Zooey's Diary

本家サイトはブックマークの一番目の”Banana Fish's Room”です。

秀作か駄作か?「アバター」

2010年01月14日 | 映画
これほど評価が別れる映画というのも珍しい。
映画好きな友人の間でも、
白黒テレビからカラーに変わった時以上の衝撃という人、
『2001年宇宙の旅』以来の画期的な映像革命と評価する人、
映像は素晴らしいがストーリーはつまらないという人、
どうしようもない駄作という人…
それでは自分の目で確かめてみようと、観てきたのでした。
『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督、構想14年、製作4年。

結論から言うと私は楽しめました。

3D初体験だったのですが、何と言っても映像が素晴らしい。
この映像と迫力は、映画館の大画面で鑑賞する価値があります。
3Dといっても、TDLのマイケルジャクソンのアトラクションのように
映像が飛び出すのではなく、画面に奥行きが出るのです。
今まで平面だった映画館の画面に、何メートル、何百メートルの奥行きが現れる。
これは確かに衝撃です。
このおかげで、観ている側は、本当にパンドラの森の奥深くに迷い込んでいるような、
怪鳥に乗って登場人物と一緒に大空を飛び回っているような感覚が味わえます。

ストーリーは、シンプルではありますが
侵略戦争をしかける人間の愚かさと、自然破壊への警鐘という
二大テーマが盛り込まれています。
しかも、先住民を駆逐してその領土を支配していこうとする地球軍の姿に
アメリカがだぶって見えて…
中々強烈な皮肉とも受け取れるのです。

一口に3Dといっても
円偏光フィルター の『RealD』、液晶シャッター の『XpanD』、
分光フィルターの『Dolby 3D』偏光フィルターの『IMAXデジタル3D』の4種類があり、
それぞれメガネの大きさや料金も違うらしい。
私は有楽町マリオンの大画面で観たのですが、ここは『XpanD』であったらしい。
料金は、普通の映画料金プラス300円と安いのですが
眼鏡が重くて、最後の方はこめかみの辺りが痛くなりました。
料金はプラス千円と高いが一番評判のよいIMAX方式の映画館というのは、
日本で4箇所しかないらしい。
その一つが川崎ラゾーナだというのに…
しまった、そちらに行くべきでした。

☆3.5

「アバター」
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聞きたくないなら出なきゃいい | トップ | 「温泉につかってカニ食べたい」 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も観ました (melon)
2010-01-14 13:23:57
私はラゾーナで観てきました。
IMAX3Dシアターは近くではここだけとは知らず・・・たまたまネット予約をしたのがここでした。

評判が高いようで、今は週末の予約がいっぱいです。

ふわふわと浮遊する綿毛なのか胞子なのか・・・まるで本当に目の前にあるようで、手を出せば掴めるようなリアリティを感じました。

夫もあまりに自然な臨場感にとても驚いていました。
多少高くても、是非ともIMAX3Dシアターで観るべき!と思いました。

ここのメガネは軽くて着用感が楽だったので、メガネをかけていることを忘れるほどでした。

近々テレビでも3D画像を楽しめるようになるらしいですね。
きっと初めはとんでもなく高価なのでしょうけど、そのうち安くなったら導入して家庭でも3D映像を楽しみたいです。
TB&コメントありがとうございました♪ (テクテク)
2010-01-14 21:37:46
こんにちは
この映画の映像は凄かったですよね
私も今までに体感した事のない感覚と美しさに
終始圧倒されました

重くて大きい3Dメガネは私も苦手で
終始右手でこめかみ辺りを支えながら映画を観ていました

この映画、作品としては私も楽しめましたし
決して悪い物語だとは思わないのですが
やはり大味というか…

どこから見ても悪者は悪者正義は正義

正義が悪者をバッサリと切り捨てて
そこで終わってしまうのが
何ともハリウッドらしい明快さなのかもしれませんけどね

私は「もののけ姫」との比較級的な感想を書いてみましたが、
例えば「もののけ姫」に登場するエボシは
「アバター」でいうクオリッチ大佐のような存在で
自然を率先して破壊する悪役代表の人間でした

でも実は優しい一面も持っていて
エボシが作った村に住む民からは愛されていたりもするのです

そうやって世の中に存在する物事とは
角度を変えて観る事によって
悪にも正義にもなり得るという
絶対論がないその奥深さが
「アバター」にもプラスされていたなら
より一層クオリティの高い作品になっていたようにも感じました
melonさま (zooey)
2010-01-14 22:12:23
銀座も川崎も、私の所からの時間はそんなに変わらないのですが
銀座の方が行き慣れているので
ついこちらを選んでしまいました。
予備知識はあまり得たくないので、
3D方式の違いがよく分からなかったせいもあります。
IMAXの映画館がそんなに希少のものと知っていたら
是非、ラゾーナに行ったのに…
でもこればっかりは、自分で体験してみないと分からないですものね?

>ふわふわと浮遊する綿毛なのか胞子なのか・・・

あのクラゲのような白い物体は
本当に前後左右に浮いているように見えましたね。
私も驚きました。

この先やってくる「Alice in Wonderland」も3Dだというし…
この先どんどん増えるでしょうね?
楽しみです
テクテクさま (zooey)
2010-01-14 22:20:36
こちらこそありがとうございます。

ストーリーは確かに大味というか
あまりにもベタな展開でしたね。
悪者はあくまでも悪者で。
クオリッチ大佐なんてあそこまでやられて死なないのか!?と突っ込みたくなりましたし。

確かにそれは
ハリウッド映画のお約束という気もします。
それを分かっていて観る分には
そこそこ楽しめるようにも思います。

3D眼鏡、重かったですよね…
私も最後の方は頭が痛くなって、
片手で眼鏡を支えていました。
あれほど進んだ技術があるのなら、
是非眼鏡なしでも観られる3D画像を開発して欲しいですよね!
ご無沙汰しました (jester)
2010-01-28 20:57:56
お邪魔します。

>この映像と迫力は、映画館の大画面で鑑賞する価値があります。

ほんとですね。奥行きのある画面に感動です。
わたしもこの脚本、悪くないと思いました。

>眼鏡が重くて、最後の方はこめかみの辺りが痛くなりました。

確かに! 今度はIMAX方式でみたいです。
といいつつ今週末は2Dのを友達と見ます。

>日本で4箇所しかないらしい。
その一つが川崎ラゾーナだというのに…
しまった、そちらに行くべきでした。

Zooeyさんのお近くなんでしょうか。
うらやましいです。
jesterさま (zooey)
2010-01-29 20:04:31
この作品、タイタニックの興行成績を
もう抜いちゃったのですってね?
確かに、革命的という意味では
映画史上に残る作品になるかもしれませんね。

3Dの眼鏡も方式によって違って
映画館に返却する物、そのまま貰える物と
色々あるようですよ。
もっともあんなもの貰っても仕方ないですけどね?w

ラゾーナはそれほど近くでもないのですけど
マリオンに行くのと変わらないのです。
惜しいことをしました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ハリウッド版「もののけ姫」みたい。『アバター』 (水曜日のシネマ日記)
地球からパンドラという衛星にやって来た人間たちとその星の先住人の物語です。
アバター/AVATAR(3D映画) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[アバター] ブログ村キーワードアバター(原題:AVATAR)キャッチコピー:観るのではない。そこにいるのだ。もうひとつの体。もうひとつの運命。製作:2009年(アメリカ)製作:20世紀フ....
アバター Avatar (JUNeK-CINEMA in the JUNeK-YARD)
廉廉廉 去年はいろいろあってすっかりブログの更新をさぼってしまいましたが、映画はみてましたの。 怠けていたjesterにも関わらず、時々覗いてくださっていた方々、御心配や催促のメールを下さった方々、本当に申し訳ありません。 アクセ...
『アバター』 ロジャー・ディーンの驚異の世界 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  この日が来ると誰が想像し得ただろう。  ロジャー・ディーンの流麗なイラストレーションの世界が、映像になって動...
『アバター』(3D/吹替版) (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アバター」□監督・脚本 ジェームズ・キャメロン □キャスト サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、ラズ・アロンソ、シガーニー・ウィーヴァー、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ、CCH・パウンダー、ジョエル・デヴィッド・...