FRIENDS

船橋に住む7人の幼馴染と26人の友人たちが過ごす2019〜2026の7年間

当ブログの無許可のコピーを禁止します

自分に合ったデバイス選び

2017-05-18 23:05:34 | 日記

最近、新しいPCの購入を検討している。
全ての原因は、アイススケートをした際に、面白動画を撮ってインスタグラムにアップしようという、玄人向けのチャレンジをこなせると判断した、幼いぼくの甘い選択だった。
気がつけば、ぼくのiPad miniにはたくさんの亀裂が入っていた。
これで、ぼくのiPadも今話題のヒビ入りiPhoneの仲間入りだ。
















ぼくが初めて手にしたPCは、15インチくらいのVAIO。

DVDプレーヤーが内蔵されていて、動きもそこそこ良かったと思う。
ただ、重かった。


ぼくが次に手にしたPCは、12インチのMacBook。

12という数字が好きだったし、画面のサイズもコンパクト。
画質は綺麗で動きも早く、軽い。
文句なしの品だったが、紅茶だかコーヒーだかをこぼしてしまって以来、Nが押せなくなってしまった。
AppleCareに入っておけば良かった。
直そうと思ったらいくらくらいするんだろう。

そして、MacBookと一緒に使っていたのが、ピンク色のiPod touch。
手の平サイズのコンパクトな品で、スペックも悪くないが、2回目の旅の帰り、成田空港のベンチで寝ている際に紛失してしまった。

ベンチで眠る前に、アラームを設定したのを覚えているので、紛失したのは、その際だと断言できるのだけれど、ひょっとすると、落としたのではなくすられたのかもしれない。

そして、次に手にしたのが、ぼくが今使っているiPad mini。
画面を二等分でき、映画などの動画を見ながら仕事をすることもできるので、結構重宝している。
こうして作業していて気がつくのは、iPad miniを横向きにした状態で画面サイズを二等分にするくらいが、自分の求めているちょうどいいサイズなのかもしれない。


iPhoneの5.5インチから6インチくらいが、サイズ的には理想なのだけれど、iPhoneは高いし、電話機能は必要ない。

旅を通じて得た教訓の1つから、ぼくは、旅は身軽がいい、と思うようになった。

ちょうどいいタイミングでやすくなったiPod touchを2つくらい買って、片方で映画を見て、片方で作業をする。
3つくらい買っておこうか。
そうすれば映画と資料と作業の三画面を目の前に置くことができる。
3つのiPod touchは、三面鏡のように並べておいてもいいし、あちらこちらにバラバラにおいてもいい。
小さく丸め、筒状にすることのできるキーボードはブルートゥースでつなげ、ノートパソコンではあり得ない位置にキーボードを持って行くことで、身軽な作業をすることもできる。
最近やりたいことリストに動画の作成が加わった。
アクセサリーのカメラレンズをつければ、高品質の写真や動画の撮影が期待できる。
マイクをつければ、高音質の動画を撮ることもできる。
そして、これだけあっても、ジーンズやシャツのポケットに十分収まる。


新しく出た、3万円台のiPadも買ってみたいけれど、それでは、ポケットに入るオフィスの実現はできない。
それならむしろ、GPDポケットという、7インチのポケットPCの方を試して見たいけれど、発売日まで待っていられないので、今回はやっぱりiPod touchになりそうな気がする。
Apple Storeでぼくに売り込んできた外国人留学生のおにいさんが、1度apple製品を使ったら戻れなくなりますよ、となんだか怖いことを言っていたけれど、本当にその通りだった。
今では画質の荒いVAIOに戻るなんて考えられない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネットとの関わり方 | トップ | 休日のぼやき(閲覧注意&胸糞... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。