Zooey's Diary

本家サイトはブックマークの一番目の”Banana Fish's Room”です。

目白のお話

2016年10月11日 | 社会
SNSの友人が面白い記事をシェアしてくれました。
その記事(ブログ)を読むのが一番よいと思うのですが、少々長いので
かいつまんでご紹介したいと思います。

日本女子大学の学生manazoさんは、一年間大学を休学して
ボランティアなどしながら世界一周の旅をしたいと思ったのだそうです。
そのためにバイトで160万円を貯めた。
ところが、1年間休学する為には、そのほぼ三分の一の66万円を払わなければいけない
ことを知って愕然とする。
66万円というのは、「施設設備費及び学生図書費の全額+学費の半額」なのだそうです。

そこで彼女が起こした行動は
①経理課の窓口で値切り交渉
②他大学の休学費をリサーチ(私立大学は数万円〜数十万円。国公立大学は無料)
④学生総会に参加
⑤嘆願書提出

その結果、学長から来た返事は「要望には応えられず学則は変更することはできない」
というものだったと。
彼女は、”大学という巨大な敵に全力でぶつかった経験は、私を変えたような気がする。
きっと、経理課の窓口に文句を言いに行ったあの日から私の「世界一周」は始まっていたんだと思う。”
と結んでいますが…



現役の大学の先生である友人は
学生納付金を前提に予算組んでいるからタダというわけにはいかない、
以前に比べて受験料収入激減、入らない人には入学金返還するので安くできない事情があると。

私の受験の頃は、先に納めた大学の入学金は返還されなかった。
国立大学に入った2人の息子たちの時も、私立大の入学金は戻って来なかったように思います。
今は、入学納付金は戻って来ないけれど、その他の授業料前払い分・設備費などは返還されるのだそうです。
その点は良くなっているようですが…

海外を旅行していると、大学を休んで来ているという欧米系の若い人に会うことがあります。
国によっては、留学やボランティアをしても、その分の単位が認められるのだとか。
日本でそういう話は、私の周りではあんまり聞いたことがない。
それどころか休学して卒業が遅れると、就活に不利になるという話も。
なんだか情けないなあ…
もっとフレキシブルな、風通しの良い大学になって欲しいものです。



ポン女のある目白は、私にとっても学生時代を過ごした懐かしい場所です。
写真は、先日久しぶり行った目白の椿山荘。
フォーシーズンズがやってきてそして又去り、色々あったのでしょうけど、お庭はそのまま。
イル・テアトロでランチ。

日本女子大学を本気で変えようとした話。
http://manazo.hatenablog.com/entry/2016/10/09/171855
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寝そびり猫とチャイ | トップ | 「ワルキューレ」ってそうい... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (大五)
2016-10-11 16:10:40
私の甥は現役入学し兄貴は一年浪人して入学したから浪人したと思って見合うお金親に強請りし一年間アメリカの大学へ行ってきましたね
そして復学して現在テレビ業界で活躍して居ます
国立大でしたのでまだ親には負担が少なくて済んだのですね
大吾さま (zooey)
2016-10-11 22:57:41
甥御さん、行動力がおありですね。
きちんと成果を出していらっしゃるのだから素晴らしい。

欧州では教育費が無料という国もありますね。
デンマーク人の友人がいますが、大学まで全部無料、
一年間休んで海外に行ったりボランティアなどする人も多いのだそうです。
そうやって世界を広めたら、日本みたいに就活に失敗して引きこもりになるなんてこと、あり得ないでしょうね?
結果を出せなかったことを真摯に受け止めて下さい (michelle)
2016-10-12 19:02:22
あのね、ハッキリ言うけど。
ただの自己満だよね?
だって、それだけの時間と気力使って結果を出せなかったんでしょ?

経過で評価されるのは大学生まで。
社会人になって、経過で300%の気力を注いでも結果を出せない人材はそこでおしまいです。

「女の子が誰もやらない事に挑戦してみたかった」なんてお花畑みたいな事言ってないで結果出してね。
特にそれだけの大口叩くんなら、責任持って。
よろしくです🤗
michelleさま (zooey)
2016-10-12 23:18:05
こんにちは。
攻撃の矛先を間違えていらっしゃるのではないかしら?
私はmanazoさんのブログをご紹介したまでです。

それと、彼女が行動を起こしたのは学生時代のことですよね。
世の中色々な考え方があるのは構わないと思いますが…
Unknown (matsubara)
2016-10-13 09:37:28
50年前とは社会情勢も違うので一概には
言えないですが、時代により休学も
違いますね。私たちの時代は学生運動
やりすぎて単位が取れず留年という
みっともないケースもありましたね。
軽蔑されただけでした。

それに引き換え海外へ、とは見上げた
もので、度胸があります。それを大学に
訴えるというのも行動力に驚きました。

Unknown (tona)
2016-10-13 10:26:04
近ごろ大学の経営は厳しいものがあると聞いてはいたのですが、こんなにみみっちいと言っては失礼ですが、ここまで追い詰められているのかという感がしました。
諸外国とはちょっとレベルダウンの気味ありです。
この方実に勇気の満ち溢れた方ではありませんか。将来が楽しみな女性ですね。

椿山荘懐かしいです。謝恩会がここで行われました。その後ホタルを見に行ったきりです。
お食事も美味しそうですね。
matsubaraさま (zooey)
2016-10-14 20:35:27
学生運動というものが荒れ狂った時代がありましたね。
浅間山荘事件など、今考えても恐ろしい。
あれは何だったのかと不思議な気がします。

ええ本当に。
こんな行動力のある若者がどんどん増えて欲しいものです。
tonaさま (zooey)
2016-10-14 20:39:42
少子化の影響でつぶれた学校も出て来ているようですね。
現役の大学の先生である友人によると
学生納付金を前提に予算組んでいるからタダというわけにはいかない、
以前に比べて受験料収入激減、入らない人には入学金返還するので安くできない事情があるとのことです。

椿山荘、私も懐かしいので
数年毎に行っています。
おいしそう~ (ノルウェーまだ~む)
2016-10-14 21:08:21
zooeyさん☆
椿山荘には行ったことないのですが、お庭も綺麗でお食事もチャーミングなのですね。
特に前菜が美味しそう!!
色々な一口ずつ楽しめる取り合わせっていいですよね♪
まだ〜むさま (zooey)
2016-10-17 00:37:00
椿山荘、名前が古風なのですが、
フォーシーズンズが入って随分モダンな感じになりました。
フォーシーズンズが撤退した後も、雰囲気はそのままで安心しました。
目白駅からちょっと遠くて不便な分、
一見さんが少なくて静かなところが気に入っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL