Zooey's Diary

本家サイトはブックマークの一番目の”Banana Fish's Room”です。

「インフェルノ」(ネタバレなし)

2016年11月02日 | 映画


かつて「ダ・ヴィンチ・コード」の原作を読んでから映画を観た私は、怒り狂ったのでした。
大人の知的謎解きゲームが、浅薄な土曜サスペンス劇場になってしまっている。
それに懲りて「天使と悪魔」は映画を観てから原作を読んだのですが、
これが非常にいい感じで、映画を楽しんでから蘊蓄をじっくり確認することができた。
今回はどうしよう?と迷いながら、タイミングもあって
結果的に原作単行本の「上」だけ読んで、観ることに。



これがよかったかもしれません。
作品後半では、あっと驚くドンデン返しがあるのです。
あれを知ってしまってから観たら、やっぱり面白くないよねえ。
一方、原作の前半でしつこく描写される、主人公の幻想に現れる地獄絵図や
ダンテの神曲の地獄扁を描いたボッティチェリの絵が
映画ではくっきりと映像化されるので、分かりやすいことこの上ない。

人口爆発を抑えるには、人類の半数を滅ぼすウィルスをばらまくしかないと考える
生物学者の陰謀を阻止するべく、ダンテの神曲の「地獄変」に隠されたヒントを手掛かりに
ラングドン教授が女医シエナと共に、謎を解明していくという話。
頭脳明晰なラングドンが、今回は記憶喪失に罹って苦しむという設定も面白い。
原作前半で意味あり気に提示された、シエナの天才としての「普通ではない」子供時代や
その後の彼女の人生の苦悩が映画ではまったく無視されたことや
アクションシーンが多すぎたことなど不満はありますが。



それでもフィレンツエ、ヴェネチア、イスタンブールのシーンが美しいし、
息をもつかない展開にハラハラさせられます。
これで心置きなく原作の「下」を読むことができます。

公式HP http://www.inferno-movie.jp/site/#!/
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「捨てられたんかな?って待... | トップ | 「ブリジット・ジョーンズの... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (tona)
2016-11-03 17:00:56
講座でボッティチェリの「地獄篇」凄いなあと鑑賞しました。
ダンテの『神曲』はチョーサーの『カンタベリー物語』やボッカッチョの『デカメロン』などと読みたい本なのですが、いまだに果たせず、焦る年齢になってしまいました。
その地獄篇が映像化されているのですね。興味深いです。
私は最初の「ダ・ヴィンチ・コード」しか読んで観ていなくて、後が続かないので力不足を感じています。
zooeyさまの感想でこの頃満足していますが、掻き立てられます。
いつもありがとうございます。
tonaさま (zooey)
2016-11-04 09:10:56
ボッテlチェリやダンテに興味のあるtonaさまだったら
楽しめる作品だと思いますよ。
あまりにも痛そうなアクション・シーンが多くて、そこは不満なのですが。
フィレンツエのベッキオ宮殿の中での撮影も
こんな秘密の場所があったのかと面白いです。
こちらこそ、お読み頂きありがとうございます。
Unknown (セレンディピティ)
2016-11-04 17:24:15
こんにちは。
私もインフェルノ、見ました♪
長編を無理やり縮めているのであわただしい展開ではありますが
エンターテイメントとして楽しめました。
後半のあのどんでん返しには驚きましたね~
たしかにあれはネタを知っていたらおもしろさ半減ですね。^^

先進国を中心に人口は自然減となりつつあるのに
なぜあのようなテロを起こそうとしたのか?
そこが今ひとつ腑に落ちなかったですが...
美しいフィレンツェの街やベッキオ宮殿の隠し扉など
わくわくする仕掛けもたくさんありましたね。
観てから読むわ! (ノルウェーまだ~む)
2016-11-04 21:54:17
zooeyさん☆
私も今までのシリーズは、映画を観てから本を読んだので、結構良かったです♪
今作はこれから観るのですけど、まだ本を読んでないので上下巻とも後になりそう・・・
楽しみ~~
セレンディピティさま (zooey)
2016-11-04 23:55:22
あのどんでん返しには驚きました。
ロマのおばちゃんに地下からの出口の柵を開けて貰うところ…
文字通り、息を呑みました。

納得できない理由でテロを起こそうとするからこそ
テロリストなのかとも思いましたが…
背景、綺麗でしたね~!
まだ~むさま (zooey)
2016-11-04 23:56:20
やっぱり観てから読む、の方がいいかも。

どんでん返しをお楽しみください~!

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「インフェルノ」☆ホラー+アクション+謎解きゲーム (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
映画の公開前に、「トム・ハンクスが主演なら事件はもう半分以上解決したようなもの。」と思っていたのは大間違いだった。 一番のどんでん返しは最後までほとんどラングドン教授......
インフェルノ (セレンディピティ ダイアリー)
「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」に続く、ダン・ブラウン原作のラングドン教授
「インフェルノ」 (ここなつ映画レビュー)
ロン・ハワード×トム・ハンクス。磐石である。磐石過ぎるきらいはあるものの、大層面白かった。生命を賭けて成し遂げようと思える仕事があるのが羨ましい。ついこの間までは常に......