Zooey's Diary

本家サイトはブックマークの一番目の”Banana Fish's Room”です。

驚愕の結末「ライフ・オブ・パイ」

2013年02月04日 | 映画
昨秋台湾に行った際に、この映画の巨大なポスターがあちこちに貼ってあったのです。
大海原に虎と少年が乗った小さなボート。
中国語だから名前も説明もまるで読めず、
摩訶不思議なその写真がただ記憶に残ったのでした。



原作はヤン・マーテルのベストセラー小説「パイの物語」、ブッカー賞受賞。
「ブロークバック・マウンテン」のアン・リー監督が映画化。
動物園を経営する家族と航行中に嵐に遭い、小さな救命ボートで大海原を
漂流することになった16歳の少年パイのサバイバル物語。
副題には「トラと漂流した227日」とある。
そんなことがあり得るのか?
そんな荒唐無稽な話を、どうやって観客に信じこませるというのか?

太平洋に投げ出された救命ボートに辿りついたのは、
少年、シマウマ、ハイエナ、オランウータン、そしてトラ。
弱い動物は次々に殺されてゆき、最後に残ったのは少年パイとトラ。
トラの名前は、リチャード・パーカー。



いやこれ、凄い作品です。
最後の最後に、驚愕の結末があるのです。
全編これメタファ。
シマウマも、ハイエナも、オランウータンも、トラも。
海亀も、人食い島も、トラとの別れも。
意地悪なフランス人コックも、人のよい東洋系ベジタリアンも。
結末を知ってみると、前篇のすべてが伏線に思えて来ます。
ネタばれになるのでこれ以上書けないのが残念。
ただ興味のある方には
エドガー・アラン・ポーの小説「ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語」と
更に驚いたことには、その小説が現実化したかのような
1884年の「ミニョネット号事件」がヒントであるとだけ言っておきましょう。
「リチャード・パーカー」で検索したら出て来たのでした。



アン・リー監督は台湾出身であり、日経新聞のインタビュー記事によると
この作品は台北市の飛行場跡地で制作、格納庫に五つのスタジオを作り、
波を生み出せる巨大なプールまで設置したのだそうです。
それで台湾に、あんな大きなポスターが沢山あったのですね。
3Dで観る、海だか空だか分からなくなる幻想的な青の世界、降るような星空、
鯨の壮大なジャンプ、夜光クラゲの神秘的な光…
お見事でした。
今年のアカデミー賞の11部門にノミネートされているのだそうです。

公式HP http://www.foxmovies.jp/lifeofpi/index.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「はずかしそうにわらって死... | トップ | 胸が痛くなる「何者」 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは☆ (kira)
2013-02-04 14:28:27
まあ、この作品に限らず、
時にはミステリーの犯人や結末を堂々と書いていたりするブロガーさんを時々みかけるのですが、
個人のブログとはいえ、どうかと思う方、いらっしゃいますよね、、、
で、この作品も仰るように、ネタバレなしで書こうと思うと難しい。
でも、参考になる程度で、書ききらないことがいいんだと思います。

まあ、コメント欄でも気を使いますが(笑)肝心の感想は
意外とコメントで共有し合っていくようにしています。
まあ、その場合でも細心の注意は必要ですけれど、
コメントは逆に未見の人は要注意ですよね。

何が真実か?よりも、
ナゼこのストーリーを話したのか?を考えた時に迫るものがありました。
kiraさま (zooey)
2013-02-04 19:08:13
そうなんですよね…
いくらなんでも、このどんでん返しの結末は私には書けない。
しかもIMAX3Dは料金も高く、割引もきかないのに、
観る前から結末を教えられたら
頭に来ちゃいますよね?
でもこの感動、この疑問を誰かと分かち合いたい!とも思う。

>ナゼこのストーリーを話したのか?を考えた時に迫るものがありました。

私もそれ思いました。
人間、あまりにも辛い経験をすると
自分を守るがためにそのことの記憶を喪失したり、
違うストーリーを描いて本当に信じ込むこともあるともいいますよね…
ドラマ「最高の離婚」で ()
2013-02-05 17:42:24
この映画を観ることになり、ヒロインがほんの5分遅れた、
相手は、その5分に伏線があるかもしれないから、
もう観ない……というシーンがありました。
まさにその通りの映画のようですね。
ドラマは、そういう狙いではもちろんないのですが、
私が、この映画を知ったのは、そこからなので……笑

原作はブッカー賞受賞だし、
アン・リー監督だし……
これは久々に観たい映画かな~とは思うのですが……
なかなかねぇ……
Unknown (matsubara)
2013-02-05 18:10:29
先日見た映画の予告編に
これをやっていました。
結末は想像もつきません。
予告だけでも迫力がありました。
釉さま (zooey)
2013-02-05 23:07:44
この作品の前半は
ちょっと冗長すぎるくらい、主人公の生い立ちについて語られるのです。
だから5分くらい見逃してもとは思うのですが
確かに結末を知ると
用意周到に伏線が敷いてあるのです。
そのドラマの登場人物が言うのもあながち間違っていないかもしれません。

賛否分かれる作品だとは思います。
今回珍しく夫と観たのですが
夫は2時間無駄にしたと。
私はもう一回観たいくらいです~
matsubaraさま (zooey)
2013-02-05 23:15:37
CGを多用して
しかも3Dですものね。
物凄い迫力でした。
結末は、私の口からはとても言えません…
(言いたいけれど我慢しています)
Unknown (慕辺未行)
2013-02-05 23:36:17
こんばんは (^o^)/
たしかTVコマーシャルでサブタイトルの『トラと漂流した227日』を、聞いたことがあります。
227日という中途半端な日数が、リアリティを感じさせられます。7ヶ月半ぐらいでしょうか?!
本当に有った出来事だったら・・・、結末はどうであれ、世界中に大ニュースとして流れていたことでしょうね。
慕辺未行さま (zooey)
2013-02-06 23:37:56
フィクションなんですけどね…
そんな荒唐無稽な話があるわけがない、という思いで見始めたのですが
最後まで見ると、本当だったのかそうでなかったのか、
メタファなのかそうでないのか、
どちらでもいいような気分になるのです。
ちょっと不思議な気分です。
凄い作品 (ノルウェーまだ~む)
2013-02-17 15:59:38
最初見終わったときは、さらりとした感想しかなかったのが、次第に深く考えて凄い映画だなぁと余韻を残してくれる作品でしたね。
映像だけ楽しんでもいいように、それぞれの見方を正解としているところにアン・リー監督の凄さを感じます。
まだ~むさま (zooey)
2013-02-17 23:21:30
そうなのですよ。
映画館ではひたすら映像に圧倒され、
しばらくしてからあの話は一体何だったのか…?
あの一つ一つは何を意味しているのだろう?と
しみじみと思いました。
アン・リー監督、台湾生まれなのに「いつか晴れた日に」では
イギリスの没落貴族の恋愛ものを見事に描き、
たいしたものですね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (to Heart)
なぜ少年は、生きることができたのか。 命を奪うのか、 希望を与えるのか 原題 LIFE OF PI 製作年度 2012年 上映時間 127分 原作 ヤン・マーテル『パイの物語』(竹書房刊) 脚本 デヴィッド・マギー 、ディーン・ジョーガリス 監督 アン・リー 音楽 マイケル・ダナ 出...
ライフ・オブ・パイ (もののはじめblog)
映画『ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日』3Dの吹替版を、映画の日に観てきた。 デジタル効果のせいか、トラが現れたときあまりな臨場感に鳥肌が立った。相手が虎なので虎肌か。 トラが現れる度つづき、トラと少年の関係が落ち着くまで止まらなかった。両腕の...
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」小説は奇なり (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
当初は全く眼中になかったこの作品。 アカデミー賞で11部門もにノミネートされただけでなく、周りの評価も高いものだから、俄然期待が高まっちゃった。 満を持してIMAXで鑑賞してきたyo