Zooey's Diary

本家サイトはブックマークの一番目の”Banana Fish's Room”です。

「ムーンライト」

2017年04月13日 | 映画


マイアミの貧困地域で暮らす少年シャロン。
母親は麻薬常習者で、時に体を売って暮らしている。
母親からも育児放棄され、誰からも愛されない子どもが、自分に自信を持てるわけがない。
暗くいつも俯きがち、体も小さく弱々しいとなれば、いじめられるのは目に見えている。

ある日いじめられるところを助けてくれた男性フアンは
唯一、シャロンを気に掛けてくれた大人だった。
頑なに殻に閉じ籠っていたシャロンは、少しずつフアンに心を許していくが…
彼は、母親にヤクを売る密売人であった。



この映画、シャロンが暮らす近所も学校の中も何処を見ても、
殆ど黒人しか出て来ないのです。
アメリカには何度も行っていますが、こんな所があるのかと今更ながら驚く思い。
高校に入っても相変わらずいじめられている、弱々しいシャロン。
つい母親目線になって、これ以上悪いことが起こらないでと祈るような思いで見ていると
シャロンの唯一の友人、幼馴染のケヴィンに、徹底的に裏切られてしまう。



映画は、シャロンの少年期、青年期、成人期の3部に分けて描かれます。
このポスター、なんとその、3人の顔で合成されていたのですね。
成人期のシャロンが現れた時には目を見張りました。
小さく弱々しく何処でもいじめられていたシャロンが
筋骨隆々、金歯と金のネックレスで武装した牡牛のような姿となって現れる。
彼が選んだ職業は…
悲しいが、しかしあの境遇では、仕方がなかったのだろうなあ。

全編を通して台詞も説明も極端に少なく、
視聴者は自分で想像しながら観なければならない。
フアンは突然死んでしまうが、どうせロクな死に方じゃなかったろうとか
少年院でいじめられっ子のシャロンはどんな酷い目に遭ったのだろう、
それを克服するために身体を鍛えて、あの牡牛のような姿になったのだろうとか。
逆に言えば、行間が多くを物語る作品でもあります。
最後に、シャロンの魂が救われたように見えるシーンがあり、
我々も、かろうじてホッとすることができます。



貧困、麻薬、暴力、黒人、ゲイ。
この作品がアカデミー賞を取ったのは「強い白人のアメリカ」を主張するトランプに
対抗してのことであるとも言われているようですが
それを差し引いても、静かに心に沁みる作品です。

2017年アカデミー賞作品賞。
監督はバリー・ジェンキンス、脚本も。
「ムーンライト」 http://moonlight-movie.jp/index.html


ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「未来よこんにちは」 | トップ | 大きいのも小さいのも »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
行間を読む (ノルウェーまだ~む)
2017-04-13 22:06:23
zooeyさん☆
これ以上酷い目に遭わないで~~と祈るような気持ちで観てしまいますね。
行間を読んで心に染み入る作品でしたね。
私はこれがオスカーで納得です☆
まだ~むさま (zooey)
2017-04-13 23:40:50
いい作品ではあると思うのですが
正直、疲れもしました。
つい母親目線で見ちゃいますよね。
成人のシャロンの変貌ぶりには驚きましたが
眼差しは変わっていませんでしたねえ。
Unknown (tona)
2017-04-14 09:00:38
zooeyさまの名解説で、アカデミー賞作品賞の訳がわかりました。
こうした貧困層差別社会は今までいろいろ描かれてきましたが、永久になくならないでしょう。
話は違いますが平和に酔っていた私たち、何だか近隣のきな臭い騒ぎに巻き込まれそうな感じになってきていますが、それでもまだ危機感が薄く、能天気で、それがいいような悪いような。
Unknown (セレンディピティ)
2017-04-14 10:30:45
こんにちは。
この映画で描かれているテーマはどれも重く、厳しい世界ですが
静かに心揺さぶられる作品でした。

アメリカの大きな都市には必ず、こういう社会の吹き溜まりのような地区があるのですよね。
旅先の土地勘のないところでうっかり入り込むと
慌てて車をロックして逃げ出したものでした。
監督と、脚本を共同執筆した原作者も、この町の出身だそうで
厳しい中にも故郷への愛おしさが感じられましたね。
tonaさま (zooey)
2017-04-15 23:37:34
私の拙い感想で、作品の良さが損なわれないといいのですけど。
疲れる作品でもあったのです、実は。
暴力、麻薬、貧困、いじめ。
お金を出して時間をかけて、こういったテーマの作品をわざわざ観たくないという気もします。
にしても、本当にきな臭い匂いが紛々と…
杞憂に終わるといいですねえ!
セレンディピティさま (zooey)
2017-04-15 23:45:00
後味がいいとは決して言えない作品ですが
心に残るものがありますよねえ。

アメリカに長くお住まいだと
そういうこともあるでしょうね?
私はたかだか旅行ですから。
道に迷って不穏な所に入り込んで焦ったことは何度もありますが。
NYのハーレムの教会にゴスペルソングを聴きに行った時もしっかり迷って焦りました~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「ムーンライト」☆何も語らずに多く語る (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
詳細は何も説明しない,、主人公もほとんど言葉を発しない・・・・・なのにこんなにも多くの事を語ることが出来るなんて!! アカデミー賞作品賞だから「良い」のではない。 この......
ムーンライト (セレンディピティ ダイアリー)
マイアミの貧困地域を舞台に、孤独な少年が心の拠り所を求めて成長していく過程を、少年期、青年期、成人期の3部に分けて描いたヒューマンドラマ。監督は本作が長編2作目となる......
映画:ムーンライト Moonlight 当ブログ的にこの映画のテーマは「愛」ではなく、「負の連...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
3部で構成される、黒人少年の成長?記。 主人公はなんと!、常に「寡黙」 全くアメリカ人っぽくない(笑) なぜそうなったかは少年の家庭がまず大きい。 片親の母親はド......
「ムーンライト」 (或る日の出来事)
いろんな人生があるものだと。
ムーンライト (映画的・絵画的・音楽的)
 『ムーンライト』をTOHOシネマズ新宿で見ました。 (1)アカデミー賞作品賞の受賞作ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の舞台はマイアミのようです(注2)。  車......