Zooey's Diary

本家サイトはブックマークの一番目の”Banana Fish's Room”です。

pee the same color!「ドリーム」

2017年10月05日 | 映画


米ソが熾烈な宇宙開発競争を繰り広げていた1960年初頭、アメリカ初の有人宇宙飛行計画を
支えた、NASAの3人の黒人女性の功績を描く伝記物語。

映画の冒頭、小さな痩せっぽちの黒人少女、キャサリンが出てきます。
数学に天賦の才を持つ彼女を飛び級で上の学校に進学させるため、
黒人学校の教師たちが彼女の両親に、その費用をカンパするのです。
その期待に応え、彼女は大学院まで出てNASAに就職するのですが
その時代は、半端ではない人種差別政策が横行していました。



バスの座席も別、学校も別、町なかの水飲み場も別、図書館で借りられる本も別。
キャサリンが計算係として配属されたNASAの研究所には、白人用のトイレしかない。
彼女は毎回、800mも離れた別の建物のトイレまで走らなければならない。
管理職代行として計算部を指揮するドロシーも、
ハードウエアのエンジニアとして働くメアリーも
正当な役職が与えられなかったり、資格を取るために必須の学校に行けなかったり、
それぞれ理不尽な差別と日々闘っていました。

しかしどんな逆境や差別にもめげず、めげずに仕事に打ち込み、結果を出していくうちに
徐々にその実力が認められるようになる。
その奮闘ぶりが、悲壮感なく、気持ちの良いテンポでコミカルに描かれているのです。



ヒューストンのNASAに行ったことがありますが、実に広かった。
広大な敷地の中を我々観光客は、何台も繋がるカートに乗って移動しました。
ビルとビルの間が、嫌と言うほど離れている。
キャサリンが800m離れたトイレまで走らなければならなかったということは
容易に想像できます。
しかも彼女が行かなければならなかったトイレというのは「colored」用、
つまりもしそこに日本人がいたとしたら(いなかったでしょうけれど)
我々もそこしか使えなかったということです。

ソ連に先を越された宇宙計画の実現のために、皆が1秒をも惜しんで仕事する中、
トイレの為に席を外すキャサリンを問い詰めた上司(ケビン・コスナー)が
初めて事の次第を知って、トイレの「colored」の看板を叩き壊すシーンは印象的でした。
" Here at NASA we all pee the same color!"
「NASAじゃみんな小便の色は同じなんだ!」と言って。

意地悪な白人女性の上司ヴィヴィアンを、キルスティン・ダンストが好演していました。
ラスト近く、トイレ(その時は白人用のトイレを皆が使えるようになっていた)の中で
彼女に言い返したドロシーの台詞は、胸がすくものでした。
“despite what you think, I don’t have anything against you all.”
“I know,I know you probably believe that,”
「私は別に、偏見なんか持ってないのよ」
「貴女がそう思ってるってことは知ってるわ」



偏見と差別はすさまじかったといえ、この映画には本当に悪い人は出て来ない。
キャサリンは頭脳明晰に加えて性格もよく、新しく誠実な恋人もでき、
3人の娘たちは天使のように愛らしいし、母親も温かく彼女を助けてくれる。
女子友3人は始終仲が良く、嫉妬したり足を引っ張り合うこともない。
デキすぎなんじゃないの?と思う部分もありますが
久しぶりに気持ちの良いサクセス・ストーリー、ハリウッド映画の王道を観た思いです。
にしても、このチープな邦題はなんとかならないのか?
原題は「Hidden Figures」(隠された人々)です。

「ドリーム」 http://www.foxmovies-jp.com/dreammovie/
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まさか、あそこで… | トップ | 月とノーベル賞 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (hiro)
2017-10-05 23:07:06
zooeyさん、こんばんは~♪
アメリカではいまだに黒人差別があり、
警官によって射殺される黒人男性が後を絶ちません。
50年以上前はもっとひどかったと思いますが、
そんな壁を乗り越えて活躍した女性がいたなんて
とても素晴らしいことだと思いました。
映画の中に本当に悪い人が出て来なかったというのも
良いですね。
機会があったら見てみたいです。
Unknown (セレンディピティ)
2017-10-06 02:25:22
こんばんは。
人種分離政策が登場する映画はこれまでにもありましたが
それを軽やかに飛び越えていくキャサリンたちが鮮やかでした。
(実際にはもっとたいへんだったと思いますが)

ケヴィン・コスナーがトイレの看板を叩き壊すシーンも印象的でしたね。
今もさまざまな問題を抱えるアメリカですが
こうした良心を持つ人たちの存在が歴史を動かしてきたんだなーと思います。
胸のすくような感動を覚えました。
Unknown (tona)
2017-10-06 08:39:12
話には聞いていましたが、こんな内容だったのですね。
800mといえば我が家から駅までの距離。こんな差別も泣けちゃいますね。
黒人差別の別の面を改めて見た思いです。
気が付いた上司がいて良かった。
>しかしどんな逆境や差別にもめげず、に仕事に打ち込み・・・勇気ある素晴らしい人たちです。
こういう人たちは年とってもめげずに生きているのでしょうね。結構年取ると、めげちゃうので。ああ、それは私だけかも。
hiroさま (zooey)
2017-10-06 23:28:38
色々な本や映画で、昔の人種差別について少しは知っているつもりでいましたが
たった60年前にこんなに酷かったのかと、改めて驚きました。
職場のコーヒーポットまで別なのですよ。
これは本当に素直に感動できる映画で、お勧めです~
セレンディピティさま (zooey)
2017-10-06 23:33:11
「ヘルプ」「カラーパープル」「それでも夜は明ける」など、人種差別映画は色々観てきたつもりでしたが
これはまた明るい映画でしたよね。
キャサリンたち、本当に強い!

ケビン・コスナーは美味しい役でしたよね。
キルステイン・ダンストがよくあの役を引き受けたと
感心しちゃいました。
tonaさま (zooey)
2017-10-06 23:40:59
家から駅までの距離、そう考えると本当に遠いですね?
でもヒューストンのNASAに行った時知りましたが
建物と建物が本当に離れているのです。
そこまで離れたトイレに行っているとは上司も中々気が付かなくて
ある日問い詰められたキャサリンが、逆上して叫ぶのですよ。
そのキャサリン、実際の人物が97歳で有名な賞を取ったとか、エンドロールに出ていましたよ!
胸がすく (ノルウェーまだ~む)
2017-10-10 00:53:33
zooeyさん☆
胸がすく爽快な映画でした!
何より悲壮感がなく、彼女たちの自身の能力に裏打ちされた自信があってこそ、またその自信も決して鼻にかけることなく、真っ直ぐに目標に向かって突き進んでいこうとする姿が素晴らしかったデス。
夫たちも理解を示してくれててスゴイですよね。その辺は本当は色々あったかもですが…
まだ~むさま (zooey)
2017-10-10 14:38:58
ええ、胸がす~っとしましたよね。
あの時代に、あんなに頑張った女性たちがいたとは。
夫たちも娘たちも、デキすぎという気はしましたが…
それを差し引いても、良い映画でした~!
素敵な映画でした♪ (テクテク)
2017-11-08 19:57:22
大変ご無沙汰しております。
今回のTB&コメントありがとうございました。
この映画はホントに後味のイイ映画でしたよね。
こんなにも爽快感の残る映画は久しぶりに見たような気がします。
過酷な待遇の職場であっても
めげずに実力と根性で跳ね返した彼女たちの姿を見ながら
自分も励まされているような気持ちになりました。
Unknown (zooey)
2017-11-08 21:09:58
ほんの60年ほど前にこんなことが行われていたなんて…
眼を見張る思いでした。
でも彼女たちは、声を荒立てる訳でもなく、
今、自分にできることを黙々とこなしていく…
本当に爽快な、励まされる映画でしたね~

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

13 トラックバック

ドリーム (試写会) (風に吹かれて)
闘う黒人リケジョ 公式サイト http://gaga.ne.jp/scramble9月29日公開 実話を基にした映画 監督: セオドア・メルフィ  「ヴィンセントが教えてくれたこと」 1961年、ソ連
ドリーム (セレンディピティ ダイアリー)
米ソが熾烈な宇宙開発競争を繰り広げていた1960年代に、アメリカ初の有人宇宙飛行計画を支えた、3人の黒人女性技術者たちの奮闘を描いた事実に基づくドラマ。監督は「ヴィンセント......
ドリーム ★★★★・5 (パピとママ映画のblog)
NASAで初期の宇宙開発計画を陰で支えた3人の黒人女性数学者の知られざる活躍を映画化した感動の実話ドラマ。人種や性別の壁に直面しながらも、卓越した知性と不屈の信念を武......
ドリーム / Hidden Figures (勝手に映画評)
アメリカがマーキュリー計画を推進するにあたり、計画の成功に貢献した、黒人女性エンジニアたちの活躍を描いた作品。 そう言えば、宇宙開発を描いた映画には、『ライトスタッフ......
ドリーム  監督/セオドア・メルフィ (西京極 紫の館)
【出演】  タラジ・P・ヘンソン  オクタヴィア・スペンサー  ジャネール・モネイ  ケビン・コスナー 【ストーリー】 1960年代の初め、ソ連との宇宙開発競争で遅れを取っていたア......
『ドリーム』(2016) (【徒然なるままに・・・】)
アメリカの威信をかけた<マーキュリー計画>の裏側を描いた「実話に基づく」ストーリー。原題の”Hidden Figures”を直訳すると、「隠れた人物」と「隠れた数字」の両方の意味がある......
「ドリーム」☆崇高な爽快感 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
久しぶりに爽快感のある映画を観た。 ああ、彼女たちの自信に満ち溢れた姿はなんて気高く美しく凛々しいのでしょう!
ドリーム (映画的・絵画的・音楽的)
 『ドリーム』をTOHOシネマズ新宿で見ました。 (1)アカデミー賞の作品賞にノミネートされた映画ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「実話に基づく物......
映画:ドリーム Hidden Figures 「ライトスタッフ」な時代の、影の功労者たち 現状、今年の...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
映画「ライトスタッフ」という、アメリカの宇宙開発時代を描いた傑作があった。 今作はその成功の陰で、人種差別に耐えつつ奮闘し、成果に寄与した3人の女性たちを描く。 ......
「ドリーム」☆崇高な爽快感 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
久しぶりに爽快感のある映画を観た。 ああ、彼女たちの自信に満ち溢れた姿はなんて気高く美しく凛々しいのでしょう!
ドリーム 素晴らしい完成度 (Said q winning)
監督:セオドア・メルフィ出演:タラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー、ジャネール・モネイ、ケヴィン・コスナー、キルステン・ダンスト、ジム・パーソンズ、マハーシ......
堂々と偏見の壁を壊してくれる人。『ドリーム』 (水曜日のシネマ日記)
人種差別が横行していた1960年代初頭のアメリカで初の有人宇宙飛行計画を陰で支えたNASAの黒人女性スタッフを描いた作品です。
ドリーム (ネタバレ映画館)
邦題は『ドリームガールズ』の影響か?