフェ)
近頃は、コンビニでお客様たちに頭を下げながら、イスラエルについて勉強をしている。
前々から興味はあったのだけれど、生来の面倒くさがり屋な性質のため、本を手に取るのがこんなに遅くなってしまった。
(写真は、快がテルットゥを待っていたカフェ)
旅はいろいろなことを教えてくれる。

ストドルニーのお寿司屋さんで板前をしていたポーランド人のおじさんは、独学で寿司を学び続けること3年。
寿司を握る前に、彼は「オリジナルの寿司がある、自信があるから、食べてみてくれないか? お代はいい」と言って、ソースに漬けた牛肉の寿司を握ってくれた。
何かアドバイスをしなくてはいけないと思ったぼくは、牛肉の表面を炙ってみたらどうかと言ってみたけれど、日本のクリアアサヒを飲みながら味わった彼の寿司は、既に十分なレベルに達していたように思えた。

チェコのオストラヴァ駅で出会った23歳の学生は、ぼくをお気に入りのパブに連れて行ってくれた。
そこは、ストドルニーの半分の値段で飲めるいいパブだったけれど、ワイファイが通っていなかった。
彼は、とても美味しくて安い、上質なチェコビールをぼくに教えてくれた。
グラス4杯分も飲んだ上にまだ飲めると思ったのは、あの晩が初めてだった。
すっかり酒の入ったぼくたちは、歌いながら夜のオストラヴァを歩き、ナルトについての話をした。
Rasengan! 千鳥! などと言いながら拳をぶつけ合ったぼくたちだったが、193センチあるあいつと正面切って戦っても勝てるはずなく、ぼくは地面に転がってしまった。
ぼくたちは、笑い合いながら、真夜中のオストラヴァを歩き回った。
人気のない川辺に連れてこられたとき、てっきり襲われるんじゃないかと思ったぼくは、「俺はゲイじゃないよ」と言った。
彼も、「ぼくも彼女がいる」と言った。
ぼくは笑ってしまった。
彼は、バッグに入っていたひよこ豆のクッキーを分けてくれた。
おばあさんが作ってくれたものらしかった。
ほどよく甘く、しっとりしていて美味かった。

14日の夜、ウィーンで、人生初のコンツェルトを見た。
上映前、司会のおじさんが、数十カ国の言語で、「コンバンワ」、と、挨拶をした。
観客たちは歓声と拍手を送った。
日本語の挨拶がアジア圏の挨拶の一番初めに来たことが嬉しかった。
こういう時に、日本ではあまり意識しない愛国心が、自分にもしっかりとあるのだと実感できる。
バイオリン奏者の指の動きを見て、驚いた。
人の指はあれほどまで高速かつ精密な軌道を描きダンスをするものなのかと。
聞き覚えのある曲が流れると、テンションが上がった。

前回の旅の中にあるドーリスとの思い出をなぞりながら向かったのは、ウィーンのアメリカンバー、ロベルト。
前回も見かけたソフトな顔つきのイケメンにいさんにハーヴェイ・ウォール・バンガーを注文すると、今回は作ってくれた。
たぶん、ぼくが前回注文した際に作れなかった事を後悔しているのだろう、そんなわけねーだろ、と自分の中でバカみたいな事を考えながら、一人でマルボロのレッドとカクテルを味わっていた。
トイレから戻ると、イケメンがぼくの隣の席にいた。
イケメンは、まだ23歳なのにCEOの肩書きをネタに世界各国(主にスラブ系)の美女を口説き落としまくってるらしい。
「飽きたらポイッ、さ」
そう格好つけて行っている彼を見て、ぼくは、「分かるよ、辛い過去がったんだね」と、酔った勢いで言った。
彼は、不意をつかれた様子だった。
「ぼくの胸の中で言ってごらん」言いながら、ぼくは笑ってしまった。「ゲイじゃねーよ」
彼も笑っていた。彼は、「教えてあげねーよ」と、言ってきた。
ぼくはマルボロ、彼は電子タバコ。
深夜の3:00、別れ際にハグをしたぼくたちは、お互いをBro、と呼び合っていた。

翌日、ウィーンの空港に向かうと、アエロフロートの窓口に座るいろいろ素晴らしいスラブ系のおねえさまから、衝撃の事実を知らされる。
どうやら、飛行機はぼくをおいて日本に向かっていたらしい。
前日のお昼、ぼくがちょうどヨランダをコンツェルトに誘っていた時間ぐらいに。

ぼくは、せっかくなので、もう少しばかり休暇を延長しようと思った。
(真夜中、雪のリガ
(写真はヘルシンキ到着直後
(写真はシェレメチェボ国際空港にて
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 色々ありました | トップ | こないだの旅の思い出 〜写... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。