Zooey's Diary

本家サイトはブックマークの一番目の”Banana Fish's Room”です。

Blue Note JAZZ FESTIVAL 2016

2016年09月18日 | 劇、オペラ、コンサート


ジャズライブやコンサートにはよく行くのですが
ヘタレな我々夫婦、野外フェスタというものには行ったことがなかったのです。
野外って…屋根はないんだよねえ。
雨が降ったらどうするの?と思っていました。
しかし今年は、アース・ウィンド&ファイアーが来る!
それにジョージ・ベンソン、マーカス・ミラー、ミーシャの豪華共演。
夫は、2か月ほども前にさっさとS席を予約したのでした。

折しも昨日は、朝の時点で午後から雨の予報。
横浜赤レンガ倉庫の特設ステージで12時開演、20時過ぎまでの長丁場。
一体どうなるんだと思いながら、一応折りたたみ傘を持参して行くと…


(大ステージ)

赤レンガ倉庫の奥の広いスペースに、舞台が二つしつらえてある。
大きな舞台の前にS席、その次にA席、その後ろが立見席。
隣はもう海で、ダイヤモンド・プリンセス号が停泊中、なんとも風情がありますが
当然屋根はなく、平地に膨大なパイプ椅子が並べてあるだけです。
周りには、ケバブやタイフード、ホットドッグなどの屋台がわんさかと。
そういったものでお昼を済ませた頃、マーカス・ミラーのライヴが始まりました。

その頃は予想に反していいお天気、直射日光がまともに降り注ぐ。
しかも客席は南向き。
帽子とサングラスで何とか防備しましたが、何しろ暑くて…
しかも現地で知ったのですが、日傘も雨傘も使用禁止。
そりゃそんなもの使ったら、後ろの人が見えないものねえ。


(小ステージ)

次のミーシャのライヴは反対側の小ステージ(全員立ち見)だったので、
ようやく陽射しから解放されました。
ミーシャの伸びやかな歌声を数曲聴いた後、彼女が興奮気味に
ここに来られてよかった、生きててよかった!
楽屋でマーカス・ミラーが競演してくれることに決まりました!と。


(ミーシャとマーカス・ミラー)

次の大ステージのジョージ・ベンソンのライヴの時には、薄曇りに。
助かった!
浜風が心地よいが、今度は雨が心配になる。
73歳のジョージ・ベンソン、滝のような汗を流しながら
歌ってギターを弾きまくって大活躍。



そして19時過ぎ、アース・ウィンド&ファイアー!
モーリス・ホワイト亡き後も彼らは健在でした。
"Fantasy" "Boogie Wonderland" "Let's Groove" "September"…
80年代のディスコ・ミュージックをこれでもかと。
観客は総立ちで大騒ぎ、ああこのために私はここに来たのかと思える瞬間でした。
ここでも、マーカス・ミラーとヴァーダイン・ホワイトのギターの競演が実現。


(こちらは公式HPから)

20時半過ぎに舞台が終わるまで、何とかお天気は持ちました。
しかしあれで雨が降ったら、傘も差せずに、濡れるしかなかったのかしら?
本当に素晴らしかったけれど…
軟弱な私はやっぱり、お天気の心配をしないでお洒落して行ける
屋内ライヴの方がいいかも。

Blue Note JAZZ FESTIVAL http://bluenotejazzfestival.jp/features/
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ソング・オブ・ラホール」 | トップ | 深緑のティッシュボックス »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しまれましたね! (ノルウェーまだ~む)
2016-09-19 10:44:04
zooeyさん☆
野外ライブ!!お若いです~
雨でも炎天下でも耐え抜く体力が必要ですものね。
ちなみに我が家は夫とは趣味がまるで違って、この連休中もずっと別行動でした(トホホ)
中の良いお二人が羨ましいです~~
まだ~むさま (zooey)
2016-09-20 00:01:35
野外ライブはやはり体力が要りますね。
何とかお天気が持ったからよかったものの、一日ズレてたら大変でした。

いえいえ、我家で趣味が共通するのは音楽だけです。
昨日、今日は夫はゴルフ旅行。
私は一人でトールペイントの注文品の製作に追われていました~
Unknown (tona)
2016-09-20 09:13:38
娘は時間がなくて行かれないけれども、私と2歳しか違わない妹が大好きで、今は年で行かれないですが、4年くらい前まで行っていましたよ。
良く様子がわかりました。体力がいって、体力があるうちでないといけませんね。
ご主人さまも共通のご趣味をお持ちなのですね。素敵!
Unknown (セレンディピティ)
2016-09-20 10:19:28
こんにちは。
ここのところずっとお天気がすぐれないのに、この日だけ雨に降られずにすんだとはラッキーでしたね!
Earth Wind & Fire, Georg Benson... 高校生の頃大好きでよく聴いていました。すてきな一日になりましたね。

アメリカでは夏の間、クラシック、ジャズ、ロックとジャンルを問わず
いろいろなアーティストが野外コンサートをやるので、よく聴きに行ってました。
幸いにも雨に降られたことはなかったですが、
最近のように異常気象が続くと、ちょっと躊躇してしまいますね。
ジャズフェス! (とらねこ)
2016-09-20 15:51:20
フジロックやサマソニなど、若い頃によく行きましたが
ジャズフェスなんてお洒落ですね!さすがzooeyさん。
私ももう夏フェスに行くのはちょっと無理そうですが、ジャズだったら行きたいかも〜。

確かに野外だと、お天気が心配ですよね。
この時期ではなく、もう少し前にやってくれたら、台風の心配は無かったと思うのですが…
でも今日みたいなお天気に比べれば、降られずに見れてとてもラッキーでしたね
tonaさま (zooey)
2016-09-20 22:55:39
このBlue Note JAZZ FESTIVALとうのは
去年から始まったようなのです。
でも斑尾ジャズフェスタとか、色々な所で野外フェスタ行われたようですね。
でも私は行ったことがないので
どうにも様子が分からなくて…
今回行ってみて、ようやくその実態が分かりました。
セレンディピティさま (zooey)
2016-09-20 22:58:08
ええ、本当にこの日でよかった。
あれからずっと雨ですものね。

Earth Wind & Fire, Georg Benson..、懐かしいでしょう?
彼らももう結構な歳なのに、頑張ってましたよ!

昨夏NYに行った時、セントラルパークでの野外コンサートを楽しみにしていたのですが
たまたま日にちが合わなくて、残念でした。
とらねこさま (zooey)
2016-09-20 23:00:28
>フジロックやサマソニなど

ああ、そんなのがありましたね!
もう忘れかけていました。

ええ、なんとかお天気持ってありがたかったのですけど
この日、前半はとても暑かったのです。
何しろ屋根がないので、直射日光がまともに当たる。
夏場ではとても無理なのじゃないかと。
かといって最近は雨ばかりだし。
難しいですね~!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL