Zooey's Diary

本家サイトはブックマークの一番目の”Banana Fish's Room”です。

美の殿堂は巨大な迷路だった

2012年08月18日 | パリ旅行2012
地方から東京の大学に入って初めての夏休みを迎える頃、
その過ごし方について級友の一人が言った言葉に驚いたものです。
「パリのアパルトマンをひと月借りて、ルーブルに通うわ」
1ドルが240円で、格安航空券なんてまだまだなかったあの頃。
尋常じゃない金持ちの子弟がたまにいる学校だということは知っていましたが
この発言は、地方出の18歳を驚かせるに十分なものだったのでした。

 

それから季節は巡って幾歳月。
海外旅行は庶民のものとなり、私もようやく美の殿堂に。
近年「ダ・ヴィンチ・コード」(私は映画よりも本の方が面白かった)に
ルーブル美術館が出てきたのは記憶に新しいところです。
しかし、でかい…
ロンドンの大英博物館も、NYのメトロポリタン美術館も大きいと思ったけど
ここはその比じゃないなあ。
さすが元々はパリの街を守護するための要塞であり、その後はフランス王家の宮殿で
あっただけのことはあります。
方向音痴の人間にとっては、あちこち回っているうちに現在位置が分からなくなり、
一生抜け出せないのじゃないかと危惧させる巨大な迷路の様でもありますが…

 

美術の教科書に載っていたような名作が右にも左にもごろごろあり、
あまりにもお宝が多すぎて、ありがたみが薄れるような。
サモトラケのニケ、ミロのヴィーナス、ナポレオンの戴冠、モナリザ、民衆を導く自由の女神…
じっくり観ようと思ったら、確かにひと月くらい要るかもしれません。
写真撮影も自由なので、最初のうちは喜んで撮っておりましたが
途中でやめました。
だってきりがないんだもの。

 

そして、ここのトイレがお粗末なことは前にも書いたとおり。
私が入った個室の一つは鍵が壊れており、一つは便座がありませんでした。
質が悪いだけでなく、数も少ないので
たまたま見つけた時に入っておかないと大変なことになります。



うっとりするほど美しい芸術品の数々と
質も量も不満足なトイレの実態。
何やらパリの街を象徴するようだと言ったら言い過ぎでしょうか…
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノートルダムのせむし男 | トップ | パリで並ぶ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (matsubara)
2012-08-19 09:45:13
夫、つまりあなたのオジサンがルーブルへ
行ったのは44年前から数回、出張の時間つぶし
でした。そのころはガラガラでチケットは安いし・・・

今の苦労を思うとちょっとシャクですね。
私は一度きりですし、くやしいです。
何しろ1ドル360円の時代でしたから・・・
確かに・・・ (albi)
2012-08-19 11:34:01
ルーブルは素晴らしいが、でかい!でかすぎる(笑)

もう、10年くらい前の事、元旦にルーブルへ行った我が夫婦。
9:00前には一番乗りで並び、今か今かと開館を待ってたのに、スト!
結局開館したのは、お昼前。

意気揚々と中に入り、そして迷った。
3度目のルーブルだったのに、待ち時間で疲れ果ててたのか?
そのままエスカレーターで外へ出てしまった。

その後、事情を話して中へ入れて貰ったんだけど・・・
もう、大笑い!
今となっては懐かしい思い出話です。
matsubaraさま (zooey)
2012-08-19 18:12:51
昔はよかったようですね。
ルーブル、今は長蛇の列です。
この季節は特別なのかもしれませんが。
並ばずにすむ入口など色々聞いて行ったのですが
その日はそこ閉まっていたり。

それでも、フェルメールの「真珠の首飾りの少女」一枚で
2時間も並ぶ日本の状況とは比較になりませんが。
最後の写真はフェルメールの「レースを編む女」ですが
数人が群がっていただけでした。
albiさま (zooey)
2012-08-19 18:15:19
そう、フランスはストもあるんですよね。
お昼からでも入れただけでもましだったかも。
せっかく行ってもストで入れなかったなんて話も。

建物の構造も複雑だし
似たような部屋が多いし
小さな階段を上ったり下りたりを繰り返していたら
迷うのは簡単でしたw
Unknown (Hal)
2012-08-21 17:30:41
パリ 大好きです!!
どの記事も写真も 楽しく羨ましく拝見させていただいています。
いいなぁぁぁぁ~~~~
まだ続編があるかな、と楽しみにしていま~す

Halさま (zooey)
2012-08-21 23:22:23
文句タラタラの拙文を読んで下さって
ありがとうございます。
私も貴ブログや写真、楽しんで拝見しています。
もうちょこっと続きますので
よかったらおつきあい下さいね~!
確かに迷路 (ノルウェーまだ~む)
2012-08-29 10:47:22
ルーブルはパリに行くたびに訪れますが、結局広すぎて同じ所までしか見られず・・・
でも次に行く時には何処を見たか忘れてるんですよねぇ。

まだ上の娘がバギーに乗っていた頃、ミロのビーナスの前で観光客に取り囲まれた事が有ります。
1歳で既に黒いストレートロングヘアだった娘が西洋人から余程可愛らしく見えたみたいで、みんなビーナスに背中を向けていたので、大笑いしたのでした。

ここは昔要塞だったのですね!知らなかった~
まだ~むさま (zooey)
2012-08-29 16:19:35
あそこは一回じゃとても無理ですよねえ。
私も今となっては、何処をどうウロウロしたのかよく覚えておらず…

ミロのビーナスも、あまりに無造作に置かれているので
あんまり有難味が感じられませんよね?
それでも世界的に有名なものなのに
それよりも注目されたということは
お嬢ちゃんが余程可愛かったのでしょう!

パリの古い建物は色々な歴史を持っていて
少し調べると面白いですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
gorigoriくりぃむ見てる? (これでわかるレダ)
DVDが出たら買っちゃうかも・・・しれないわ。