Zooey's Diary

本家サイトはブックマークの一番目の”Banana Fish's Room”です。

「ボブという名の猫」

2017年09月10日 | 映画


ホームレスのストリートミュージシャン、ジェームス(ルーク・トレッダウェイ)は
ドラッグから手を切れず、親にも見捨てられ、その日の食べ物にも事欠く毎日。
ある日一匹の猫と出逢い、なけなしのお金をはたいて怪我を治療してやる。
ボブと名付けたその猫と一緒に路上に立つと、たちまち人気者となり…



路上のジェームスとボブの姿ががYouTubeで有名になり、本が出版され、
そしてこの映画となったのは、周知のとおりです。
どうやって映画一本に引き延ばすのだろう?と興味があったのですが
ジェームズと父親との関係、彼女との淡い交流、そして薬物依存との闘い、、
その辺りが淡々と描かれていました。
なんといってもボブ本人(猫)が出演というのがいい。
茶トラってジンジャー・キャットと言うのですね。
最初はおなかをすかせた野良猫である筈なのに、丸々太っているのは御愛嬌。



ボブが犬に追いかけられて走っていなくなってしまい、
どんなに探しても見つからず、彼女からも見捨てられ、また一人になってしまったジェームズが
つい薬の売人に近寄って行くシーンがあります。
「Are you looking for paradise(drug)?」と声をかけられ、
「No,I am looking for a cat!」と答える。
あのシーン、よかったな。
ジェームズはボブのために、クスリを振り切ることができたのね。



人は一人で生きて行くのは難しいけれど
誰かのためであれば、誰かに必要とされていると思えれば、生きて行けるのだと
つくづく思います。
コヴェント・ガーデン、トラファルガー・スクエア、ビッグ・ベン、
ロンドンの街は、映画の画面には本当によく似合う。
猫とロンドンが好きな人にはお勧めの作品です。

公式HP http://bobthecat.jp/
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 叫べない私 | トップ | おろしや国酔夢譚 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご愛嬌 (ノルウェーまだ~む)
2017-09-11 11:07:38
zooeyさん☆
レビュー書かれたのですね!?
ことさら媚びも売らない飄々としたボブがまたご愛嬌でした~
売人に近寄って行った時はヒヤヒヤしましたが、ホントいいシーンでしたね☆
猫目線で見る美しいロンドン、薄汚れたロンドン街と、観光地ロンドンの影の部分も包み隠さず見せたのも重要と思いました。
Unknown (tona)
2017-09-11 16:28:38
何と素晴らしい内容の映画でしょう。
zooeyさまの素敵なご案内によってとてもよくわかりました。
この猫ちゃん美形で可愛いですね。
動物の力は凄い!
年取っていろいろな意味で飼えないのが難点です。
まだ~むさま (zooey)
2017-09-11 23:56:51
やっぱり書いておかないと
忘れちゃうものねえ。
小学生の作文のようなレビューでもなんでも
書いておけば、記憶に残ります。
雨に濡れた薄汚いロンドンも出て来ましたが
圧倒的に綺麗なロンドンの方が多かったような…
まあ、ウソではないものねえ!w
tonaさま (zooey)
2017-09-11 23:58:56
この作品をキャサリン妃も絶賛とか、
色々宣伝されているようです。
私はそこまでは感動しなかったのですが
やはり動物は可愛いですねえ。
タロウにその日が来たら、次はどうしようかと
今から悩んでおります。。。
ボブ (nana)
2017-09-12 07:12:52
おはようございます。
ボブ、かわいかったですね。

>人は一人で生きて行くのは難しいけれど
誰かのためであれば、誰かに必要とされていると思えれば、生きて行けるのだとつくづく思います。

本当にそう思います。
zooeyさんの記事を拝見して感動がよみがえりました。
動物は一度も買ったことがないのですが、
将来的には飼いたいなあと思いました。
助けてくれるかな・・・・?
Unknown (セレンディピティ)
2017-09-12 12:10:12
こんにちは。
ボブ、かわいかったですね。
ジェームズを演じたルーク・トレッダウェイとも息がぴったり合って
ジェームズ本人がやきもちを焼いちゃうのでは?と心配しました。^^
ボブの体にカメラをつけて撮影したのかな?
猫目線のロンドン名所案内もまた楽しかったです。(=^・^=)
nanaさま (zooey)
2017-09-12 23:44:14
本当に可愛かったですね。

実家ではシャムネコを飼っていました。
今はミニチュアダックスを飼っていますけど
可愛いものですよ。
犬の方が、猫よりも散歩などが少々大変ですが。
でもね、いつか死んじゃうと思うと…
セレンディピティさま (zooey)
2017-09-12 23:45:59
猫なんて中々言うこと聞かないのに
どうやって撮ったのだろう?と思うことしばしばでした。
猫目線のロンドンの街、面白かったですね!
めまぐるしくてちょっと目が廻りましたけどw

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ボブという名の猫 幸せのハイタッチ (風に吹かれて)
運命の出会い 公式サイト http://bobthecat.jp 実話の映画化 原作: ボブという名のストリート・キャット (ジェームズ・ボーエン著/辰巳出版)監督: ロジャー・スポティスウッド  「
ボブという名の猫 幸せのハイタッチ (セレンディピティ ダイアリー)
薬物依存症でホームレスだったストリートミュージシャンが、一匹の野良猫との出会いによって再生していく姿を描いた、実話に基づくヒューマンドラマ。世界的ベストセラーとなった......
「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」☆ラッキーボブ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
イギリスでベストセラーとなったノンフィクションが原作。 そういう本が出版されていたなんて、知らなかったな~ ロンドン時代のお友達からのお誘いで観てきたyo