Zooey's Diary

本家サイトはブックマークの一番目の”Banana Fish's Room”です。

「この世界の片隅に」

2017年02月23日 | 映画


わずか65館の上映から始まったというこの作品、
どんどん拡大して我家の近くでも上映されるようになり、ようやく観て来ました。
昭和19年、絵を描くことが好きな18歳のすずは、広島から呉に嫁ぐ。
のんびり屋でボーっとしていると言われ続けたすずだが
持ち前の明るさと天然さで、嫁としての家事をこなしていく。
しかし戦禍は次第に悪化して行き…



日常を丁寧に描くことで戦争の恐ろしさを伝えるということが
どういうことなのか、自分の目で観て、ようやくわかりました。
確かにこの作品には、戦闘シーンなどは全く出て来ないのです。
画面の中では海や畑や風が眩しく光り、登場人物たちは地味に、しかし誠実に
その日その日を生きている。
しかし、穏やかな日常生活の中に、戦争はじわじわと侵入して来るのです。
そしてある日、すずのささやかな幸せは、破壊される。



自分の心の奥に隠しているつもりの脆い部分を
この作品は、実に上手に掴み出して揺すぶってくれる。
平和な、だらだらとしたすずの日常を、少々退屈するような思いで楽しんでいると
いきなり、奈落の底に突き落とされる。
しかもそこからも、毎日の暮らしは連綿と続くのです。
泣きたいような、鼻にツンと来るような、なんとももどかしい思い。
そこにコトリンゴの切ない歌声が、優しく絡まって…



この作品はまた、自分探し、自分の居場所探しの話でもある。
そりゃいくら呑気なすずだって、自分の居場所がなくちゃ生きていけないよねえ。
日々の暮らしを丁寧に送ることで、(結婚するまで顔も知らなかった)夫を少しづつ愛することで
すずは一生懸命、自分の居場所を作っていた。
遊女リンの言葉が、心に残ります。
「誰でも何かが足らんぐらいで、この世界に居場所はそうそうのうなりゃせんよ、すずさん」

公式HP http://konosekai.jp/
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 笑うウサギ | トップ | 「騎士団長殺し」(ネタバレな... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
静かに胸を打つ (ノルウェーまだ~む)
2017-02-24 00:43:44
zooeyさん☆
鼻の奥にツンとくるような・・・そんなお話でしたね。
静かに連綿と続く生活がのどかだっただけに、隣り合わせにある恐ろしい現実が、あまりに突然、あまりにすぐそこで起きていて、何とも胸の奥に響きました。
平和 (セレンディピティ)
2017-02-24 19:00:16
この作品、見る人の共感をよんで、静かな広がりをみせているようですね。
平和な毎日というのは、脆いバランスの上にようやく成り立っているものなのかもしれませんね。
それだけに、常に意識して守っていかなくてはいけないのだと思います。
新聞に (tona)
2017-02-25 11:07:05
鑑賞したのは大分前になりますが、あの何とも言えないすずさんの雰囲気を今でも思い出しております。
zooeyさま上手にまとめていらっしゃいます。
今朝の新聞のみちものがたりで「すずさんの歩いた道」が載っていましたね。
呉市の様子が書かれていまして、地図で少し確認できました。
ほわっとして描かれた映画と、新聞の文章の文学と現実の描き方の相違で、面白く記事を読みました。
まだ~むさま (zooey)
2017-02-25 23:36:49
ええ、本当に、切なくてもどかしい作品でした。
こんな反戦映画もあるのだと。
幼馴染が泊まる納屋に、周作が何故すずを行かせたのが
私にはどうにも不可解だったのですが
FBで語り合えて、少し納得できた気がしました。
セレンディピティさま (zooey)
2017-02-25 23:38:48
11月に公開されて、こんな地味な映画がまだ続いているというのも凄いですね?
しかもどんどん拡大しているようです。
乏しい製作費をクラウドファンディンで賄ってできたというのも凄いです。
tonaさま (zooey)
2017-02-25 23:41:09
A新聞でしょうか?
我家は夫と息子が怒って
ついにA新聞はやめてしまったのです。
ずーっと読んでいたので、私は少々寂しいのですけど。
tonaさまの感想も読んだ覚えがあります。
本当にほわっと描かれた作品でしたね。
Unknown (なな)
2017-04-03 22:11:34
ほんとうに、何気ない日常を描きながら
戦争の恐ろしさが伝わってくる作品でしたね。
主人公のすずさんも、周囲の人たちも
みんなほんわかとしてあたたかいから余計に
その世界が少しずつ陰っていって
破壊されるのはとても痛ましく感じました。

それでもなお立ち上がり慎ましく生きていこうとする
戦後の名もない人々の姿に、心打たれました。
雑草の花のように、地味で可憐で強いですね。
そして風に乗せて種を運び続ける・・・
まさにタンポポのようだと感じました。
ななさま (zooey)
2017-04-04 00:03:46
去年の秋に公開されたこの小さな映画が
まだ上映されているとはある意味凄いですよね?

命がある限り、人は生き続けなければいけないのですものねえ。
右手を失って、得意な絵が描けなくなったとしても
ごく親しい肉親を失ってしまったとしても。
簡単なことではないですけどね…

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「この世界の片隅に」☆ほのぼのと過酷 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ほのぼのとした画風にのんびりとした歌声、のんの暢気な台詞・・・ こんな柔らかで温かいところからは到底想像出来ないような、過酷な現実が突き付けられる。 なのにあれ?こん......
この世界の片隅に (虎猫の気まぐれシネマ日記)
ブロガーさんたちの多くから、昨年の1位に選ばれ、観客動員数130万人を超えたこの作品が、ようやく隣県で上映されたので、わたしもすずさんに会いに行ってきた。 アニメとしても素......